« 「ALIAKE 〜其の弐〜」 BLUES ALLEY JAPAN | トップページ | 「孫文の義士団」(十月圍城) 香港電影天堂最終章 シネマート六本木 »

2015年6月 6日 (土)

「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」(龍虎門) 香港電影天堂最終章 シネマート六本木

42b1f267_2

 5月28日 16:40~の回を鑑賞。
 実は観てなかったシリーズ。
ってかこの邦題どうにかならんのか。
古惑仔と同じ漫画が原作。なのでいろいろ突っ込みいれたいところは満載だけど(登場人物が全員うっとおしい前髪なのはなぜなのかsign02などなどw)とりあえず流してください、だって漫画だから。のノリ。

なにしろ最初キャスト見た時はニコちゃん(謝霆鋒)と阿樂(余文樂)が兄弟(龍と虎)だと思ってたくらい。
いくら2006年の映画でみんな若いとは言え王小龍が甄子丹さん、小虎が謝霆鋒とは思わなかったわ。ってかその兄弟の脇に堂々と当たり前のようにいる阿樂ってなにsign02 阿樂の石黒龍(日本語的には"いしぐろ りゅう"と読んでしまうw)って別に弟子だったわけでもなく、単なる道場破りにしか見えないんだけど。原作の漫画にはその辺のいきさつが書いてあるのかな。実はその説明だけで1巻か2巻使ってたりして。

 で、書いたけど製作が06年なので当然だけどみんな若いsign01
すれてないニコちゃんと阿樂のカワイイことheart04

そして脇役が豪華。
小龍・小虎兄弟の伯父で龍虎門宗主に王降龍。
小龍の母に鄧萃雯。
黒社會のボスに陳觀泰sign01
メインの女優二人は大陸の董潔(陳觀泰の娘)、李小冉(羅刹女)。二人とも小龍を愛してるのはお約束。
声だけだけど古天樂(マスクキャラ)。梁洛施(董潔の広東語)、官恩娜(李小冉の広東語)。
あ、白雲山に隠居してる武術の達人・奇侠に原作者の黄玉郎が扮してます。ヒッチコックパターンですねw

とりあえずストーリーはお約束満載のわかりやすいものなので、ひたすらアクションシーン(ほぼ乱闘シーン)を堪能する映画なのかも。痛いのが駄目なヒトには向かないですね。

|

« 「ALIAKE 〜其の弐〜」 BLUES ALLEY JAPAN | トップページ | 「孫文の義士団」(十月圍城) 香港電影天堂最終章 シネマート六本木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/60276345

この記事へのトラックバック一覧です: 「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」(龍虎門) 香港電影天堂最終章 シネマート六本木:

« 「ALIAKE 〜其の弐〜」 BLUES ALLEY JAPAN | トップページ | 「孫文の義士団」(十月圍城) 香港電影天堂最終章 シネマート六本木 »