« 「ホワイト・バレット」(三人行・Three) 新宿武蔵野館 | トップページ

2017年4月 7日 (金)

「人魚姫」(美人魚・The Mermaid) シネマート新宿

Ermaid

 1月の中華映画ラッシュの1本。
1月13日に鑑賞。

 脚本・監督・製作総指揮 周星馳の映画。
大陸に行ってからあまりよくない意味で大陸ナイズされた周星馳が出演しないで監督・総指揮に専念した映画。大陸で農暦新年に公開され大陸Box Officeの新記録を打ち立てた。…と言うことでちょっと嫌な予感がしたんですが。
案の定、わかりやすいストーリーとべったべたなギャグ。
ある入り江に隠れ住む人魚族。その入り江周辺を買い取ってリゾート開発をしようとする実業家(鄧超)。
開発を阻止するため、彼を暗殺すべく派遣された人魚(林允)。…二人は恋に落ちる。

 オーディションで選ばれたと言う新・星女郎の林充と鄧超の前の彼女でビジネスパートナー役の星女郎・張雨綺。
ちなみに張雨綺のパパ役で徐克が出てるw
人魚族にはなぜか蛸&人間の羅志祥、相変わらずアイドルとは思えない捨て身の演技w
あと「カンフーハッスル」のオカマの洋服屋で功夫の達人のおっちゃん(名前わからず)が男人魚とかw

 人魚が隠れ住む入り江への出入り方法とか細かいネタで面白いものはあるものの、リゾート開発で一攫千金を狙う実業家が彼女の言葉で環境保護に鞍替えしたり、前の彼女でビジネスパートナーが今の彼女へのジェラシーと儲け話がなくなるので執拗に邪魔したりとか、もう先の予想が簡単に出来るストーリー展開。
 CGを駆使した海の中とか綺麗だけどね。

ところで。
鄧超って哈林の若い頃に似てて、林充って大Sの若い頃に似てるような気がしたのは私だけだろうか…?

|

« 「ホワイト・バレット」(三人行・Three) 新宿武蔵野館 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/70177780

この記事へのトラックバック一覧です: 「人魚姫」(美人魚・The Mermaid) シネマート新宿:

« 「ホワイト・バレット」(三人行・Three) 新宿武蔵野館 | トップページ