« 「クラブツーリズム特別企画 リニア・鉄道館 夜間貸切開館「スギテツ」ミニコンサート」 リニア・鉄道館 | トップページ | 「岡田鉄平ヴァイオリンソロリサイタル2018 東京公演」 日暮里サニーホールコンサートソロン »

2018年3月27日 (火)

「シェイプ オブ ウォーター」(The Shape o Wwater) TOHOシネマズ海老名

Sow

 ちょっと今更ながらのシェイプオブウォーター。
上映館も少なくなってきたけど、広めのまともな環境で鑑賞できて結果的にはOK。

 デル・トロ監督に対しては「パシフィック・リム」の監督総指揮と怪獣好きなおっちゃん、と言うイメージしかなく。
パシリムを観たとき、このヒトは心から怪獣を、日本のサブカルを愛してくれてるんだなぁ、と思ったこと。

 今回もいろいろ突っ込みを入れたいところは山ほどあったけど(掃除婦がなぜそんなに簡単に最高機密に触れられるんだsign01とかw)、あの二人が惹かれあうのは必然なんだよな、と。
デル・トロ監督がどこかの記事で「昔観た「アマゾンの半漁人」と言う映画で半漁人の末路があまりにもかわいそうだったので、自分が作るときはハッピーエンドにしようと思った」と言う趣旨の発言をしてたらしい。
クリーチャーに思い入れのあるヒトはたくさん居るだろうけど、この心根の暖かさよsign03

 ヒロインのイライザが話せないという設定(聾と言う言葉だと一言なのに今や変換候補にも出てこない)とエンディングのシーンで、この映画は別の角度から見た人魚姫でもあるなぁ、と感じたわ。

 時代設定をあの年代にしたのは米ソ冷戦と言う背景が欲しいのとともに、豊かだった輝かしきアメリカの父権が確立されてた家族の形(の危うさも含めて)を見せたかったのかな、とも。
マイケル・シャノンと言うヒトが演じたドSの軍人が、ちょっと張耀揚を思わせる。役柄的にね。彼のデビューはドSの刑務管だったしねぇw ←最終的には香港映画に行くのかsweat01

|

« 「クラブツーリズム特別企画 リニア・鉄道館 夜間貸切開館「スギテツ」ミニコンサート」 リニア・鉄道館 | トップページ | 「岡田鉄平ヴァイオリンソロリサイタル2018 東京公演」 日暮里サニーホールコンサートソロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/73228509

この記事へのトラックバック一覧です: 「シェイプ オブ ウォーター」(The Shape o Wwater) TOHOシネマズ海老名:

« 「クラブツーリズム特別企画 リニア・鉄道館 夜間貸切開館「スギテツ」ミニコンサート」 リニア・鉄道館 | トップページ | 「岡田鉄平ヴァイオリンソロリサイタル2018 東京公演」 日暮里サニーホールコンサートソロン »