« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

「ワンピース」 新橋演舞場

Shinbashi_20151011fb_m

 スーパー歌舞伎Ⅱ第2弾はあの「ワンピース」。
前々から実写化するなら歌舞伎でしか出来ないだろうな、と思っていたのでその点では驚きは無し。
問題は今の時点でも相当長い話なので、どこを取って舞台化するかってこと。
その点も巧くできてると思う。
脚本のまとまりもいいし、見所もきちんと作ってるし。

 オープニングでワンピースの世界観をざっとナレーションと映像で説明するんだけど、その場面だけでちょっとうるっと来てしまいましたよ。ここで感激しちゃって、あとの3時間どうするんだよって自分に脳内突っ込み。

 あ、上演時間はほぼ3時間半sign01 途中2度の休憩を挟んでいるので劇場に入ってから出るまで4時間半sign03
でもこれが全然長くないのsign01

 カピちゃんこと猿之助はもちろん、今回は隼人くんと巳之助さんに大注目。
プロローグで麦わらの一味が登場したときにサンジ(隼人)ゾロ(巳之助)のあまりの嵌りように感激sign01
ナミさん(春猿)とロビンちゃん(笑也)は逆のほうが良かった気がする。笑也さんがおきゃんなナミで春猿さんがロビンちゃんのほうが。それとサンジとゾロの衣装はほぼ原作どおりなのにナミさんとロビンちゃんはちょっと違ってるのでその所為でイメージが違うところもあるのかも。
ま、実は麦わらの一味の出番はあまり多くなくてみんな二役か三役なのでメインはそっちの役のほうって感じ。


以下ネタバレあり

 原作があれだけの長い話だから、その中のエピソードをひとつ纏めるだけでも長くなっちゃうんだけどそれでも時間が足りなくてキャラの説明は筋書き(プログラム)頼り。
 クライマックスの海軍の3大将との戦いなんて3人のキャラはほとんど説明もなくいきなり戦いの場面になってしまうんだけど、それぞれの戦いのヴィジュアル化が素晴らしくてぐいぐい持ってかれる。

 青雉は氷結だから舞台前方で宙吊りでぐるぐる回りながら紙ふぶき。頭上を青雉が舞い、紙ふぶきは舞台がかすむほどの量sign01
 黄猿は光なのでレーザーポインタの光と赤い照明。
 赤犬は火なので赤い照明の中、赤犬と手下が旗を振り、対するエースも旗を振る。
この演出は先代猿之助が三国志をしたときに京劇からヒントを得て京劇風の旗を振るアクションを取り入れていた野の応用だと思うけど翻る旗の美しさが殺陣と相まって「型」の美しさを表現していたと思う。

 一緒に観ていた娘はワンピースを読み込んでるヒトなんだけど、ボン・クレーとセンゴクはビジュアル的に完璧だと絶賛してた。
 ビジュアル的にはつるの美しさも特筆すべき。
背筋をすっと伸ばした後姿の美しさsign01 衣装はアレンジしてるので打掛を羽織っていたんだけど、この内掛けがまた素晴らしい。菊菱の紋縮緬に金泥・銀泥で文字が散らしてある。去っていく後姿がきりっとして惚れ惚れしました。
 センゴクでビジュアル的には完璧な人物を演じてた浅野和之はイワンコフも演じてるんですが、ここのシーンはイワンコフ個人もさることながらシーン全体が凄い。
ニューカマーランドに登場するヒト全部、ダンスシーンは大部屋さんじゃなくてダンサー系の人が多い感じだったんだけど、メイクがとっても綺麗。歌舞伎メイクじゃなくて今風の付けマつけてパッチリアイメイクでみんな近くで見ても綺麗でかわいいの。で、メイドの衣装が白いフリフリレースのドレスなんだけど生地が腰元の江戸紫の矢羽根模様。細かいところ一つ一つがしっかり作ってある。
 ここで出てくるボンちゃん、巳之助さんのはじけっぷりが凄い。あそこまで吹っ切れて演じる役者根性の見事さsign01 娘がボンちゃんが3次元に出現した、と言ってましたもん。
 隼人くんの2役目のイナズマは原作ではここまで美しくないみたいなんだけど、ひたいの金のイナズマも美しくきりりとした立ち姿。
 で、ボンちゃんとイナズマは本水で立ち回りしちゃうんですけどね。思いっきり水掛けられましたw

201510141121000

 今回は海賊モノは持ってなかったので、長着はちょっと波頭にも見える模様の白大島、帯は製作者が"イメージは奄美の海"と言っていた洒落袋。帯留はガラスで海のイメージにしてみた。

 なんだか語り始めるとどんどん話が広がっちゃいそうなので、書き漏らしたこともいっぱいありそうだけど今回はこの辺にしておく。
 雪月花のワンピース御膳は10月と11月で違うので次回両方画像を上げる予定←来月も行くらしい。
だって今回は席が前過ぎて舞台全体が見え難かったんだもん。
その分、猿之助や隼人くんのドヤ顔はよく見えたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

「サロンリサイタルシリーズ 2015 ~スギテツと弦楽四重奏の調べ~ in 大阪」 カワイコンサートサロンJouer

Image1009

 ばたばたしてたら開催から2週間経っちゃったけど、忘備録として書いとく。
去年行われたサロンリサイタル(福岡・神戸・名古屋・静岡・紀尾井町)の追加、というか時間が経っちゃったけど大阪公演。

 大阪は初めてなんだけど、今までは開始時間がちょっと遅くて新幹線の最終に間に合わないからあきらめてた。
でも今回は開演が早いsign01
MCでも言ってたけど、9時にビル全部が閉まるらしいw なので8時45分撤収完了しなきゃいけないんだって。
なので最終は楽勝で間に合った。
あ、もしかして休憩なしだったのはその所為だったのかな。

 弦カルメンバーは福岡と同じく全員女性。全員今回限りのメンバー(らしい)
Vn. 市村碧里、Vla. 白澤ちあき、Vc. 伊藤寛子

会場は大阪駅前の「KAWAI」ショールーム内のサロン。
なのでいつもの自己紹介は出来ませんでしたw

--------------以下セットリスト------------

1. 剣のずいずいずっころばし

 弦楽四重奏 登場
2. アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章
3. アイネ・クライネ・キューピー3分クッキング
4. 犬のおまわりさんの運命
5. 美しき青きドナウ川のさざ波殺人事件
  第2楽章 暴走族vs大阪府警
6. 扁桃腺上のアリア
7. 序曲ウイリアム・テル
 弦楽四重奏退場
8. カプリス24 ジャズヴァージョン
9. ブルース・ユーモレスク
10. 夢と想い出のミュージアム
11. 京緋の風
 +Vn. Vla.
12. おもちゃのシンフォニー
 弦楽四重奏登場
13. ラディツキー行進曲

アンコール だったん人の踊り

----------------------------------

去年の弦カルに比べて、スギテツだけのステージが多かった感じ。
横に長いサロンだったので客席も舞台も奥行きが狭い。
鉄平ちゃん、登場時は一度客席に下りてまたステージに上がってたし。

犬のおまわりさんはもう恒例の全員ぬいぐるみ着用。
ドナウ河の後の擬音もお約束。
でも今回は暴走族がやたらおとなしかったw
下手のピアノ側に座ってた所為か弦楽器の音が聴こえにくかったのよね。

カプリスとユーモレスクはクインテットのアレンジをデュオ用にしたヴァージョンだし、その後の2曲もデュオヴァージョン。
今回新しかったのはヴィオラとヴァイオリンの方が1/8サイズのヴァイオリンを持ってきていて4人でおもちゃのシンフォニーを演奏したこと。
ま、この間の東京ユニバーサルフィルでしてたけど。

アンコールのだったん人は久しぶりに聴いて、やっぱりいつものように心に染み入る音色でしたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

東山彰良「流」 読了。

 直木賞受賞作。
今まで寡聞にして知らなかったけど、台湾出身の外省人作家。
ほかの著作を読んでいないので常に台湾や大陸を絡めているのかわからないけど、今作は自伝的要素の大きい作品。

 個人的には主人公の名前でちょっと動揺w 葉秋生ですってよ。
もう「花街時代」のあの秋生哥が脳裏に浮かんじゃいますよw

国民党とともに台湾に来た祖父と仲間たち、台湾で生まれ自由を謳歌する孫たち。
高度成長期の日本、文化大革命後の大陸。
国共内戦で起こったであろう出来事のひとつ。

町中が埃っぽい台北の通りと光華商場。
読みながらいろんなものが脳裏を駆け巡る。

台湾生まれなのに秋生の「帰る」場所は大陸なのか?
外省人の立場だとずっと望郷の念を持ったまま過ごすのだろうか?
大陸と台湾が事実上別の国家になっている今、自分の帰属はどこだと思っているんだろう?

複雑になってしまった台湾のひとつのパーツからの提案として、ありがちな話だけどその分リアリティのある話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡田鉄平ソロアルバム「BRILLIANT」発売記念ツアー 名古屋公演 アーク栄サロンホール

Teppei_nagoya

 ソロコンサートツアーの名古屋公演。
ここだけマチネ・ソワレの2回公演。
プログラムは一部入れ替え。
ピアニストは名古屋では安定の近藤茂之さん。

 紀尾井町での真剣勝負のコンサートとは打って変わって今回は近藤さんの包み込むようなピアノにゆったりと合わせたヴァイオリン。
さすが近藤さん大人だわぁ、と感激。

ピアニストが変わった所為かプログラムも一部変更あり。
ま、2回公演であれしてたら体力保たんわなw

MCでは新ネタも登場w
この後の会場全部で使いまわしするんだろうか…

--------------以下 セットリスト(マチネ・ソワレ共通)------------

1. メンデルスゾーン : 弦楽のための協奏曲第3楽章
2. ヴェニエアフスキー : モスクワの思い出
3. パガニーニ : ラ・カンパネラ
4. ヴィヴァルディ : 四季より「夏」

休憩

5. ベートーベン : ソナタ「悲愴」1楽章 (ピアノソロ)
6. バッハ : シャコンヌ (無伴奏)
7. カッチーニ : アヴェマリア
8. サラサーテ : ツィゴイネルワイゼン
アンコール タンゴ・ジェラシー

-----------------------------------------
カルメン幻想曲がなくなったんでちょっと残念だったんだけど、アンコールがまさかのタンゴsign03
しかもジェラシーですよsign01

いまだかつて鉄平ちゃんの演奏聴いててセクシーだと思ったことはなかったんだけど(つっちーに引きずられてちょっと片鱗が見えたことはあったけど)、今回初めて色気が見えちゃったわ。heart04

東京追加公演がますます楽しみですが、ピアニートさんのピアノだと色気はちょっと無理かもsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スギテツ & 東京ユニフィル Presents オーケストラで遊ぼう!!音楽実験室」 新宿文化センター 小ホール

68_245x348

 ばたばたしてるうちにずいぶんと時間が過ぎてしまったけど。とりあえず覚書代わりに。
9月25日に行われた東京ユニバーサルフィルとの共演。
ユニフィルは弦楽アンサンブルの出演。ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバスが3・3・2・1だったかな。

 当日はずっと雨が降りやまず、東名で事故はあるわ、新宿文化センターは不便なところなので渋滞にあうわで出だしからちょっとダウナー気味。でも企画そのものは面白かったんだけどね。
ちょっと場所を考えていただけるともっと嬉しかったなぁ。
なんかここって中華系のプログラムでしか来たことなかったし。京劇とか。そのイメージもあるのかも。

 今回は下の大ホールではなくて上の小ホール。
ほど良い大きさのマイク無しでアンサンブルを聴けそうなスペース。マイク入ってたけど。
その分舞台が狭くてアンサンブルの方が入るとぎりぎりな感じ。

 お約束の擬音を弾かせるとか、犬の手袋装着とかスギテツと共演するとどこのオケでも経験する諸々をユニフィルの皆さんもなさってました。今回はそれに加えてスケールの小さなヴァイオリンも登場。
なかなか中身の詰まったコンサートでしたわ。

-------------------以下 セットリスト--------------

スギテツ
1. 剣のずいずいずっころばし
スギテツ+東京ユニバーサルフィルハーモニー
2. 犬のおまわりさんの運命
3. 美しき青きドナウ河のさざ波殺人事件
4. アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章
5. アイネ・クライネ・キューピー3分クッキング
 擬音コーナー
6. G線上のアリア
7. 扁桃腺上のアリア
8. ハンガリー記号舞曲第5番

休憩15分

ユニフィル
9. モーツァルト ディヴェルティメント ニ長調K.136 第1楽章
10. チャイコフスキー 弦楽セレナーデ 第2楽章 ワルツ
岡田鉄平+ユニフィル
11. ヴィヴァルディ「春」
スギテツ+ユニフィル
12. おもちゃのシンフォニー
スギテツ
13. トムとジェリー 小さな逃亡者

アンコール

スギテツ
14. モーツァルトの子守唄
スギテツ+ユニフィル
15. ラデツキーマーチ

--------------------------------------------

アイネクとキューピーを続けたり、G線上と扁桃腺を続けたときはアイネクとG線上がユニフィルのみで演奏、その後スギテツ参加。
記号舞曲のときは「一番駄目出しが出たのが全休符の休み方」とかw
鉄平ちゃんは最近お気に入りの通りすがりに映った自分を見て髪を直すチャラ男を舞台上でもw

おもちゃのシンフォニーでは初めて(と思われ。私は観たことない)スギテツ以外のヴァイオリニストが1/8や1/16スケールのヴァイオリンで演奏。
杉浦さんのピアノが変わってるsign02と思ったら今までのKAWAI ピアノは酷使されすぎてついに壊れたそうで、この日急遽調達したんだとか。赤い昔ながらのおもちゃのピアノ。

ユニフィルファンの方でスギテツ初めての方もわりといらしたようで、とっても受けてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »