« 「スギテツ コンサート~クラシックを遊ぶ真夏の音楽実験室」 東大和市ハミングホール | トップページ | 「八月納涼歌舞伎 第3部」 歌舞伎座 »

2016年8月29日 (月)

「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」 江戸東京博物館

Yokai

 前々から行きたかった江戸東京博物館。
なかなか行く機会がなかったんですが、今回は「大妖怪展」で俄然行く気になった上、家族が招待券をもらってきてくれたのでお出かけ。
それでも会期ギリギリw
そして、いざ行って見ると思ったより近かったってのもお約束。
常設展も面白そうで次回は必ずじっくり見に行くぞ、と決意、もいつも通り。

 前期と後期で一部展示物の入れ替えがあったので北斎の天狗とか見られなかったものもあったけど、江戸期の掛け軸・巻物から始まって浮世絵、絵草子など。
幽霊画あり錦絵あり。

 浮世絵は以前大田美術館で特集してたときに見たものとか、国芳や芳年が多かったので見覚えのあるものが結構あったけど、掛け軸の幽霊画はほとんどが初めて。
怖いというより儚げな幽霊が印象的。

 目玉の百鬼夜行図はワタシにとっては肝心の琴のところがすれているので筝なのか琴なのかがイマイチわかりにくい。形は筝っぽいんだけど、お柱が書いてないんだよね。そうすると琴なんだけど。
全体的に付喪神は物を乗っけた獣って感じで今のイメージの付喪神っぽくない。
琵琶がかろうじて琵琶本体に手足が生えた感じだけど。

 今回絵草子もたくさんあったんだけど、デフォルメして描くとすでに15・6世紀あたりで今の漫画の雰囲気がある。
現代の漫画を見てると同じキャラの絵を描いても国民性(民族)が出てると思うんだけど、この頃のデフォルメにすでに日本人的な感覚があるんだよね。
日本人にはアメコミみたいな絵は描けないし、日本のイラストをそっくりに描いたつもりでも日本人以外だとちょっと違うんだよね。で、その差異が台湾人と中国人と韓国人でも違う。
その原点がすでにこの頃にあるってのに驚き。

|

« 「スギテツ コンサート~クラシックを遊ぶ真夏の音楽実験室」 東大和市ハミングホール | トップページ | 「八月納涼歌舞伎 第3部」 歌舞伎座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/67232961

この記事へのトラックバック一覧です: 「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」 江戸東京博物館:

« 「スギテツ コンサート~クラシックを遊ぶ真夏の音楽実験室」 東大和市ハミングホール | トップページ | 「八月納涼歌舞伎 第3部」 歌舞伎座 »