« 「第30回 富士山太鼓祭り」 御殿場 富士山樹空の森 | トップページ | 「愛知県警察音楽隊 ふれ愛ステージ in とよた」 豊田市コンサートホール »

2015年8月 3日 (月)

「三國妖狐譚」 渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール

Youko

 どこかの舞台を観たときに織り込みチラシの中に入っていた1枚。
パントマイム&歌舞伎というのに興味を持って、役者さんもマイムのグループも全く知らなかったけどチケット確保。

 開演前に席について、連れとなぜ座席から身を乗り出すと迷惑なのか?という最近どこかの新聞の投書欄に載ってちょこっとネットで話題になった話をしてたんだけど。目の前の男性がまさにそのタイプでしたよ。平面の席だったので半分ずつ席がずれてて本来なら見やすいように設計されてたんだろうけど。やたら姿勢がよくて椅子に深く腰掛けて背筋をしゃっきりと。その後前かがみもあり。話聞こえてなかったのかしらsign02

 で、舞台。
プロローグが山を思わせる群舞。(殺生石らしい)
1幕が天竺篇。
華陽婦人の話。
2幕が唐篇。
妲己の話。
3幕が日本篇。
でも玉藻の前の話じゃない。
エピローグ 歌舞伎の荒事で殺生石での狐退治。

天竺篇で華陽婦人こと九尾の狐に心奪われた男が時を越え、場所を越えて彼女を追い求め愛する、というのがメインテーマらしい。

で、この男が転生してもわかるように顔半分にケロイドのようなあざがあり(これはわかる)身体も不具で歩くのが不自由。端的に言ってしまえば跛を引く。この辺はちょっと不愉快。必然性が感じられないから。

日本篇が平安から江戸に時代が代わってるのは唐土と平安朝だと衣装があんまり変わらないからなのかな?
あと平安朝だと三味線も使えないし。ま、粋な芸者の姐さんは見栄えもするからね。
天竺と唐はなんちゃって衣装でもそれほど違和感もないし。音楽は両方とも筝(十三弦と十七弦)でちょっと残念だったけどね。天竺はシタール、唐は古筝あたりを使って欲しかったけど贅沢かsign02

で、日本篇は時代が江戸なので三味線。
ってかここまでは過去のお話をほぼ踏襲してるので科白がほとんどなくてもわかったけど、日本篇はオリジナルsign02なので説明がいる。ので普通に科白があるんだけど京蔵さんはもちろん問題ないんだけど、ほかの人がね…。普段はマイムとダンスだけなのかな? ちょっと聴くのが辛い。
で、一番のクライマックスは浄瑠璃で。
このアイディアいいsign03 太夫がいつもの節回しで現代語でうなるのも新鮮sign01 舞台とちょっとしたお茶目なやり取りなんかもあって。コクーン歌舞伎なんかだと逆に黒御簾代わりにチェロとかギターとか洋楽器を使うからこんなイジリは見たことなかったわ。個人的にはこれを見られただけでも行った甲斐があったかもshine

日本篇の衣装は京蔵さんだけ縞の長着に献上帯締めてきりっとしてるんだけど、ほかのおねーさんたちはミニのガウンキモノみたいなのにサッシュ締めてまるで場末のキャバクラ。武士役や太鼓持ちもひどいもん。もうちょっとどうにかならなかったのかねぇ。

あと群舞。特に狐の嫁入りとかあれはきっちり揃って一斉に振り向くから怖さが増すんであってバラバラに向かれてもねぇ。


ここはなんどか大ホールのさくらホールには来てるんだけど伝承ホールは初めて。
ほど良い大きさで壁は板塀風だし両側には桟敷席もあるし(掘りごたつ形式で足伸ばせたけど)、花道もあって邦楽や落語にはよさそう。祥くんもここでリサイタルしたんだよね。

|

« 「第30回 富士山太鼓祭り」 御殿場 富士山樹空の森 | トップページ | 「愛知県警察音楽隊 ふれ愛ステージ in とよた」 豊田市コンサートホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/61007202

この記事へのトラックバック一覧です: 「三國妖狐譚」 渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール:

« 「第30回 富士山太鼓祭り」 御殿場 富士山樹空の森 | トップページ | 「愛知県警察音楽隊 ふれ愛ステージ in とよた」 豊田市コンサートホール »