« 【文学映画】金馬奨(ゴールデンホースアワード)の50年、台湾映画の50年――台湾ニューシネマと今 台湾文化センター | トップページ | 「華麗上班族」(華麗上班族) FILMeX 有楽町朝日ホール »

2015年11月19日 (木)

畠中恵「うずら大名」 読了。

 若旦那の畠中恵の新シリーズ(?)。
ま、他にもシリーズ物があるしいつまでも若旦那って意識じゃ駄目よね、私も。

で、うずら大名。
今回も主人公は気の弱い男。
畠中恵は巧いよね、気の弱い男を描くのが。今回はそれに振り回す男が絡む。
私としてはこっちのキャラの方が好き。
タイトルにあるうずらは鳥の鶉。
にしても本当にこんなことが出来るのか? いるにしてもここまでできるわけではないだろうけど。
シリーズ物に相応しいお膳立ては出来てるので、1話完結の小さな話でも数話続きの話でも自由自在の環境ですね。時代物は下調べが大変だそうですが、このところ時間の読めない待ち時間があったりするので読みきりの短編集や連作集はとても助かります。
最近電脳にかまけてたけど、待ち時間が長くなるとあまり重くなく、適度な感じでどこでも読めるのは嬉しいですわ。

|

« 【文学映画】金馬奨(ゴールデンホースアワード)の50年、台湾映画の50年――台湾ニューシネマと今 台湾文化センター | トップページ | 「華麗上班族」(華麗上班族) FILMeX 有楽町朝日ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/62586059

この記事へのトラックバック一覧です: 畠中恵「うずら大名」 読了。:

« 【文学映画】金馬奨(ゴールデンホースアワード)の50年、台湾映画の50年――台湾ニューシネマと今 台湾文化センター | トップページ | 「華麗上班族」(華麗上班族) FILMeX 有楽町朝日ホール »