« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月22日 (火)

「NINAGAWA・マクベス」 シアターコクーン

Pic1_15_macbeth

 もうずいぶん前、BS-NHKだったかWOWOWだったか以前のヴァージョンを放送したのを偶然観て、舞台装置の仏壇の扉が開くのに衝撃を受けた記憶がある。 で、今回初ナマ鑑賞。

 衝撃の仏壇はちょっと装置が変わった気がするけど、記憶のなかった扉を開く老婆に衝撃2倍。
このお婆さま二人が凄かったなぁ。つい目が行っちゃう。

 で、装置も衣装も桜。
もともとのマクベスは季節はいつなんだろう…?
イメージは荒涼としたヒースの茂る丘なんだけど。そうすると冬?

マクベスの市村正親。巧いのはもちろんなんだけど、マクベスってもうちょっと若いイメージなんだよね。
マクベス婦人の田中裕子。以前観た玉三郎のマクベス夫人が強烈だったので、とても抑えた狂気に感じられた。

橋本さとし。はじめて見た俳優さんかも。声が好み。
柳楽優弥。一時期いろいろあったらしいけど(そりゃデビューであれじゃ)、落ち着いたのか白皙の美少年。
瑳川哲朗。イメージは時代劇の人なんだけど。いい声だたわー。
吉田鋼太郎。いい感じの渋さ。
沢竜二。見せ場が独立したいわばひとり芝居って大変だけど面白いよね。
中村京蔵。偶然にもこの間の九尾の狐に続いて現代劇で。魔女の造型がなかなか面白かった。裾捌きの見事さはさすが。

蜷川版シェークスピアは十二夜とこれしか観てない気がする。
観たいんだけど、大宮は気分的に遠いんだよねぇ。山手トンネルが出来たから順調に行けばそれほど遠くないのはわかってるんだけど。
シアターコクーンでほかのも上演してくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「赤坂大歌舞伎 2015」 赤坂ACTシアター

Akasaka_205010f_m

 2年ぶり4回目の赤坂大歌舞伎。

今回は勘九郎ちゃんが三番叟、七之助ちゃんがお染の七役。

 操り三番叟
勘九郎ちゃんの三番叟に後見は国生ちゃん。
ちょっと見ない間に大きくなっちゃってお父さんよりがっちりした感じ。

あんまり話題にならないけど、千歳と翁が新悟ちゃんと彌十郎さん。さりげなく親子共演。
お父さんに似て長身だけど華奢なので若旦那とか似合う風貌で、女役だと髷の分大きくて残念だなぁ、と常々思ってたんだけど。今回は最初から最後まで腰を落として舞ってた。
玉三郎が実は割りと大柄なんだけど、彼は腰と肩を落として華奢に見せているので舞台だと可憐に見えるんだよね。教えられたのか自分で勉強したのか、このまま女役で行くんだったら頑張って欲しいですね。
彌十郎さんは相変わらずの押し出しの見事な翁。

肝心の勘九郎ちゃんは軽々と本当に吊られているかのような足捌き。
客席からどよめきが起きるほど。

於染久松色読販

七役の七之助ちゃん、序幕でいきなり六役出てくる。可憐なお染、久松、奥女中、田舎娘のお光、芸者、蓮っ葉な姐さん。毎度の事ながら色っぽさに磨きがかかってます。こんな芸者なら田舎侍は骨抜きになっちゃうよね。
亀蔵さんは嫁菜売りの九助。前もこの役だったような気が。仮花道からの登場でいきなり天秤棒が壊れるアクシデントが起きるもさりげなくお芝居中に直しちゃって安定の亀ちゃんです。

勘九郎ちゃんと七之助ちゃんは観るたびに巧くなってるんで安心して観てられるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

「ALIAKE 能楽堂録画録音会」

Aliake

 ALIAKEの1stアルバムに向けてのイベント。
簡単に言えばレコーディングを見守る会。
ライブレコーディングではないので、拍手はなし。録音中は物音を立てない。
会場も録音スタジオではなくて某能楽堂。
ライブでは当然みんなこちらを向いて演奏するんだけど、今回は舞台の真ん中を見るかたち。
つまりメンバーは四方から舞台の中心を見てる。普段見られない後姿を見ながら演奏を聴く。

能舞台なので、スタッフは全員白足袋。
メンバーは衣装に合わせた色足袋。チャコールか紺?
もちろん舞台上の照明機材やマイクなどの足は厳重に保護されてた。
お能以外に貸し出す能楽堂でも舞台は傷は付けられないし、脂も厳禁だし当然だけどね。

スタジオと違って同じ空間に居るので録音中は息をひそめて緊張して観てたけどだんだん気を抜いていいところがわかってきて、緊張とリラックスと切り替えられるようになって雰囲気が柔らかくなってきた感じ。
あと、周囲の音って意外に入ってくるんだな、とか。
外壁に張り付いて頑張ってるらしい蝉の声には笑ったけど。

3時間弱のあいだに3曲収録して終わり。
なかなか経験できない貴重な空間を共有できて面白い時間でした。

Coep9juveaaea1p


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

「VOYAGE 遊」 舞台挨拶 ヒューマントラストシネマ渋谷

Voyage

 香港の監督・雲翔(SCUD)の日本初公開作品。
というか監督は全然知らないんだけど、邵音音姐が登壇するということで観にいった。
なのでゲイムービー(らしい)という情報も行くまで知らず。

 監督、雲翔でSCUDって意味そのままやん。
大陸生まれで13歳で香港に移住し、その後オーストラリアに行き香港に戻るという経歴らしい。
インディーズで監督デビューが2008年、劉國昌との共同監督で。

この映画は6本目の作品、らしい。
実話に基づいた短編を精神科医のRyuが語る形で繋げていく。

冒頭の内モンゴル。
文化大革命の下放で再教育のためモンゴルに送られたYuan。
南方に出身らしい。演じる彭罡原はライフセーバーで香港先生に出た人らしい。
そういえば、香港先生って肉体自慢が多かったような…。結局2回か3回で無くなっちゃったみたいだけど。
なかなか靚仔でございます。その顔に似合わない筋肉質の身体を惜しげもなくさらしてます。
ストーリーそのものはショッキングだけど、まだ書けないしね。映画そのものは13年の公開だからもうDVDソフトとか出てるし、探せばいくらでも情報は出てくるけど日本語はまだ少ないみたいなので。

大陸出身で香港や他国に移住してる人が描く文化大革命ってどうも裏の裏まで読まなきゃいけない気がしちゃうんだけど、今回もいろいろ思わせぶり(?)なシーンが…。

で、次のシーンで香港でクルーザーを借りて海に出るRyuにシーンは変わる。
これ以降の話は彼が語った物語。

音音姐は馬來西亞で占い師をしているLady Red。
離れて暮らしている息子からTelがあり、旅行で台湾にいると…。
テーマが「生と死」だそうで、いろんな死がでてくる。
冒頭の内モンゴルのシーンでシャーマンが語るのもそのひとつ。

航海のシーンも多いので空が目に付くんだけど、その空が曇っているのが多いのは何かを示唆しているの、かな。
裸のシーンも多いし(ボカシは入っているものの昔のことを思うと隔世の感が)、ちらりと愛憎も覗いたりするんだけど、映っている風景はあくまでも美しい。綺麗なものしか見たくない、見せたくないとの意志が感じられるほど。

エピソードのひとつに俳優のものがあるんだけど、舞台挨拶で配給会社の人が日本の俳優の名を出したんだけど、私はずっと張國榮のことを想っていた。

公開前にレズビアン&ゲイ映画祭に出品すればよかったんじゃないかと思ったんだけど、タイミングが合わなかったのかな。
映画祭に向いてると思うんだけど。

Voyage2


Voyage3

 上映前の舞台挨拶と上映後のロビーの様子はこんな感じ。
音音姐の左がSCUD監督、右がセバスチャン・カストロくん。日本人の血が入ってるけど、初来日なんだそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八仙飯店之人肉饅頭」 (八仙飯店之人肉叉燒飽) ヒューマントラストシネマ渋谷

220pxbaisin_foodshop1

 特集上映「スーパークレイジー極悪列伝」の3本目。
ワタシ的最後を飾るのは「八仙飯店之人肉叉燒飽」。
東京ファンタスティック映画祭で初見だったんだけど、あの渋谷パンテオンの大スクリーンで観た記憶は強烈で忘れられない…。 あれ以来叉燒飽が駄目になって、その後訪港時に一切食べなかった友達がいたなぁ。譽満坊行ったのに…。

 そして今回。
27日の木曜に20年ぶりくらいに再鑑賞。
やっぱりあの頃は香港電影初心者だった故にいろいろ見逃してたんだなぁ、としみじみ。
ほかの2本と比べてフィルムの状態が悪いんだけど、だからこそ時代を感じて返って面白かったような気もする。ってか鮮明なリマスター版であれは観たくないわsweat01

 再度観なおしてもなんだか納得できないあの中途半端な感じは、この映画のちょっと前から流行りだした(流行らせた)実録モノ(最初は「羔羊醫生」だったかな)だからなのかね。
香港映画ってか香港のビジネスは時流に乗って儲けるためなら少々のことには目を瞑るし。
つじつまの合わないところは被疑者が死んじゃってるからねーで終わらせちゃう強引さがさすがですw
ってか被疑者死亡に付き捜査中断で終了ってことは彼が犯人じゃなかったかも知れない可能性もあるんだよね。

 プロデューサーが李sirで監督が邱禮濤。
これで知り合ったのか、その前から知ってたのかは不明ですが、邱導演と秋生哥は今でも親友ですね。
この後に作った「的士判官」未公開の「夢差人」、「伊波拉病毒」とずっと二人で組んでます。「葉問:終極一戦」もそう。

 で、この映画。
關寶慧がボーイッシュな刑事で巧い(演藝学院出身だし)んですが、周りの扱いがさすがに20年前。
いまならセクハラで非難轟々でしょうね。ま、李sirのネタも今じゃ出来ないなきっと。
李sirの周りの刑事たちも李sir組の黃柏文とか紀家發とかよく見る顔。
成奎安がいたのも覚えてるんだけど、今回びっくりしたのは劉兆銘が出てたこと。全然気がつかなかった。
今回顔見て初めて八仙飯店の老板が劉兆銘と気づいたわ。

チャーシュー饅に関してはあんまり気持ち悪くならなかったんだけど、この映画ってグログロ系+スカトロ系+スプラッタ系と全て網羅してるんで、観ながらマジ吐き気した。これは映画にとっては名誉なこと…なのかsign02

そういえば、初見でも感じた疑問再び。
叉燒飽ってひき肉にしないよね?
叉燒って固まり肉を焼いてさいの目に切って叉燒のタレみたいな餡と混ぜて作るよね?
ひき肉だと肉饅だよね?
あれ叉燒焼いてなくてひき肉をこねて餡にして饅頭作ってるんだけど。
なんでタイトル叉燒飽になったんだろ?

ま、これでこの映画は一生観直すことはない…と思うよ。ってか観直したくないsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »