« 「ALIAKE 能楽堂録画録音会」 | トップページ | 「NINAGAWA・マクベス」 シアターコクーン »

2015年9月22日 (火)

「赤坂大歌舞伎 2015」 赤坂ACTシアター

Akasaka_205010f_m

 2年ぶり4回目の赤坂大歌舞伎。

今回は勘九郎ちゃんが三番叟、七之助ちゃんがお染の七役。

 操り三番叟
勘九郎ちゃんの三番叟に後見は国生ちゃん。
ちょっと見ない間に大きくなっちゃってお父さんよりがっちりした感じ。

あんまり話題にならないけど、千歳と翁が新悟ちゃんと彌十郎さん。さりげなく親子共演。
お父さんに似て長身だけど華奢なので若旦那とか似合う風貌で、女役だと髷の分大きくて残念だなぁ、と常々思ってたんだけど。今回は最初から最後まで腰を落として舞ってた。
玉三郎が実は割りと大柄なんだけど、彼は腰と肩を落として華奢に見せているので舞台だと可憐に見えるんだよね。教えられたのか自分で勉強したのか、このまま女役で行くんだったら頑張って欲しいですね。
彌十郎さんは相変わらずの押し出しの見事な翁。

肝心の勘九郎ちゃんは軽々と本当に吊られているかのような足捌き。
客席からどよめきが起きるほど。

於染久松色読販

七役の七之助ちゃん、序幕でいきなり六役出てくる。可憐なお染、久松、奥女中、田舎娘のお光、芸者、蓮っ葉な姐さん。毎度の事ながら色っぽさに磨きがかかってます。こんな芸者なら田舎侍は骨抜きになっちゃうよね。
亀蔵さんは嫁菜売りの九助。前もこの役だったような気が。仮花道からの登場でいきなり天秤棒が壊れるアクシデントが起きるもさりげなくお芝居中に直しちゃって安定の亀ちゃんです。

勘九郎ちゃんと七之助ちゃんは観るたびに巧くなってるんで安心して観てられるなぁ。

|

« 「ALIAKE 能楽堂録画録音会」 | トップページ | 「NINAGAWA・マクベス」 シアターコクーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/61714615

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤坂大歌舞伎 2015」 赤坂ACTシアター:

« 「ALIAKE 能楽堂録画録音会」 | トップページ | 「NINAGAWA・マクベス」 シアターコクーン »