« 「シルク」 台湾文化センター | トップページ | 「スギテツ 愛と笑いのクラシック!」 調布音楽祭 調布グリーンホール小ホール »

2016年7月 1日 (金)

「楽器たんけん隊 ピアノ組み立てコンサート」 調布音楽祭 調布グリーンホール小ホール

Cyouhu

 カテゴリーが「イベント」なのか「コンサート」なのか悩んだんだけど、2曲しか弾かなかったので「イベント」に分類。
25日の土曜日の朝11時sign03開始のあのピアニート公爵のコンサート。

 キッズコンサートなので子供たちがメイン。
ピアノは舞台ではなくて客席(椅子は可動式)の前に置かれ、舞台はホリゾントの明かりのみ。
ピアノの手前はプレイマットが敷かれ子供たち(&小さい子は付き添いの大人も)が座り。
その後ろが椅子席。

 まずはスーツに触覚カチューシャ&背中にピアノシルエット型の羽をつけた「ピアノの妖精さん」登場。
ピアノのペダルを外して去るw

 その後ピアニート公爵登場。
ピアノの蓋を開けると鍵盤が無いsign01 ペダルも無いsign01 これじゃピアノが弾けない、コンサートが出来ない。
で、ピアノたんけん隊の子供たちが鍵盤を探し、フレームを探し、みんなで鍵盤を組み立ててピアノに戻すsign01
子供たちが順に鍵盤を組み立ててる間(スタッフが付き添い)、ピアニート公爵はピアノの音が出る仕組みを模型を使って説明&その動きを「ぐーちょきぱー」のメロディで唄う。
 無事鍵盤が組み上がるとスタッフの手でピアノに運ばれピアノの妖精&スタッフでピアノの中にインsign01 無事くみあがりました&ペダルも取り付け。

 で、改めて演奏を始めようとすると音が変。
今度は調律師さんが登場(なぜかピアノの妖精さんにそっくりw)。
調律ハンマーで音を調整して完成sign01

 やっと始まったコンサート。
ピアニート公爵が「さっき話した弦を叩くハンマーを見たいよね? じゃ、近くに来ていいよー」
という事でピアノの周りに子供たちがぎっしり。ピアニート公爵見えないしw

 そのままの状態で「きらきら星変奏曲」と「子犬のワルツ」を演奏。

ピアニート公爵の手元を見たかったなー。
行っちゃえばよかったかな。

今回がはじめての試みだそうですが、面白かったsign01
ピアニート公爵の人柄もほの見えて微笑ましいイベントでした。

|

« 「シルク」 台湾文化センター | トップページ | 「スギテツ 愛と笑いのクラシック!」 調布音楽祭 調布グリーンホール小ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/66284582

この記事へのトラックバック一覧です: 「楽器たんけん隊 ピアノ組み立てコンサート」 調布音楽祭 調布グリーンホール小ホール:

« 「シルク」 台湾文化センター | トップページ | 「スギテツ 愛と笑いのクラシック!」 調布音楽祭 調布グリーンホール小ホール »