« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月 7日 (木)

「スギテツ大音楽会 ~TOUR2016 みんなでブラボー!~ 滋賀公演」 安土文芸セミナリヨ

160703

 2月に始まった「SUGITETSU ブラボー」アルバムツアーのファイナル。
今回は高知に始まり滋賀で終わる。
東京か大阪で始まって名古屋で終わるパターン(名古屋おまけ付き)が懐かしい…w

 今回の会場は安土。
名前聞いたとき最初に脳内に浮かんのが「安土桃山時代」…w
ダンナに言ったときも「安土…安土桃山時代?」 おんなじやw

で、安土って安土町だと思ったら、近江八幡市安土なのね。
近江八幡ってもっと遠いイメージだったよ。米原から25分ほど。途中やたらと停車時間が長い気がしたので実はもっと早いのかな?
ちょっと去年の米原公演を思い出してた。

 車中からいきなり山のふもとに一群の建物が見えて場所把握。
漠然と山の上にあるイメージ持ってたよ。お城だし。

 のどかな田んぼに囲まれた安土城考古博物館や信長の館・体育館・ホール。みんな外観と中身がアンバランス。信長の伴天連趣味に合わせたのかね。

 で、その中の「安土文芸セミナリヨ」が会場。

-------以下 セットリスト-------

 PV いふうどうどう de SKA?
1. 剣のずいずいずっころばし
2. きょうの料理 ~ビゼーに捧ぐ~
3. 犬のおまわりさんの運命
4. 笑点メヌエット
5. 私を泣かせてください~野々村篇
6. ゲゲゲのペールギュント
擬音コーナー パトカー、救急車、踏み切り
7. 新説・日本昔話 浦島太郎外伝
音楽実験室 白衣着用
8. 新説・動物の謝肉祭 ~いろんな生き物で白鳥~
9. 日本舞曲第五番

休憩10分

ゲスト 安土まち協ブラスバンド
 単独で1曲(オリジナル…らしい)
10. 安土駅開業100周年曲 ブラスバンド+スギテツ

11. トムとジェリー 小さな逃亡者
12. チャルダッシュ

アンコール
13. 線路は続くよどこまでも
SUGITETSU+子供たち+今回はファイナルなので希望した大人もw

--------------------------

ゲストが入った所為か曲数少なめだったな。
本人たちも秋田→高知→滋賀でお疲れ気味だったし。

終演後、サイン会あたりでもの凄い土砂降りになり、ファイナルなのに急いで駅へ行く送迎バスに乗り込み。
なんとなく物足りなげな終わり方…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

「スギテツ 愛と笑いのクラシック!」 調布音楽祭 調布グリーンホール小ホール

Cyouhu_2

 という事で2日連続の調布音楽祭。
日曜の今日も11時からsign01
日曜は2回公演で11時と13時。

昨日と違ってピアノは舞台の上。
プレイマットもなくて前から普通の客席。
キッズプログラムなのであんまり前に行くのは…と思ってたら、意外に大人が多いw
という事で、ほぼ通常行動w

今回は2回公演だけどキッズという事で時間が短い(45分)ので、個人的にはちょっと休憩長めの1部・2部な感じ。

でも、フライヤーとか公式サイトには1部・2部で内容が変わるっぽいことが書いてあったけどほとんど同じだったw
そしてキッズプログラムだからキッズ向けにするのかな、と思っていたら時事ネタはなかったけどほぼいつも通りの通常営業w
キッズだからと来るのを悩んでたけど、全然悩む必要はなかったな。

------以下 セットリスト---------

1. 剣のずいずいずっころばし
2. アイネ・クライネ・キューピー3分クッキング
3. 犬のおまわりさんの運命
4. 笑点メヌエット
5. 美しき青きドナウ河のさざ波殺人事件
擬音コーナー
  パトカー・救急車・暴走族
  鳥の鳴き声あてクイズ
6. 扁桃腺上のアリア(13時の回のみ)
7. おもちゃのシンフォニー (玩具ピアノ・1/16ヴァイオリン)
8. チャルダッシュ
アンコール
9. リベルタンゴ(11時の回)
  だったん人の踊り(13時の回)

-------------------------

という事で違ったのはアンコールと13時は1曲増えたところだけ。

11時の回が終了後、スギテツはいつものようにサイン会をしてたので休憩は1時間ほどだったのかな。
私たちはサイン会後、お見送りしてたらもう余り時間もなかったのでそのまま13時の回の備えて並んでた。
で、並びながら「最近だったん人聴いてないから聴きたかったなー。お願いしとけばよかった。」と言ってたら、13時の回のアンコールがだったん人に替わってたのでびっくり。
杉浦さんとココロが通じたのかしら…w

 昨日も思ったんだけど、子供たちは毎年来てる子が多いのかな、って感じでノリがいい。
素直に反応するので演奏のし甲斐があったろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「楽器たんけん隊 ピアノ組み立てコンサート」 調布音楽祭 調布グリーンホール小ホール

Cyouhu

 カテゴリーが「イベント」なのか「コンサート」なのか悩んだんだけど、2曲しか弾かなかったので「イベント」に分類。
25日の土曜日の朝11時sign03開始のあのピアニート公爵のコンサート。

 キッズコンサートなので子供たちがメイン。
ピアノは舞台ではなくて客席(椅子は可動式)の前に置かれ、舞台はホリゾントの明かりのみ。
ピアノの手前はプレイマットが敷かれ子供たち(&小さい子は付き添いの大人も)が座り。
その後ろが椅子席。

 まずはスーツに触覚カチューシャ&背中にピアノシルエット型の羽をつけた「ピアノの妖精さん」登場。
ピアノのペダルを外して去るw

 その後ピアニート公爵登場。
ピアノの蓋を開けると鍵盤が無いsign01 ペダルも無いsign01 これじゃピアノが弾けない、コンサートが出来ない。
で、ピアノたんけん隊の子供たちが鍵盤を探し、フレームを探し、みんなで鍵盤を組み立ててピアノに戻すsign01
子供たちが順に鍵盤を組み立ててる間(スタッフが付き添い)、ピアニート公爵はピアノの音が出る仕組みを模型を使って説明&その動きを「ぐーちょきぱー」のメロディで唄う。
 無事鍵盤が組み上がるとスタッフの手でピアノに運ばれピアノの妖精&スタッフでピアノの中にインsign01 無事くみあがりました&ペダルも取り付け。

 で、改めて演奏を始めようとすると音が変。
今度は調律師さんが登場(なぜかピアノの妖精さんにそっくりw)。
調律ハンマーで音を調整して完成sign01

 やっと始まったコンサート。
ピアニート公爵が「さっき話した弦を叩くハンマーを見たいよね? じゃ、近くに来ていいよー」
という事でピアノの周りに子供たちがぎっしり。ピアニート公爵見えないしw

 そのままの状態で「きらきら星変奏曲」と「子犬のワルツ」を演奏。

ピアニート公爵の手元を見たかったなー。
行っちゃえばよかったかな。

今回がはじめての試みだそうですが、面白かったsign01
ピアニート公爵の人柄もほの見えて微笑ましいイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »