« 「銀河万丈による読み語り」 練馬区立美術館 | トップページ | 「藍色夏恋」(藍色大門) 台湾文化センター »

2016年4月15日 (金)

sound theatre 「TENCHU 天誅 ~闇の仕置き人~」 豊洲PIT

Tenchu

 sound theatreとしては「夏目友人帳」に続く? 原作物、かな。
原作があって脚本・演出が藤澤文翁さんじゃないのは初めて、だよね。

「天誅」と聞くとゲームしか思い浮かばない(でも中身は知らない)のでちょっと調べてみたらフジテレビのドラマだったのね。しかも2年も前の。なんで今頃?と思っちゃうのは不思議じゃないよね。

今回もアンコールでおまけが付く千秋楽・10日のマチネに行ってきました。

キャストは沢城みゆきはもうsound theatreの常連、堀内賢雄は2度目(再演のMars Redだったので未見)。
名塚佳織と玉城裕規は初めて、だと思う。

バンドはつっちーと真鍋くん、かとうなかこさんはA Base Metalのとき以来2度目。美鵬成る駒さんは初めて。
つっちーと真鍋くん、バリバリのヘアスタイルだったんだけど、なぜ?w

で。
音楽は相変わらずのつっちー節ですごくよかったんだけど。
脚本がドラマとの関連なんだか通り一遍で薄っぺらい。
演出の所為なのか、今までのsound theatreではあまり感じたことのない大げさな叫び声。沢城さんってあんな演技する人じゃなかった気がするんだけど。

ちょっと今回の出来には不満あり。
つっちーの音楽がもったいなかったわ。
あ、変拍子好きは相変わらずで今回もありましたね。よかったけど。
今回はアンコールで2曲も弾いてくれたのも嬉しかった。
5弦ヴァイオリンならではのヴィオラ音域の曲もよかったし。

|

« 「銀河万丈による読み語り」 練馬区立美術館 | トップページ | 「藍色夏恋」(藍色大門) 台湾文化センター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/64981109

この記事へのトラックバック一覧です: sound theatre 「TENCHU 天誅 ~闇の仕置き人~」 豊洲PIT:

« 「銀河万丈による読み語り」 練馬区立美術館 | トップページ | 「藍色夏恋」(藍色大門) 台湾文化センター »