« 「スギテツと弦楽四重奏の調べ in 松山」 Live & Restaurant Bar MONK | トップページ | 「PLAZA GINZA STORE LIVE」 銀座 Pioneer PLAZA GINZA »

2016年8月13日 (土)

「布袋戯 武松打虎 弘宛然古典布袋戲団」 横浜馬祖廟(天后廟)

Yokohama

 侯孝賢の映画「戯夢人生」ではじめて見た布袋戯。
なかなかなまで観る機会はなかったけど、台湾文化センターが招致したみたいで、今回のイベントを観ることが出来ました。
 前日の日曜の文化センターでも上演は行けなかったのとやっぱり実際に近い環境で観たいよねぇということで、1日の月曜日、横浜中華街の天后廟へ。

 いつもの中華イベントの例に漏れず、30分前に行ったらなにもないw
さすがに組み立てに時間がかかるであろう布袋戯の舞台は組み立ててあったけどね。
案内の人に聞いたら立ち見だよー椅子ないよー、とのこと。
なのでまずは馬祖さまにご挨拶。
あの太いお線香に火をつけてもらい一回り。
映画でよく観るお線香を掲げてお辞儀するって意外に難しいなぁと実感。
つい日本式のお辞儀になっちゃう。
跪くための台(名前ついてるよねきっと)に膝をつけて拝礼するのも結構難しい。
建物の彫刻とかじっくり眺めてるうちに、会場になってる広場に人が増えてきた感じなので移動。

1608011

 最初は右側に写ってるテントが舞台の上にかかってたんだけど、人形が動かしにくかったのか開演10分前になって移動w
その辺の人総動員であっという間にずらしてた。
この辺も中華らしいといえばらしい。
で、その前には団長さんがメディアの取材を受けてたsign01
開演10数分前なのにsign03

まずは中華街の華僑會の会長(?)からご挨拶。
つぎは台湾代表處の人のご挨拶。
布袋戯団の団長さんのご挨拶。
団長さん、最初は國語で喋ってたんだけど、台湾語を話したら反応があったので後半ずっと台湾語。
通訳してくれた人は横浜の華僑會に人だったらしいんだけど、台湾語はわからないので通訳できません、とw

で、開演。
最初は馬祖さまへのご挨拶の布袋戯。
これが20分くらい。
その後「武松打虎」
水滸伝の有名なエピソード。
虎が歌舞伎の馬っぽくてかわいい。
今回初めて知ったけど、布袋戯の人形って一人が一体を取り扱うんじゃないのね。
今回は演者が2人だったんだけど、状況によって人形を入れ替えてるの。
で、2人だから1度に最大4人しか出られないんだけど、これがめまぐるしく入れ替わるsign03
ああ、庶民の娯楽だなぁと感じましたわ。

1608012

 舞台横にはいつも一緒に移動しているであろう神様が祭られてました。
開演前にお線香上げてた。

開演後に中華街の幼稚園の子供達が一番前に来たんだけど、熱心に見つめる子と飽きちゃってうろうろする子と。
どこの子供も同じだねぇ。
で、最初はなかった椅子が気がついたら出てるしw
前のほうで地面に座ってたから気がつかなかったよ。

で、幼稚園の子達は2・30分ほどで帰っちゃったので、前のほうは幼児用の椅子、後ろは折りたたみ椅子というカオスw
観客は半分くらいが中華街の住人っぽくて、あとが観光客っぽかった。

翻訳まったくなしだったので、有名な「武松打虎」はともかく、前の演目はまったくわからなかったよw
仙人とか出てきてなんかしてたけど…sweat01

|

« 「スギテツと弦楽四重奏の調べ in 松山」 Live & Restaurant Bar MONK | トップページ | 「PLAZA GINZA STORE LIVE」 銀座 Pioneer PLAZA GINZA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/66980827

この記事へのトラックバック一覧です: 「布袋戯 武松打虎 弘宛然古典布袋戲団」 横浜馬祖廟(天后廟):

« 「スギテツと弦楽四重奏の調べ in 松山」 Live & Restaurant Bar MONK | トップページ | 「PLAZA GINZA STORE LIVE」 銀座 Pioneer PLAZA GINZA »