« 山田正紀「クトゥルフ少女戦隊(一)」 読了。 | トップページ | 林英哲コンサートスペシャル2015 『英哲 音楽会』―The Taiko 音楽 Concert― 世田谷パブリックシアター »

2015年1月17日 (土)

「南総里見八犬伝」 国立劇場大劇場。

H271nansousatomihakkenndenhonomote

 一昨年だったか新春浅草歌舞伎で発端と序段の浜路の段だけ上演したのを観たけど、今回は通し狂言。
それでも原作が長い話だから、なんだか駆け足であらすじみたい。

 
発端。安房・富山。
 八房と伏姫、八つの珠と八剣士の話を駆け足で。伏姫は右近くん。今回は八房が「歌舞伎の犬」じゃなくて「八房の精」として犬耳・ヒト型(白の長着に茶や黒のぶち模様)で現れ所作だけでやり取り。珠が大きすぎsign03とかいろいろ突っ込みどころはあるものの、右近くんの独断場。なかなかよかった。
金碗大輔が影も形も無くてかわいそうwとか(それを言ったら出てこない主要人物山盛りだけど)。

 序段の浜路。
蟇六夫婦。国立劇場新春恒例の流行語大賞ネタ。元ネタがわからなのでなんだか分からず。
梅枝の浜路、可愛かったけど信乃が菊之助なんでちょっと不利? 菊ちゃんの信乃さまがそれはそれは綺麗だったからねぇ。網乾左母二郎の松緑、しばらくぶりに観たけど痩せた? 輪郭がシャープになってる感じ。色悪という点ではちょっと色気が足りなかったかも。

 芳流閣の決闘。
名高い信乃と現八の戦いの場。菊ちゃんと松緑さんもさることながら、素晴らしかったのが大部屋のみなさん。
国立養成所出身の人たちだと思うけど、とにかく身のこなしが綺麗。とんぼ切って着地のときに音がしない。二人越えのジャンプとかしちゃうし。序段の八房の精も凄く動きが綺麗だった。
スーパー歌舞伎をこのメンバーで演ってくれたら絶対すごいよね、と連れと話したくらい。

小文吾の亀三郎さん、あまり記憶にないんだけど、今回の小文吾は私のイメージする小文吾に近かったな、よかったです。
時蔵さんの毛野。いつもの時蔵さんのあのふんわりした雰囲気の毛野で可愛かった。
左團次扇谷定正。真面目な役なのでちょっと物足りない。私の中では亀蔵さんと並ぶボケキャラ担当w
親兵衛の左近ちゃんは出てくるだけで拍手貰ってたw

ところで。
ひとつ疑問だったのが対牛楼の場面で扁額の字が「琴弾牛対」だったんだけど、「対」じゃなくて「對」なんじゃないか?この時代に略字は書くまいに。

|

« 山田正紀「クトゥルフ少女戦隊(一)」 読了。 | トップページ | 林英哲コンサートスペシャル2015 『英哲 音楽会』―The Taiko 音楽 Concert― 世田谷パブリックシアター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/58613983

この記事へのトラックバック一覧です: 「南総里見八犬伝」 国立劇場大劇場。:

« 山田正紀「クトゥルフ少女戦隊(一)」 読了。 | トップページ | 林英哲コンサートスペシャル2015 『英哲 音楽会』―The Taiko 音楽 Concert― 世田谷パブリックシアター »