« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月29日 (水)

「第30回 富士山太鼓祭り」 御殿場 富士山樹空の森

150726

 基本的にはイベントは行かないんだけど、今回は太鼓とコラボがあると聞いたのとそれほど遠くないので参加決定。
 太鼓祭りそのものは25日26日の土日2日間に渡って、なんと朝10時半頃から行われてるらしい。
スギテツの出番はグランドフィナーレ。つまり大トリ。
当然出入り自由なので間に合えばいいやと午後からゆっくり出かける。この頃ならさすがに渋滞もないし。
 渋滞がないせいか思ったより早く着いて、ゲストその1のエイサーや優勝者のパフォーマンスも見られた。
太鼓の今の形の演奏は英哲さんが始めた、とご本人がおっしゃってたけど、確かに英哲さんに似てる。
途中からなのでプロフィールとか全然わからないんだけど、プロの奏者のヒトなのかな。

 で、表彰式後スギテツの登場。
雰囲気が思いっきりアウウェイsweat01

----------------- 以下セットリスト --------------------

1. 剣のずいずいずっころばし
2. 美しき青きドナウ川のさざ波殺人事件
3. 序曲「暴れん坊将軍」
4. 北辰一刀流の舞 with 富岳太鼓

---------------------------------------------

前半は営業用標準セット。
もちろんドナウ河の後には擬音コーナーあり。

最後の北辰一刀流の舞は地元で歴代受賞者を多数輩出している富岳太鼓のメンバーとのコラボ。
これが目的で行ったようなもん。
なかなか聴き応えのあるコラボだったけど、さすがにこの大きさの太鼓とほかにも5~6台の太鼓なので音量的にヴァイオリンが辛かった感じ。こんなときこそ電子ヴァイオリンなんだけどね。でも音響がイマイチなのでそれでも駄目だったかも。
野外&メインがあんまりスピーカーを必要としない楽器だったからね。
それでも、その大きなハンディをものともせずピアノ&ヴァイオリンが頑張ってた。

会場には屋台は出てるし、後ろのほうは芝生で椅子とテーブルがあるし、のんびり聴くにはいい環境でした。
もうちょっと音響がよければ言うことなしなんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

「阿弖流為」 新橋演舞場

Pl_en150702

 歌舞伎NEXTと銘打った新作。
以前、劇団新感線の舞台に染五郎が出ていた(そうだ)のが縁で新感線の脚本を歌舞伎用にリライトした(らしい)。
演出も新感線のいのうえひでのり。

 染五郎が阿弖流為。唯一(?)新感線の舞台経験者。
坂上田村麻呂が勘九郎、鈴鹿(阿弖流為の恋人)と立烏帽子が七之助。
元がいわゆる小劇場芝居なので、特有の台詞が長い・多い、怒鳴るような声が踏襲されてて主演3人汗だくの熱演。ライトに飛び散る汗が見えたしその汗がこっちにも来そうだったわ。
あの台詞回しはつかこうへい以来なのかな。

 で、舞台なんだけど花道が上手にも付けられてて上手下手2本の花道を役者が走り回る&上手と下手で台詞のやり取り、と演舞場で歌舞伎役者が演る小劇場なカオス。
客席も普段は見かけないような新感線ファンと思しきお嬢さんがちらほら。

 勘九郎ちゃん、いつも思うけど毎回上手くなってる。今回もあざといほど大げさな表情がくるくる変わって見事。
七之助ちゃん、ちょっと複雑な二役なので声の出し方に工夫してるんだけど、相当のどに負担がかかってるみたい。来月は大阪でまた一月なのでここでのどを休ませてくださいね。いつもの綺麗綺麗だけの役じゃないけど、その分凄みが増してる。
染五郎、勘九郎ちゃん七之助ちゃんと一緒だとどうも口跡がよくない感じがしてしまう。見得とか綺麗なのにね。ま、高麗屋はこんな感じだから仕方ないといえば仕方ない。

 亀蔵さん、今回も亀蔵さんじゃなきゃ出来ないような役。新作はこれがあるから楽しみsign03
もうね、亀蔵さんの魅力大爆発ですよheart04 私のFBでも周りで観たひとはみんな大絶賛sign01
ヴィジュアルもモヒカンだしw なのにラブリーheart04

 新悟ちゃん、蝦夷の巫女役。 なかなか面白い役作りをしてて最初新悟ちゃんだってわからなかった。
彌十郎さん、堂々の重鎮。けれん味たっぷりな衣装にまさかのカメハメ波発射thunder なんなくこなしてしまうあたりはさすが彌十郎さんsign01
萬次郎さん、これまたけれん味たっぷりな役をあざとく演じてて、重鎮が二人揃って余裕で遊んでる感じがいいですねぇ。

こんなのを観ると歌舞伎ってなんでもあり、ってのを再確認させられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

「スギテツ ツアー2015 ~新幹線の車窓から~ 米原追加公演」 米原ルッチプラザ ベルホール310

150705

 東名阪3公演+焼津公演が終わってから4ヶ月。
追加公演は新幹線沿線の米原。日曜日の昼公演という設定は遠征組を見越しての措置?w

ということで初米原。
もの凄く久しぶりのひかり乗車(名古屋とか京都だとのぞみだから)。名古屋前はひとつしか止まらなかったので意外に早かった。
米原から東海道線に乗り換えて戻る形で2つ。近江長岡駅で下車。
各駅停車(関西圏に行って慣れない言葉のひとつが「普通」)はこの間京都でびっくりした4人がけの席。
折り返し始発だったので、これまた乗車した人が当たり前のように背もたれをひっくり返してるsweat01

で、着いた駅はタッチパネルがない改札。
なんで改札でこんなに並んでるんだろうsign02と思ったらsuika(関西はikoka?)の処理をひとりずつ手書き証明を書いて処理。そりゃ時間がかかるわけだわ。
駅を出たら…なんにもない。案内看板はおろか店がない。ひともいない。
ルーターが調子悪くて(帰宅後調べたら新幹線で半分寝ながらへんなとこ押しちゃったのが原因と判明。)マップアプリが使えない。困ってたらホールに行く方が居たので一緒に行かせていただく。徒歩10分とか書いてあったけど15分はたっぷりかかったような気が。

 たどり着いたのは箱物行政の象徴のような山の中に立つそぐわない建物。
普段は人気(にんき じゃなくて ひとけ ね)ないんだろうなぁ。
当然のようにほとんどの人は車で来てた模様。

--------------------以下セットリスト--------------------
1. 新幹線ひかりチャイム+剣のずいずいずっころばし
2. アイネ・クライネ・キューピー3分クッキング
3. 笑点メヌエット
4. 犬のおまわりさんの運命2015
5. NHK今日のカルメン
6. 美しき青きドナウ川のさざ波殺人事件

擬音コーナー
  パトカー・救急車・踏み切り・コンビニ

7. 扁桃腺上のアリア

音楽実験室 白衣をはおる
1時限目
8. ハンガリー記号舞曲
2時限目
9. サン・サーンスの白鳥が白鳥以外のものだったら。(鶯・猫・子犬・馬・ゴジラ)

10. トムとジェリー2015 可愛い逃亡者

新幹線開業のニュース映像・開業までの道のり 白燕尾服に着替え
11. 2億4千万の瞳

溝口肇さん登場。
12. 夢と想い出のミュージアム トリオヴァージョン
13. だったん人の踊り
14. MY FAVORITE THINGS
アルミのVn. Vc.
15. 世界の車窓からテーマ曲
溝口さん退場。

16. チャルダッシュ

アンコール
17. PEACE 溝口肇
18. リベルタンゴ トリオヴァージョン
溝口さん退場。
19. はしれ!ちょうとっきゅう!
----------------------------------------------

初めての場所なので前半はスギテツ初めてのヒト向けプログラムが多し。

今日のカルメンはいろいろ改良されてて、エプロンもさっと羽織って肩紐落ちなかったしコンビーフは適度に温まってて缶からすっるっと抜けたし。杉浦さんがチカラ入れすぎて(今までは冬で硬かったからね)コンビーフのカケラやマヨネーズをちょこっと床にこぼしちゃったけど。

2億4千万の瞳は全開の曼荼羅公演を踏まえて途中でメインメロディが入れ替わるヴァージョン。嬉しいheart04

溝口さんは今日は黒タキシードに黒蝶タイ。
桐朋vs.藝大話はワロタw

アルミチェロとアルミヴァイオリンも健在で相変わらずリベルタンゴは鳥肌もの。

ただ、観客が慣れてない感じでクラシックコンサートだから騒いじゃいけないと思ってる空気を感じた。
アドリブソロでもあんまり拍手しないし。終わったらすごい拍手が来るんだけどね。

終演後は車の人に同乗させてもらってお茶会。
ほんとに周辺になにもないのよsign01
ファミレスはおろかコンビにも。ホール内の喫茶店は終演時間には閉まってたし。終演後どこでお茶飲むんだろsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

「2CELLOS」 KAAT神奈川芸術劇場ホール

33388_1

 6月30日にKAATで行われたコンサート。
知らなかったけど去年も来てたらしい。
で、今年のコンサート。オーチャードホールの先行を申し込んだんだけどことごとく外れ。
なのでKAATを申し込んだら取れた。でも先行なのに2階席。KAATってM2階があるから実質3階席。ちょっと熱意が落ちる。
しかもこの日の終演後にオーチャードのチケット売ってるしsign01なにこれ。

 客席はファンの女の子とクラシックコンサート(とあまり変わらない)と思ってるであろうお年を召した方やらオバサマやら。軽くカオスw

 定時の7時からちょっと遅れて開演。
白いエレキチェロを手にしたルカ・スーリッチ登場。ちょっと遅れて黒いエレキチェロを手にしたステファン・ハウザー登場。黒のTシャツに黒パンツのカジュアル。

 最初はクラシック。ピアソラsign01
sign02 ストリングスがカラオケsign01
カラオケでエレキチェロなんてがっかりだわsign03
なんでアンプラグドでしないんだろ。バック入れないなら無伴奏チェロとかいくらでもあるじゃん。
一気にテンション下がった。

その後のMCで「It's not classic. You can scream! You can standing.」しかも「You can take video,Take picture.」とか言ってたw

ドラムが入ってポップロックになってからはもう別物みたいによくなった。
どうせなら最初からこれでよかったのに。
クラシックも弾けるってとこを見せたいのならきちんと通常のチェロでマイクで音拾うくらいで演奏して欲しかったよな。エレキチェロだと音に深みがないし長音とか薄っぺらい。その辺きちんと使い分けて欲しかった。

docomoのCM曲とかそもそものきっかけになったスムース・クリミナルとかはよかったし。
サティスファクションを観客に歌わせようとしたのはちょっと無理があると思うけど。ファン層の女の子たちはローリングストーンズは詳しくないと思うよw

ところで。
今日(7月2日)のサントリーホールのコンサートではちゃんと通常のチェロでストリングスは生でクラシックを弾いたらしい。しかもヴィオラに生野くんいたしsign01
会場によって内容替えるんだったらきちんとアナウンスして欲しいわ。
ま、サントリーホールはKAAT取った後に追加で出たんだけどね。
なんだか凄く運が悪いというか縁がないというか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »