« 「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」 江戸東京博物館 | トップページ | 「シン・ゴジラ」 TOHOシネマズ海老名 立川シネマシティ »

2016年8月29日 (月)

「八月納涼歌舞伎 第3部」 歌舞伎座

160809_kabukiza_0726

 なんだかとっても久しぶりな気がする歌舞伎座。
今回は勘九郎ちゃん次男坊・哲之ちゃんと鶴瓶の落語原作に釣られての第3部。
第2部の弥次喜多も見たかったんだけど時間が取れなかったー

 土蜘蛛

猿之助が亀治郎の頃と勘九郎ちゃんが演じたのを観たのがここ数年のこと。
今回は橋之助。頼光が七之助ちゃん。四天王が国生・宗生・宣生の3兄弟と鶴松。
保昌が獅童さん。太刀持ちが團子ちゃん。侍女が扇雀さん。

間狂言の番卒が猿之助・勘九郎・巳之助。
巫女が児太郎、小姓が哲之ちゃん。

今回は申し訳ないけど、間狂言がメインw
番卒がカピちゃんと勘九郎ちゃんと巳之助さんという豪華版でその上哲之ちゃんだもん。
以前ちょっと大根疑惑持ってた児太郎ちゃんは巧くなってました。
團子ちゃんも長科白を滔々と語って姿もきれい。さすがです。

今回ちょっと「頑張りましょう」が付いたのは成駒屋3兄弟。
口跡がちょっと重いのは父譲りだから仕方ないのかねぇ…


新作歌舞伎
 廓噺 山名屋浦里

某藩の江戸留守居役を仰せつかった堅物の宗十郎を勘九郎、傾城浦里を七之助。
勘九郎ちゃんの堅物演技と七之助ちゃんの綺麗さと芸達者ぶりを堪能する新作狂言。
あと彌十郎さんと亀蔵さんの意地悪っぷりもw
扇雀さんの男っぷりも堪能できますね。

 堅物で融通が利かず遊びがまったく出来ないので留守居役仲間から馬鹿にされている宗十郎。
本人のみならず藩や殿様まで馬鹿にされて馴染みの遊女を連れてくるという啖呵を切ってしまう。
偶然見かけて一目ぼれした浦里を伴うべく、山名屋へ乗り込むが…

話はお約束通りですが、勘九郎ちゃんの堅物演技、扇雀さんの男っぷりのよさ、彌十郎さんと亀ちゃんの意地の悪さを堪能し、七之助ちゃんの淀みない語りでちょっと泣かされる。

さすがの中村屋一門と言いたくなるお芝居でした。

|

« 「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」 江戸東京博物館 | トップページ | 「シン・ゴジラ」 TOHOシネマズ海老名 立川シネマシティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/67233469

この記事へのトラックバック一覧です: 「八月納涼歌舞伎 第3部」 歌舞伎座:

« 「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」 江戸東京博物館 | トップページ | 「シン・ゴジラ」 TOHOシネマズ海老名 立川シネマシティ »