« 「岡田鉄平 ヴァイオリンソロリサイタル 2016 京都公演」 19世紀ホール | トップページ | 「せんくら 「スギテツ」のヴァイオリニスト・岡田鉄平が披露する名曲の数々」 エル・パーク仙台 スタジオホール »

2016年10月10日 (月)

「国立劇場開場50周年記念 日本の太鼓」 国立劇場大劇場

H2809nihonnotaikoomote

 国立劇場開場50周年記念の一環で行われたイベント。
以前から各地の民俗芸能などを取り上げたイベントも行われているけど、実際に観たのは今回が初めて。
24日25日の2日間にわたって行われたけど、観たのは25日のほう。
24日の八丈太鼓や石見神楽も観たかったけど、京都が重なってたので今回は25日のほうだけ。

新作委嘱初演 作調=藤舎呂英
鶴の寿 藤舎呂英連中

 邦楽囃子方の新作。
これが素晴らしかった!
今回はテーマが太鼓なので太鼓や大鼓・鼓などを中心とした演奏。
黒御簾で聞き覚えのあるメロディもあり、全く新しいものあり。
後半唄方が入ったのが新鮮な印象。

佐原囃子 あらく囃子連

 祭囃子には珍しく、太鼓や締太鼓のほかに大鼓・小鼓が入りメロディは篠笛という編成。
田舎なのにちょっと雅な印象。

気仙町けんか七夕太鼓 気仙町けんか七夕保存会

 けんかと言う名の通り、勇壮な太鼓。
その分、荒っぽいと言うか素朴。
港町らしく体力勝負の太鼓なので、演奏が途切れないように常に隣に代わりがいて疲れると入れ替わってたたく。

沖縄エイサー 琉球國祭り太鼓

 前二つが保存会と名前がついているけどいわば素人が演奏しているのに対し、明らかにプロ集団。
構成もショーアップされていていかにも沖縄の物産展とか地方公演とかしていそう。

作曲=林英哲
独演 千年の寡黙 林英哲

安定の素晴らしさ。
今回は前がエイサーだった所為か、英哲さんソロの「静けさ」が強調されたような気がする。

作曲=林英哲
七星 林英哲・英哲風雲の会

久しぶりのフルメンバー。
8人の迫力の凄さsign01
特に上田さんとはせさんが素晴らしかったなぁ。

実は英哲さんと風雲の会しか期待してなかったんだけど、みんなそれぞれの素晴らしさがあって面白かった。

|

« 「岡田鉄平 ヴァイオリンソロリサイタル 2016 京都公演」 19世紀ホール | トップページ | 「せんくら 「スギテツ」のヴァイオリニスト・岡田鉄平が披露する名曲の数々」 エル・パーク仙台 スタジオホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/67876236

この記事へのトラックバック一覧です: 「国立劇場開場50周年記念 日本の太鼓」 国立劇場大劇場:

« 「岡田鉄平 ヴァイオリンソロリサイタル 2016 京都公演」 19世紀ホール | トップページ | 「せんくら 「スギテツ」のヴァイオリニスト・岡田鉄平が披露する名曲の数々」 エル・パーク仙台 スタジオホール »