« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月29日 (月)

「八月納涼歌舞伎 第3部」 歌舞伎座

160809_kabukiza_0726

 なんだかとっても久しぶりな気がする歌舞伎座。
今回は勘九郎ちゃん次男坊・哲之ちゃんと鶴瓶の落語原作に釣られての第3部。
第2部の弥次喜多も見たかったんだけど時間が取れなかったー

 土蜘蛛

猿之助が亀治郎の頃と勘九郎ちゃんが演じたのを観たのがここ数年のこと。
今回は橋之助。頼光が七之助ちゃん。四天王が国生・宗生・宣生の3兄弟と鶴松。
保昌が獅童さん。太刀持ちが團子ちゃん。侍女が扇雀さん。

間狂言の番卒が猿之助・勘九郎・巳之助。
巫女が児太郎、小姓が哲之ちゃん。

今回は申し訳ないけど、間狂言がメインw
番卒がカピちゃんと勘九郎ちゃんと巳之助さんという豪華版でその上哲之ちゃんだもん。
以前ちょっと大根疑惑持ってた児太郎ちゃんは巧くなってました。
團子ちゃんも長科白を滔々と語って姿もきれい。さすがです。

今回ちょっと「頑張りましょう」が付いたのは成駒屋3兄弟。
口跡がちょっと重いのは父譲りだから仕方ないのかねぇ…


新作歌舞伎
 廓噺 山名屋浦里

某藩の江戸留守居役を仰せつかった堅物の宗十郎を勘九郎、傾城浦里を七之助。
勘九郎ちゃんの堅物演技と七之助ちゃんの綺麗さと芸達者ぶりを堪能する新作狂言。
あと彌十郎さんと亀蔵さんの意地悪っぷりもw
扇雀さんの男っぷりも堪能できますね。

 堅物で融通が利かず遊びがまったく出来ないので留守居役仲間から馬鹿にされている宗十郎。
本人のみならず藩や殿様まで馬鹿にされて馴染みの遊女を連れてくるという啖呵を切ってしまう。
偶然見かけて一目ぼれした浦里を伴うべく、山名屋へ乗り込むが…

話はお約束通りですが、勘九郎ちゃんの堅物演技、扇雀さんの男っぷりのよさ、彌十郎さんと亀ちゃんの意地の悪さを堪能し、七之助ちゃんの淀みない語りでちょっと泣かされる。

さすがの中村屋一門と言いたくなるお芝居でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」 江戸東京博物館

Yokai

 前々から行きたかった江戸東京博物館。
なかなか行く機会がなかったんですが、今回は「大妖怪展」で俄然行く気になった上、家族が招待券をもらってきてくれたのでお出かけ。
それでも会期ギリギリw
そして、いざ行って見ると思ったより近かったってのもお約束。
常設展も面白そうで次回は必ずじっくり見に行くぞ、と決意、もいつも通り。

 前期と後期で一部展示物の入れ替えがあったので北斎の天狗とか見られなかったものもあったけど、江戸期の掛け軸・巻物から始まって浮世絵、絵草子など。
幽霊画あり錦絵あり。

 浮世絵は以前大田美術館で特集してたときに見たものとか、国芳や芳年が多かったので見覚えのあるものが結構あったけど、掛け軸の幽霊画はほとんどが初めて。
怖いというより儚げな幽霊が印象的。

 目玉の百鬼夜行図はワタシにとっては肝心の琴のところがすれているので筝なのか琴なのかがイマイチわかりにくい。形は筝っぽいんだけど、お柱が書いてないんだよね。そうすると琴なんだけど。
全体的に付喪神は物を乗っけた獣って感じで今のイメージの付喪神っぽくない。
琵琶がかろうじて琵琶本体に手足が生えた感じだけど。

 今回絵草子もたくさんあったんだけど、デフォルメして描くとすでに15・6世紀あたりで今の漫画の雰囲気がある。
現代の漫画を見てると同じキャラの絵を描いても国民性(民族)が出てると思うんだけど、この頃のデフォルメにすでに日本人的な感覚があるんだよね。
日本人にはアメコミみたいな絵は描けないし、日本のイラストをそっくりに描いたつもりでも日本人以外だとちょっと違うんだよね。で、その差異が台湾人と中国人と韓国人でも違う。
その原点がすでにこの頃にあるってのに驚き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

「スギテツ コンサート~クラシックを遊ぶ真夏の音楽実験室」 東大和市ハミングホール

160821

 毎回面白い企画で楽しみだった三芳のコンサートが今年はなし。
代わり、というわけではないだろうけど同じ時期にあったのがこれ。
21日の日曜日のマチネ。

東大和…知らないとこだわ。
西武線は新宿線ならなんとなくわかる。
田無…は無くなったんだっけ? 小平はまだ小平なの?
くらいの感覚。都下はわからないわー

 で、調べたら中央道を国立府中ICで降りて立川方面に行くのが一番近いらしい。
この間は調布だったし、最近この辺縁があるなぁ。

 ナビアプリではIC出てから20分もかからないと出ていたのに、立川駅付近で渋滞。
日曜だからなのか?と思ったらお祭りだった。
道路片側封鎖して御神輿が見ただけでも7・8基。
普通は1基だよね?
その辺の八幡様のお祭りとかじゃなかったのかしら?

 ということで開場時間ぎりぎりに到着。
久しぶりの整理番号もない完全自由席だったけど、入場がわりとのんびりしてたので余裕で下手席へ。

--------------以下セットリスト------------

1. 剣のずいずいずっころばし
2. きょうの料理 ~ビゼーに捧ぐ~
3. 犬のおまわりさんの運命
4. 笑点メヌエット
5. 美しき青きドナウ河のさざ波殺人事件
 擬音コーナー PC(クラウン・セドリック・米フォード・欧プジョー) 救急車
6. 扁桃腺上のアリア
7. 関東私鉄「踏切」協奏曲 ~警報音の相違による音楽実験室~

音楽実験室
8. 新説・動物の謝肉祭 ~色んな生き物で「白鳥」~
9. ハンガリー記号舞曲第5番
10. 日本舞曲第5番

11.トムとジェリー ~なかよし~
12. チャルダッシュ

アンコール
13. リベルタンゴ

---------------------------------

 この日の観客はノリがよくて、ブラボーは数十人単位で掛けてくれるし、犬のおまわりさんでは犬の登場にどよめきが起きるし。

 関東私鉄「踏切」協奏曲は映像付で。
杉浦さんが西武線沿線なので、と言ってたけど久しぶりに聴いたわ。

 記号舞曲と日本舞曲を並べて演奏ってのも珍しい気がする。
トムジェリも懐かしの第1作。 あのインディアンのシーンがかわいいheart01

 その後のチャルダッシュからアンコールのリベルタンゴheart04
後ろのオバ様方が「すごくいいsign01 こんな曲もっと聴きたいsign01」とおっしゃってたのが聞こえましたわ。でしょでしょsign01 こんな曲ばかりのライブもありますわよsign02とユーワクしたかったわw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉阪鬼一郎・ほか「ホラー・アンソロジー さむけ」 読了。

Samuke_cover

 元々は1999年にノン・ポシェットから出ていた(らしい)。
今回のはその復刻版。しかも有隣堂限定発売。
99年のは知らなくて、今回復刊のニュースを見て知ったので当然初見。

収録されているのは

井上雅彦『火蜥蜴』
京極夏彦『嫌な子供』
倉坂鬼一郎『天使の指』
高橋克彦『さむけ』
多島斗志之『犬の糞』
釣巻礼公『井戸の中』
新津きよみ『頼まれた男』
山田宗樹『蟷螂の気持ち』
夢枕獏『もののけ街』

一口にホラーと言っても、背筋が寒くなる系あり、ちょっとグロ系あり、狂気系あり。
倉阪鬼一郎と高橋克彦は彼ららしい(と私が思っている)系統の話。
京極堂はあの厚さにしり込みしてまじめに読んだことがないんだけど、読んでみようかなぁ…
夢枕獏さんも陰陽師以外も読んでみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

「岡田鉄平 ヴァイオリンソロリサイタル 2016 東京公演」 日暮里サニーホール コンサートサロン

Soro_tokyo

 毎年恒例となった鉄平ちゃんのソロリサイタル。
最初の東京公演は10日に日暮里のサニーホールで。
5月に東京国際芸術協会管弦楽団とコンサートしたホール。
そのときは大きいほうのコンサートホールだったけど、今回は小さいほうのサロンホールで。
それでも今までの紀尾井町サロンより一回り大き目。

 ピアニストは東京公演は3回目のピアニート公爵こと森下唯さん。
去年2回共演した所為か、3回目の今回はだいぶ余裕が出てきた感じ。
1回目、2回目の研ぎ澄まされた、一触即発な戦闘モードと違って表面上はやや友好的。
お互いの間合いとかわかってきた所為かな。
でも今回初演だったクロイツェルはやっぱり進むにつれてジャブの応酬から本格的な戦闘モードに入ってきた感じ。
聴くほうとしても、前回よりはずっとゆったりした鑑賞スタイルでいけたけど、やっぱりクロイツェルは緊張が高まったな。
でも第2楽章・第3楽章は個人的にはあまり聴く機会がなかったので面白かった。

--------------以下セットリスト------------
1. メンデルスゾーン : 弦楽のための協奏曲3楽章
2. ベートーベン : ヴァイオリンソナタ第9番「クロイツェル」

休憩

3. ヴィヴァルディ : 四季より「冬」
4. ショパン : バラード第1番 ピアノソロ
5. バッハ : 無伴奏ヴァイオリンソナタ1番
6. シューベルト : アヴェ・マリア
7. サラサーテ : カルメン幻想曲
アンコール
8. カルロス・ガルデル : Por Una Cabeza

---------------------------------

最初はこれまた恒例になった感じの「じゃないほうの」メンコン。
2曲目で今夜のハイライトとも言うべきクロイツェル。圧巻sign01

休憩後すぐにソロじゃなくて今回はまず「冬」
で、森下さんのショパン。今回はピアノの手元が見える位置だったのであの魔法のような指の動きをじっくりと。
入れ替わりの鉄平ちゃんソロのバッハ。カットしないで全曲聴きたい。
アヴェ・マリアは息抜きsign02
最後はカルメン幻想曲。鉄平ちゃんの好きなサラサーテ。
で、アンコールは去年に続いてタンゴ。

森下さんとのコンビも安定してきた感じなのでぜひこのまま続いていってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「PLAZA GINZA STORE LIVE」 銀座 Pioneer PLAZA GINZA

160806

 銀座にあるパイオニアのショールーム「PLAZA GINZA」でのストアライブ。
プランタン銀座の横、マロニエ通りを3丁目に向かっていった先にある。ってかぜんぜん知りませんでした。
前を通ったことは何回もあるはずだけど、隣のデビアスのほうに目が奪われてた所為かsign02

 月に一度くらいの頻度でインストアライブは行われてたようなんですが、このショールームそのものが7日でクローズドになるそうで、スギテツがいわば大トリを飾ることになった形。

 今回は8月6日(土)と7日(日)2日間でそれぞれ14:00~と16:00~の各2回のミニライブ。
舞台がストアライブ史上最小sign02というくらいの狭さで、電子ピアノ置いた杉浦さんの椅子はギリギリでちょっとでも後ろに行くと落ちる。絶対動かせない位置。トークのネタに使われてたくらい。「ちょとでもずらすと皆さんの視界から消えますから…」w
 鉄平ちゃんもギリギリでかかとがちょっとはみ出してた。けど演奏中に弓でピアノを示すのが出来ないくらいの位置。

 土日2回ずつ計4回のライブはちょっとずつ違ってた。

--------------以下セットリスト------------

6日 14:00
1. 剣のずいずいずっころばし
2. アイネ・クライネ・秋葉原 to 銀座
3. 美しき青きドナウ河のさざ波殺人事件
 擬音コーナー PC 救急車 踏み切り
4. 序曲 暴れん坊将軍
5. リベルタンゴ


6日 16:00
1. 剣のずいずいずっころばし
2. きょうの料理 ~ビゼーに捧ぐ~
3. 美しき青きドナウ河のさざ波殺人事件
 擬音コーナー PC 救急車 
4. 扁桃腺上のアリア
5. 日本舞曲第5番
アンコール
6. リベルタンゴ
7. モーツァルトの子守唄


7日 14:00
1. 剣のずいずいずっころばし
2. アイネ・クライネ・秋葉原 to 銀座
3. 美しき青きドナウ河のさざ波殺人事件
 擬音コーナー PC 救急車 暴走族vs警視庁
4. 序曲 暴れん坊将軍
5. 日本舞曲第5番
アンコール
6. リベルタンゴ


7日 16:00
1. 剣のずいずいずっころばし
2. 犬のおまわりさんの運命
3. 美しき青きドナウ河のさざ波殺人事件
 擬音コーナー PC 救急車 暴走族vs警視庁
4. 扁桃腺上のアリア
5. 日本舞曲第5番
アンコール
6. リベルタンゴ

--------------------------------- 

1608072

 舞台の感じはこんな。
この狭さなので弓なんか振れないのはお判りいただけるかと。
ちなみに一番前の席はこのステージ端から約5・60cmsign01
もう鉄平ちゃんの手元もよく見えるし、顔なんか見上げる感じ。
写真撮るのもフレームからはみ出すしw
写真のために立ち見に行く人もいたくらい。

 初回の6日14:00の回は割りと静かな雰囲気で冗談クラシックをよく知らない人が多かった感じだけど、2回目の16:00の回は大盛り上がり。お約束のアンコールネタもOK
 7日の14:00の回は一番盛り上がってた。
PCもクラウン・セドリックの他に米フォードビクトリア、欧プジョー406が登場。
犬のおまわりさんはあまりストアライブではしないので、ぬいぐるみに写真が集中w
杉浦さんも「普段ぬいぐるみの写真撮れないですもんねぇ」…w
鉄平ちゃんは演奏中よく外の通りを見てたんだけど、MCで毎回マロニエ通りに駐車してる車をネタにしてたw
で、この時は通りすがりの幼稚園か小学生の男の子にピンポイントでアピール。
立ち止まって口開けて見てましたよ。演奏後、鉄平ちゃんが「勝ったsign01」…w
 最後の16:00の回は人数多くてみっしり。
そもそも全体のスペースが狭いので椅子席は2列だけ、その後ろは立ち見。
立ち見の人が入り口付近までいてごった返してました。

1608073

 このこは入り口脇、鉄平ちゃんの左側にあったカロツェリアのカーオーディオのデモカー。
電動らしいですが、大人も乗れるサイズ。
男の子に大人気だったけど。
シートに座るとちょうど頭の位置にスピーカーが埋め込んであるの。
で、今回はロールバーにパトランプをセット。
14:00の回は明るすぎてあまり目立たなかったけど、16:00の回は大注目でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

「布袋戯 武松打虎 弘宛然古典布袋戲団」 横浜馬祖廟(天后廟)

Yokohama

 侯孝賢の映画「戯夢人生」ではじめて見た布袋戯。
なかなかなまで観る機会はなかったけど、台湾文化センターが招致したみたいで、今回のイベントを観ることが出来ました。
 前日の日曜の文化センターでも上演は行けなかったのとやっぱり実際に近い環境で観たいよねぇということで、1日の月曜日、横浜中華街の天后廟へ。

 いつもの中華イベントの例に漏れず、30分前に行ったらなにもないw
さすがに組み立てに時間がかかるであろう布袋戯の舞台は組み立ててあったけどね。
案内の人に聞いたら立ち見だよー椅子ないよー、とのこと。
なのでまずは馬祖さまにご挨拶。
あの太いお線香に火をつけてもらい一回り。
映画でよく観るお線香を掲げてお辞儀するって意外に難しいなぁと実感。
つい日本式のお辞儀になっちゃう。
跪くための台(名前ついてるよねきっと)に膝をつけて拝礼するのも結構難しい。
建物の彫刻とかじっくり眺めてるうちに、会場になってる広場に人が増えてきた感じなので移動。

1608011

 最初は右側に写ってるテントが舞台の上にかかってたんだけど、人形が動かしにくかったのか開演10分前になって移動w
その辺の人総動員であっという間にずらしてた。
この辺も中華らしいといえばらしい。
で、その前には団長さんがメディアの取材を受けてたsign01
開演10数分前なのにsign03

まずは中華街の華僑會の会長(?)からご挨拶。
つぎは台湾代表處の人のご挨拶。
布袋戯団の団長さんのご挨拶。
団長さん、最初は國語で喋ってたんだけど、台湾語を話したら反応があったので後半ずっと台湾語。
通訳してくれた人は横浜の華僑會に人だったらしいんだけど、台湾語はわからないので通訳できません、とw

で、開演。
最初は馬祖さまへのご挨拶の布袋戯。
これが20分くらい。
その後「武松打虎」
水滸伝の有名なエピソード。
虎が歌舞伎の馬っぽくてかわいい。
今回初めて知ったけど、布袋戯の人形って一人が一体を取り扱うんじゃないのね。
今回は演者が2人だったんだけど、状況によって人形を入れ替えてるの。
で、2人だから1度に最大4人しか出られないんだけど、これがめまぐるしく入れ替わるsign03
ああ、庶民の娯楽だなぁと感じましたわ。

1608012

 舞台横にはいつも一緒に移動しているであろう神様が祭られてました。
開演前にお線香上げてた。

開演後に中華街の幼稚園の子供達が一番前に来たんだけど、熱心に見つめる子と飽きちゃってうろうろする子と。
どこの子供も同じだねぇ。
で、最初はなかった椅子が気がついたら出てるしw
前のほうで地面に座ってたから気がつかなかったよ。

で、幼稚園の子達は2・30分ほどで帰っちゃったので、前のほうは幼児用の椅子、後ろは折りたたみ椅子というカオスw
観客は半分くらいが中華街の住人っぽくて、あとが観光客っぽかった。

翻訳まったくなしだったので、有名な「武松打虎」はともかく、前の演目はまったくわからなかったよw
仙人とか出てきてなんかしてたけど…sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スギテツと弦楽四重奏の調べ in 松山」 Live & Restaurant Bar MONK

Matsuyama

 道後温泉のお泊り遠足が朝9時にホテル前の記念撮影で解散。
で、一日どうしろと?と思ってたら松山でコンサートがあると。
それはもう行かなきゃいけないでしょ、ということで観光はコンサートが始まるまでにして午後からはコンサートへ。

 松山では2年ぶりのコンサートだそうで、前回もここだったらしい。
いかにも飲み屋街な通りを昼間歩くと違和感ありありですね。
しかも知らない土地だし。
 でもこのライブハウス、こんなかわいいチケット手作りしちゃうセンスのよさ。
店内も居心地よさげでしたわ。

今回のメンバーは
浅野未希 (Vn.)
南條さわ子(Vla.)
吉浦尚子(Vc.)

Vnの浅野さんが松山出身、VlaとVcは在住の方らしい。

--------------以下セットリスト------------

1. 剣のずいずいずっころばし
2. きょうの料理 ~ビゼーに捧ぐ~

 弦楽四重奏 登場
3. アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章
4. アイネ・クライネ・キューピー3分クッキング
5. 犬のおまわりさんの運命
6. 美しき青きドナウ川のさざ波殺人事件
  第2楽章 暴走族vs愛媛県警

7. G線上のアリア
8. 扁桃腺上のアリア
9. 序曲ウイリアム・テル
 弦楽四重奏退場
10. 舞曲「いい日旅立ち」
11. A BRIDE OF SETO ~瀬戸の花嫁~
12. 朝明け travelog
 +Vn. Vla.
13. おもちゃのシンフォニー
 弦楽四重奏登場
14. ラディツキー行進曲

アンコール
15. リベルタンゴ

----------------------------------

お約束の犬のおまわりさんのぬいぐるみとドナウ河のPCはもちろんあり。
暴走族のところで鉄平ちゃんが松山県警とか言って、その後愛媛に訂正w
ま、ありがちsign02

前日がお泊りだったので杉浦さんの二日酔い感がありありなライブでしたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

「伊丹十三記念館」 松山

1607301

 伊丹さんの記念館が開館した話は知っていたけど、行く機会はないだろうな、と思ってました。
で、ひょんなことから松山へ行くことになり、ちょっと時間があるのでどこへ行こうかと調べたとき、最初に思い浮かんだのがここ。

 中学だったか高校だったか。伊丹さんのエッセイを読んだときの衝撃はかなりなものでした。
いまでも私の基本的なスタンスはかなり影響を受けていると思う。
はじめて見た(読んだ)「洗練された大人」だったと思っている。

 まず、記念館に入る前のガレージでしばし佇む。
ベントレー!
伊丹さんは英国車がお好きだったなぁ。エッセイでもロータス・エランの話を書いてたし。
埃に指で書く注連縄には笑ったなぁ。
で、記念館に入ってすぐの宮本信子さんのビデオメッセージを見て、彼女の震える声に一緒にうるうる。

1607302

自筆の原稿を眺めたり、あのイラストの原画を見たり、楽器(ヴァイオリンsign01)や楽譜や本のコレクション、ビデオのコレクション、とゆっくりみて。

 建物は中庭のある真四角な形。
中庭に植えてあるこの木の下で伊丹さんが寝そべって本を読んでいるんだそうですよ。
さすがにこの日はちょっと暑かったけど、春秋にはとても気持ちよさそう。

 で、その中庭を眺めながらカフェでお茶。
カフェの名前はタンポポ。
ここにも壁に映画の撮影中のスナップなどかけてあります。

1607303

 アイスコーヒーとチョコレートケーキ。
チョコレートケーキの形は建物と同じ。
中庭の木はミントの葉っぱ。
とても居心地のいい空間でした。

伊丹さんの名前にちなんだ13のコーナーの展示。
もちろん猫のコーナーもあり。
自宅に招待するような、というコンセプト。
それらが交じり合って居心地のいい空間になっているんですね。
どこに書いてあったかは忘れたけど「宮本さんが自宅に帰ってきて雑然とした居間でモノを掻き分けながら自分の椅子にすわり"やっぱり家が一番"という」という文章を思い浮かべてしまいましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「伊予灘ものがたり」貸切車内コンサート&道後温泉宴会ディナーショー

Cogxbmkuaaa3xnf

 スギテツ恒例の遠足。
今年は四国・松山。1泊2日の旅。
7月29日-30日に開催されました。
ま、四国じゃほとんどの人が日帰り無理だし。だったら最初から泊まりにしよう…ってことか?

 初日は午後の伊予灘ものがたり(JR四国の豪華列車)に乗りランチ&コンサート。
2両編成を貸切でコンサートは片方でしか出来ないので半分ずつ。
ゆっくり2時間半以上かけて八幡浜というところまで行って帰りは普通の急行。
で、松山からは路面電車で道後温泉へ。

 今回、セットリストまったく記録してない。
だって泊まるから安心して呑めるしw

Cohzqekvmaa6e08

 ホテル到着後、部屋へ。
ツアーでは2人1部屋だったけど、4人部屋がかなりあり。
家族で来た人は1家族1部屋で大きめの部屋。
私達も4人部屋で3人。今回もドタキャンがいたらしい。
そのまま修学旅行状態で(ほとんど同じフロアだったので)あっち行ったりこっち来たりで頼まれ物渡したり頂き物したり、ご挨拶したり。

そのうち宴会の時間。
恒例のスギテツ演奏しながらお出迎え。(披露宴営業ヴァージョンsign02w)
乾杯して、スギテツいったん引っ込んで食事。
今夜はビール&冷酒。
この冷酒がおいしかったsign01
名前覚えてないけど。写メっとけばよかった。

160729

 舞台が細長い&前のほうの席だったので二人一緒にフレームに入らないw
宴会ライブはもはや恒例の「テツスギ」、昼間書いた俳句(ってか季語がないから川柳だな)に合わせて即興演奏&ゲストの漫画家・村岡マサヒロさんのライブペインティング。
など。

温泉旅館ではきっと異例であろう、8時近くのスタート・10時過ぎの終了。
そのまま部屋で2次会。
普段はほとんどビール呑まないんだけど、ビールしかなかったからビール。
探せば冷酒あったのかな…

気がついたら大浴場閉まってるし。部屋でシャワー。
なので早起き(私的には)して大浴場。
これまた珍しく朝ごはん食べて、チェックアウト後ホテル前で記念撮影して解散。

2日目は何もないのかと思ったら、なぜかコンサートが入ったしw
この項は別記事でw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »