« 「オーロラの愛」(極光之愛) 台湾シネマ・コレクション シネマート六本木 | トップページ | 冲方丁・ほか「SF JACK」 読了。 »

2015年4月28日 (火)

「平成中村座 陽春大歌舞伎」 浅草・平成中村座

Nakamuraza_201504ff

 前売り開始日をすっかり忘れて、気がついたらチケットほとんど残りがなかった…。
なので観たかった夜の部は買えず、昼の部の2階席に。でも1階席の後ろより2階席の前のほうが観やすかったかも。

1. 双蝶々曲輪日記 角力場
   彌十郎さんの濡髪、獅童さんの放駒。 彌十郎さんは長身でがっちりした体系なので似合うこと。
   獅童さんは与五郎との二役。相撲取りなのに腰の低い放駒となよっとした若旦那の対比がさすがです。
   新悟ちゃんの吾妻は出番は少ないながら綺麗どころが板についてきた感じ。
   以前に比べて相当腰を低くしている感じ。中腰での立ち居振る舞いはきついだろうけどその分身のこなしが綺麗になってきてるような。

2. 歌舞伎十八番の内 勧進帳
   安宅関での勧進帳の場。
   富樫が勘九郎ちゃん、弁慶が橋之助、義経が七之助ちゃん。
   常陸坊が亀蔵さん、国生ちゃん、宗生ちゃん、鶴松ちゃんがお付。
   筋書きで国生ちゃんが今年20歳になると読んでびっくり。もうそんなになるんだぁ。
   国生ちゃん、宗生ちゃんを引き連れてたら橋之助さんも心中大変だろうなぁw
   この場は富樫と弁慶の丁々発止なので橋之助さんの弁慶を堪能。
   七之助ちゃんは相変わらずお美しく。立役だけど。
   亀蔵さん、今回はこれも次も爺役w

3. 魚屋宗五郎
   宗五郎が勘九郎ちゃん、女房おはまが七之助ちゃん。
   幕開け、弔問にくる茶屋の母娘の母が本来なら小山三さん。ご冥福をお祈りいたします。
   娘の新悟ちゃん可愛らしい。
   亀蔵さんは宗五郎の父親。ということで今回2度目の爺w
   児太郎ちゃんはお屋敷奉公の娘役。数年前に書いた大根疑惑はだいぶ払拭されてきました。頑張ってますね。
   彌十郎さんのご家老は安定の巧さ。
   そして勘九郎ちゃん。酒立ちしてたのが妹がお手打ちの悲しさに酒を飲んで酔っ払う。酔って管を巻く。
   1作ごとにお父さんに似てくる。もちろんそのままお父さんでなく、勘九郎ちゃんの努力も感じられる。
   今回は小山三さんのこともあったのに平成中村座を背負って立つ苦労を微塵も感じさせない舞台が素晴らしい。

201504210840000_2

 この日は雨模様だったので長着は大島。帯は鯉のぼり。
締められる時期は短いけど、この帯すきなよのよね。
ちょうど浅草寺の境内に鯉のぼりが翻っていて、雨も上がって(雨草履のジンクスは今回もあたり)。

ところで。
今回初めて2階席に行ったんだけど、立見席ってのがあるのね。
一番後ろの席の背もたれに寄りかかって観るみたい。 で、下にお座布団があるんだけど、そこに座ると前後の板壁に挟まれるというw

|

« 「オーロラの愛」(極光之愛) 台湾シネマ・コレクション シネマート六本木 | トップページ | 冲方丁・ほか「SF JACK」 読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/59797701

この記事へのトラックバック一覧です: 「平成中村座 陽春大歌舞伎」 浅草・平成中村座:

« 「オーロラの愛」(極光之愛) 台湾シネマ・コレクション シネマート六本木 | トップページ | 冲方丁・ほか「SF JACK」 読了。 »