« 「ルドルフとイッパイアッテナ」 TOHOシネマズ海老名 | トップページ | 「れとろげⅡ ~げーおんの神々」 福岡・天神 Early Believers »

2016年9月13日 (火)

「星月無盡 映画で知る台湾 金門島の青春」 台湾文化センター

E8a57a75787c4f0dbb36a55da9fd153a

 9月2日(金)に行われたイベント。
今回は日本未公開映画。
全編最前線の島と言われた金門島でロケ。
監督は金門島のドキュメンタリーを専門に撮っていた人だそうで、初の長編ドラマ。
監督の金門島への愛が撮らせた映画らしい。

と言うことで、全編金門島への愛があふれたプロモーションビデオ状態。
島内観光案内ビデオですねw

 幼馴染の阿浯、阿勁、星君は阿浯が島の歴史を研究し、将来は島を世界に知ってもらいたいと思っている。
星君はその手伝いをしている。一方阿勁は将来は島を出て広い世界に行きたいと思っている。
星君の姉・得月は以前島に来た兵士と恋に落ちたが迎えに来ると言った彼はそのまま帰ってこない。

姉を楊貴媚が演じているんですが、ほかの役者はほぼ知らない。
彼女の恋人役の唐豊は兵士役で有名になったらしいんだけど、ちょっと劉德華っぽい感じ。
たしかに台湾では人気出そう。

幼馴染3人がドリカム状態で、なおかつ金門島に来る兵士に言い寄られ。
最前線の島ではよくあるであろう兵士との恋愛とその末路が語られ。
島を出たい若者と島を守ろうとする若者と。
とある意味簡単に結末が見えるとってもシンプルなストーリー。

金門島の観光地を背景にしているので動くガイドブックと言う感じかな。


上映後のトークは一青妙さん。
司会進行は稲見公仁子さん。私はいまだにみくにさんと言ったほうがわかりやすいけど。

で、トークもほぼ観光案内と食事案内。
大陸と緊張の時代は住民より兵士のほうが多かったようですが、最近は観光の島にしたいらしい。
のんびりした島で、台湾本島より大陸のほうに近いので文化や習慣もちょっと違うみたいで、その辺もセールスポイントらしいです。

|

« 「ルドルフとイッパイアッテナ」 TOHOシネマズ海老名 | トップページ | 「れとろげⅡ ~げーおんの神々」 福岡・天神 Early Believers »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/67468930

この記事へのトラックバック一覧です: 「星月無盡 映画で知る台湾 金門島の青春」 台湾文化センター:

« 「ルドルフとイッパイアッテナ」 TOHOシネマズ海老名 | トップページ | 「れとろげⅡ ~げーおんの神々」 福岡・天神 Early Believers »