« 畠中恵「うずら大名」 読了。 | トップページ | 「わたしの坊や」(Bopem) FILMex 有楽町朝日ホール »

2015年12月 3日 (木)

「華麗上班族」(華麗上班族) FILMeX 有楽町朝日ホール

Ss06poster

 今年の私的FILMeX1本目。
23日の9時40分からの上映。祭日の朝早く! 普段より早起き!

今年でFILMexは16回目だそうですが(そんなに経ってるんだ!とびっくり)、FILMexと言えばやっぱり杜琪峯。
その杜琪峯監督作。FILMeXサイトの紹介ページでは16年ぶりの杜琪峯&張艾嘉&周潤發がセールスポイントのようですが、それに+して羅大佑も入れて欲しいsign03 16年前の「過ぎ行く時の中で」(阿郎的故事)も今回も主題歌は羅大佑。

 で、「華麗上班族」。
張艾嘉が主演で上演していた舞台劇の映画化とか。
その所為か杜琪峯っぽくない感じも。どちらかと言うと監督が"自分の撮りたいものを撮る"黒社會映画系列より"Boxofficeのために撮る"華仔&鄭秀文のオシャレ系映画系列に近いほうかも。
杜琪峯らしからぬwオシャレ映画。しかもミュージカル、とは言えないけど所々に唄が挟まる。

 お話は割とありがち。オーナーが周潤發、CEOが張艾嘉の会社に入った新入社員・王紫逸と朗月婷。
ごく普通の経歴の王紫逸に比べて朗月婷はハーバード卒の才媛。一緒に働くうちに芽生えるほのかな恋心。でも実は朗月婷は周潤發の娘だった!
一方、エリート社員の陳奕迅、実は張艾嘉と組んで会社の資金で株取引。会計監査の前に資金は全て戻さなくてはいけないが…
会計係の湯唯。田舎に残した婚約者と最近ぎくしゃくしてきた。でも田舎には戻りたくない…
社員は洪天明、車婉婉、張兆輝、天心。ガードマンが盧海鵬。この辺は香港勢。
天心がいつもの「胸が大きいだけのおバカキャラ」を逆手に取った体当たり営業を好演。張兆輝はちょっと都会系を気取った面白い造型の社員。
張艾嘉と周潤發はある意味典型な仕事と私生活のパートナー、但し別に妻はあり。な関係。

 セットが面白くて、オフィスとか地下鉄とか骨組みだけのスケルトン仕様。
具体的な都市名も挙げず「どこかに似てるけどどこにもない街」な感じ。
上海か香港を念頭においているんだろうけど。

 で、舞台劇が原作でその改編作の所為か簡単に話が見える。
全然ひねりもなし。
杜琪峯らしからぬ映画だけど張艾嘉っぽいか?と言われるとそれもまた…。
張艾嘉とか陳奕迅とか湯唯とかはキャラ的に面白いところもあるんだけど、周潤發はなぜこの役が周潤發?と思ってしまう。
主演が大陸の新人二人ってのも印象が薄くなったひとつの要因かな。

 ちなみに終演後、香港電影迷たちの第1声は「周潤發歌わなかったね!よかったね!」だったw

|

« 畠中恵「うずら大名」 読了。 | トップページ | 「わたしの坊や」(Bopem) FILMex 有楽町朝日ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/62788291

この記事へのトラックバック一覧です: 「華麗上班族」(華麗上班族) FILMeX 有楽町朝日ホール:

« 畠中恵「うずら大名」 読了。 | トップページ | 「わたしの坊や」(Bopem) FILMex 有楽町朝日ホール »