« 「岡田鉄平 ヴァイオリンソロリサイタル2017 静岡公演」 静岡・アークホール | トップページ | 「相愛相親」(相愛相親・Love Education) FILMeX TOHOシネマズ日劇スクリーン1 »

2017年11月 5日 (日)

Theatrical-Live 「The Black Prince」 舞浜アンフィシアター

Img_theblackprince

 藤沢文翁さんの新しい(去年16年から)のカンパニー・Theatrical-Liveの公演。
Theatrical-Liveは第1弾、第2弾ともに音楽がWASABIで日本の時代物だったので、その路線なのかと思ったら。
なんとsound theatreで上演したMARS REDの続編(と言うか前日譚)sign01

 MARS REDの初演はキーヴィジュアルがリアルタッチで凄くよかったんだけど、再演からアニメタッチになってちょっとがっかりだったんだよね。
で、今回も再演と同じ漫画家さん?のイラスト。
このイラストそのものが悪いと言ってるわけじゃなくて、私的にはイメージが合わないな、と。
以前のsound theatreはあまり人物をメインに持ってこないデザインだったので想像を刺激する感じだったんだけど、アニメタッチの人物が出てくるとイメージが固定されちゃう感じ。
個人的意見だけど。

 会場がアンフィシアターということで、思いっきり仕掛けあり。
炎は出るわ、爆発はするわ、今回は雪まで降ってきちゃうわw

9月末のsound theatre公演もアンフィシアターだったんだけど、バンドが奥で見え難かった。
ってか、ここで上演した公演はほとんどそう。
でも、今回のセット組&配置はいつもと違ってバンドメンバーも見やすくてよかった~sign01
いつも爆発するセンターのせり上がりの後ろがスタンド形式に組んであって、2階部分にバンドメンバーが配置されてた。
平面の奥田だと隠れちゃうけど、これだと良く見えて嬉しい。
バンドメンバーが多い所為かなsign02
今まで観た藤沢文翁さんの公演はバンドが3~5人くらいだったんだけど、今回は10人sign01
ホーンセクション3人も居たので、軍隊のラッパがリアルで聴けたsign01
当然音の厚みもあって特に戦闘シーンとか良かったわ。
今回の音楽監督は村中俊之くん。
バンドメンバーが多い所為か彼だけ真ん中で後ろ向いて指揮&演奏。前を向いて演奏したのは2幕目幕開けのソロのみ。

MARS REDの前日譚とは言っても重なってるキャラはデフロットのみ。
他は英仏百年戦争時の実在の人物&創作されたその時代の人物。
MARS REDで設定されてたヴァンパイアとちょっと違うsign02みたいなところもあったけど、きっと時代と場所が変わったから、だよねsign02

声優陣はお馴染みの方々。
私的に初めてだったのがデフロットの釘宮理恵。と朴璐美。
朴璐美は女戦士役だった所為かハガレンのエドワード・エルリック入ってた感じ。
鈴村健一・諏訪部順一・高橋広樹。この3人は安定のよさ。
先月のsound theatreに引き続き連続アンフィシアターで聴いた山路和弘さん、今回もむちゃカッコイイオヤジっぷり。
バンドメンバーは村中くん以外全員初めて…だと思う。
村中くんのユニットってカサノバ以外だと去年末のトリオメットが初めてだから、村中組のメンバー知らないんだよね。
個々の音はじっくり聴けなかったけど、アンサンブルは良かったわ~。

藤沢文翁さんによると、MARS REDのヴァンパイアシリーズは構想がいっぱいあるそうなので、続編も期待しております。

|

« 「岡田鉄平 ヴァイオリンソロリサイタル2017 静岡公演」 静岡・アークホール | トップページ | 「相愛相親」(相愛相親・Love Education) FILMeX TOHOシネマズ日劇スクリーン1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/72234980

この記事へのトラックバック一覧です: Theatrical-Live 「The Black Prince」 舞浜アンフィシアター:

« 「岡田鉄平 ヴァイオリンソロリサイタル2017 静岡公演」 静岡・アークホール | トップページ | 「相愛相親」(相愛相親・Love Education) FILMeX TOHOシネマズ日劇スクリーン1 »