« 「れとろげⅡ ~げーおんの神々」 福岡・天神 Early Believers | トップページ | 「クラシックコンサート -音楽でめぐる小旅行-」 ひじり館ホール »

2016年9月21日 (水)

「九月に降る風 台湾映画の新しい潮流を感じよう!」 台湾文化センター

98804848c6fb4df6a2f9d2dadcd4e44c

 10日(土)に行われたイベント。
台湾文化センターの9月の上映は「九降風」。
日本公開が2009年ということなので、東京国際映画祭で上映されたのは08年?
このときに見逃して、観たいと思ってたんだけどなかなか機会がなくて。もう5年以上前なのか。

 舞台は1997年の新竹。竹東高校の1年-3年の7人の男の子と2人の女の子。
野球好きな少年達(プレイするほうじゃなくて見るほう)。
八百長騒ぎで揺れるプロ野球チーム。
野球観戦に行って、友達の家でうだうだして、ビリヤード行って、レンタルビデオルームでナンパして。
ちょっと不良な学園生活。
女の子をめぐるちょっとした諍いとすれ違う気持ち。

舞台が97年なんで、コミュニケーションツールがポケベル。
スマホはもちろんケータイのない頃の生活ってすぐに忘れるもんだね。
友達の家に電話して親に電話取り次いでもらう、あの何とも言えない空気感とか…

ちょっとしたエピソードで、男の子ひとりひとりの個性がよくわかる。
それぞれの悩みや心の動きも。
シナリオ巧いなと思いましたわ。

ひとつだけ納得できないのはプロデューサーもしてる曾志偉とっつあんがメインキャラ・阿彦(鳳小岳)の父親役で出てたこと。
あの顔と体型であの息子はいくらなんでも無理な設定…w

|

« 「れとろげⅡ ~げーおんの神々」 福岡・天神 Early Believers | トップページ | 「クラシックコンサート -音楽でめぐる小旅行-」 ひじり館ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/67590006

この記事へのトラックバック一覧です: 「九月に降る風 台湾映画の新しい潮流を感じよう!」 台湾文化センター:

« 「れとろげⅡ ~げーおんの神々」 福岡・天神 Early Believers | トップページ | 「クラシックコンサート -音楽でめぐる小旅行-」 ひじり館ホール »