« 「- Good to be Back – Dick Lee Japan Concert 2017」 Motion Blue Yokohama | トップページ | 「 映画『湾生回家』DVD発売記念トークイベント」 紀伊國屋書店新宿本店 »

2017年7月 4日 (火)

「ターンレフト・ターンライト特別上映会」 渋谷uplink

170703

 ちょっとご縁があって人生初(のはず)カンボジア映画。
主演のカニータさんは今回が映画初主演。元々はアーティストで映画はパフォーマンスの一環なのかな?
で、彼女の生活や遺跡で踊る姿が流されるんだけど、チャプター1とかチャプター2とかわりと細かく分かれた編集。

カンボジアの庶民やセレブの生活水準などがわからないので、映し出されている場所はプノンペンのどの辺のレベルなんだろう…?とか思いながら観てた。

音楽が昔のキッチュなロック。70年代あたりのその頃売れてたバンドの曲、らしい。
で、DVDで踊る女優(著名な女優さんらしい)。
音だけ聴いてると70年代か80年代が舞台?とか思うけど、湖の漁師小屋みたいなところでノートパソコン使ってるし。高床式の下が透けて見える竹の床で寝転がって見てるノーパソ。ものすごくシュールな光景。

で、なんか風景とかちょっと違和感があるなぁ、と思ってたら監督はアメリカ生まれの韓国人(国籍はどこか聞いてないので韓国系アメリカ人かも)。
なんとなく、カンボジア人が観たら、ブラックレインのリドリー・スコットの大阪とか夢の果てまでもでヴィム・ヴェンダースが撮った東京とか、そんな日本なんだけど日本じゃない風景と同じような印象を持ったのかなぁ?と感じた。

映画の内容的には…
終演後のトークとQ&Aで「最後のシーンで○は○なのか? あのシーンの意味は?」って質問が出ちゃうくらい…w
それ聴くことかsign02と内心で突っ込みいれまくりw

ちなみに上映開始が10分ほど遅れ、トークは予定より20分ほど遅れて始まったけど、終わったのは終了予定の1時間後くらいw
客席も国際色豊かで、日本在住らしきカンボジア人の姿も。
あと、スカッド監督の「ボヤージュ」の手記を書いてる主人公(?)の男の子に良く似た感じの人とか、すぐ近くにイケメン白人とか。

最終的な感想は他の監督作品のカンボジア映画を観てみたい、でしたw

|

« 「- Good to be Back – Dick Lee Japan Concert 2017」 Motion Blue Yokohama | トップページ | 「 映画『湾生回家』DVD発売記念トークイベント」 紀伊國屋書店新宿本店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/71060894

この記事へのトラックバック一覧です: 「ターンレフト・ターンライト特別上映会」 渋谷uplink:

« 「- Good to be Back – Dick Lee Japan Concert 2017」 Motion Blue Yokohama | トップページ | 「 映画『湾生回家』DVD発売記念トークイベント」 紀伊國屋書店新宿本店 »