« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月17日 (土)

「南総里見八犬伝」 国立劇場大劇場。

H271nansousatomihakkenndenhonomote

 一昨年だったか新春浅草歌舞伎で発端と序段の浜路の段だけ上演したのを観たけど、今回は通し狂言。
それでも原作が長い話だから、なんだか駆け足であらすじみたい。

 
発端。安房・富山。
 八房と伏姫、八つの珠と八剣士の話を駆け足で。伏姫は右近くん。今回は八房が「歌舞伎の犬」じゃなくて「八房の精」として犬耳・ヒト型(白の長着に茶や黒のぶち模様)で現れ所作だけでやり取り。珠が大きすぎsign03とかいろいろ突っ込みどころはあるものの、右近くんの独断場。なかなかよかった。
金碗大輔が影も形も無くてかわいそうwとか(それを言ったら出てこない主要人物山盛りだけど)。

 序段の浜路。
蟇六夫婦。国立劇場新春恒例の流行語大賞ネタ。元ネタがわからなのでなんだか分からず。
梅枝の浜路、可愛かったけど信乃が菊之助なんでちょっと不利? 菊ちゃんの信乃さまがそれはそれは綺麗だったからねぇ。網乾左母二郎の松緑、しばらくぶりに観たけど痩せた? 輪郭がシャープになってる感じ。色悪という点ではちょっと色気が足りなかったかも。

 芳流閣の決闘。
名高い信乃と現八の戦いの場。菊ちゃんと松緑さんもさることながら、素晴らしかったのが大部屋のみなさん。
国立養成所出身の人たちだと思うけど、とにかく身のこなしが綺麗。とんぼ切って着地のときに音がしない。二人越えのジャンプとかしちゃうし。序段の八房の精も凄く動きが綺麗だった。
スーパー歌舞伎をこのメンバーで演ってくれたら絶対すごいよね、と連れと話したくらい。

小文吾の亀三郎さん、あまり記憶にないんだけど、今回の小文吾は私のイメージする小文吾に近かったな、よかったです。
時蔵さんの毛野。いつもの時蔵さんのあのふんわりした雰囲気の毛野で可愛かった。
左團次扇谷定正。真面目な役なのでちょっと物足りない。私の中では亀蔵さんと並ぶボケキャラ担当w
親兵衛の左近ちゃんは出てくるだけで拍手貰ってたw

ところで。
ひとつ疑問だったのが対牛楼の場面で扁額の字が「琴弾牛対」だったんだけど、「対」じゃなくて「對」なんじゃないか?この時代に略字は書くまいに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

山田正紀「クトゥルフ少女戦隊(一)」 読了。

 偶然ながら引き続きThe Cthulhu Mythos Filesの1冊。
あとがきに「書いてたら1冊で収まらずに上下巻になった」風なことが書かれてましたが、とりあえず上巻の感想を。

 私のとっての山田正紀のイメージは、ごく初期のバリバリハードSFやミステリーでも社会派というか硬派なものだったんだけど。Twitterでオヤジギャグを書いてるのを見てややイメージが軟化し。
 で、今回の「少女戦隊」はセーラームーンのパロディというかカリカチュア。
重なる「現実世界」と「戦隊の一員として戦っている仮想の世界」。表裏一体でどちらが現実なのか?
「現実」と「仮想」の世界をまたぐ「敵」の正体。
散りばめられた「萌え」要素。さりげなく入るオヤジギャグw

 読み慣れた硬派なそっけないとも取れる、いつもの文体で書かれたいつもとはちょっと違う話。
ネタにはきっちりセルフ突っ込みも入ってるしw

脳裏に「真面目な顔して、さりげなくオヤジギャグを飛ばすおじさん」が浮かんでくるのは私だけだろうか?w

とりあえず下巻を早く読みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「壽初春大歌舞伎 昼の部」 歌舞伎座

Kabukiza_201501ff

 先週行ったのに書いてなかったわ。
今年の初歌舞伎は歌舞伎座。 個人的にもいろいろと"初"があったわ。

「祇園祭礼信仰記 金閣寺」
 舞台は初春…ではなく春爛漫の桜満開のころ。
金閣寺に将軍の母を幽閉して、自らも立てこもる松永大膳(弾正)(染五郎)。
彼が横恋慕している狩野派の絵師の娘・雪姫(七之助)。
そこに敵方から寝返りを申し出た此下東吉(木下藤吉郎)(勘九郎)。

 七之助ちゃんはそれは綺麗な姫様で、狩野派の家に生まれ自分も絵を描く役どころ。祖父にあたる雪舟が囚われたとき、涙で描いた鼠に助けられた故事に習い桜の花びらで鼠を描いて助かる。
 その夫役に笑也さん。笑也さんの立役は初めて。絵師なのでバリバリ荒事の立役というわけではないけど新鮮でしたわ。
 勘九郎ちゃんは前半寝返ると見せかけて、後半は侍姿に戻って討ち入る役。藤吉郎に相応しく前半はとんちを利かせたやり取りあり、後半は凛々しい侍。

「蜘蛛の拍子舞 花山院空御所の場」
 頼光と四天王、女郎蜘蛛退治の話。
こちらも久しぶりの七之助ちゃんの立役。病に臥せった頼光だから紫鉢巻でちょっと儚げ。
渡辺綱に勘九郎ちゃん。
白拍子実は女郎蜘蛛の精に玉三郎。白拍子のときも女郎蜘蛛の正体を現したときも大きく見えたんだけど、周りが小柄だったせいかなぁ。それとも役作り? 今まで勘三郎さんと一緒のときとか勘三郎さんに合わせて腰を落として小さく見せてたことが多かったから、対談とかで羽織袴姿やスーツ姿を見て意外に背が高くて驚いた記憶があるんだけど。
坂田金時の染五郎。押戻しと言われるその場をさらっていく役どころだけど、文字通り最後に登場してその場を全部掻っ攫って行ったw

「一本刀土俵入」
 駒形茂兵衛の幸四郎。幕開けはちょっと裸の大将入ってた感じw 後半の渡世人はさすがのカッコよさ。
 お蔦の魁春さん。場末の酌婦のうらぶれ感がいい感じで出てましたわ。
 幕開けに一番沸いたのは子役の角兵衛獅子。子役がとんぼを切ると大うけ。

 河岸山鬼一郎の大谷桂三という役者さん。10年前は取手宿のチンピラ、その後親分を演じてたんだけど。初めて観たヒトだと思うんだけど、役作りなのか地なのか歯が悪いのか?と思うくらい口跡が悪い。もごもごしてて科白が聞き取れない。ま、一度しか観てないからどっちなのかは判断できないけどね。

 201501081240000

 お食事のほうおう膳は初春だからかお作りが鮪と鯛で紅白になってたり、黒豆があったり。見本と違って茶碗蒸しが無かったけど、お吸い物に入った湯葉に歌舞伎座の紋が焼印されてたり、フルーツと上生菓子が付いてたり。美味しゅうございました。

これであの社食風の部屋と調度がもう少しどうにかなれば言うことないんだけど。
連れがいつもほうおう膳以外のものを頼むので3階の大食堂風のほうにしか行けないのがわるいのか?
もしかして2階のほうはもう少しマシ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

「NHKナゴヤ ニューイヤーコンサート2015」 愛知県芸術劇場コンサートホール

Ny15_3

 4年連続の出演でもはや恒例になった感じのニューイヤーコンサート(但し名古屋)。
3日は名古屋というのも恒例になりそう。
去年は有楽町のゲーセンだかパチンコ屋だかの火事騒ぎで一日新幹線ダイヤが乱れて大変だったけど、今年は年末からの雪で関が原辺りの徐行運転があって15分から20分ほどの遅れ。ま、これくらい去年の人災に比べたら遅れのうちには入りませんわ。

 で、コンサート。
今年の出演はソプラノ・坂口裕子、ピアノ・仲道郁代、ヴァイオリン・松本蘭と美人揃い。
バンドネオン・三浦一馬、テノール・秋川雅史、スギテツ。三浦くんと鉄平ちゃんもカッコかわいいheart04

ソプラノの坂口さんは地元出身とのこと。すらっとした長身でヴァイオリンの松本さんも長身なので間の仲道さんがもの凄く小柄に見えましたわ。
坂口さんはなかなかの声量でパワフルな高音が特徴なのかな。
松本さんはのびのびとした環境ですくすくと育ったんだなぁ、と感じさせる素直な音。
三浦くんとの「リベルタンゴ」は素直でカワイイ演奏でタンゴの色気とかある種の淫靡さがまったくない。演奏は巧いけど、小学生が踊るタンゴを彷彿とさせる音でしたわ。ま、色気はこれからだよね。
仲道さんはグリーグとシューマンという、あのふわっとした雰囲気にふさわしい選曲。

 スギテツは今回はコーナー丸ごと任されて、ほかの出演者とのコラボがなし。ちょっと残念。
インタビューもなくてちょっと隔離状態…?sweat01

以下曲目リスト

1. R・シュトラウス ~交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」より 指揮:円光寺雅彦 名古屋フィルハーモニー交響楽団
2. イタリア民謡 サンタ・ルチア 指揮:円光寺雅彦 名古屋フィルハーモニー交響楽団 テノール 秋川雅史
3. ヴェルディ 歌劇「椿姫」第1幕から 乾杯の歌「友よ、さあ飲みあかそう」 指揮:円光寺雅彦 名古屋フィルハーモニー交響楽団 テノール 秋川雅史 ソプラノ 坂口裕子
4. ヴェルディ 歌劇「椿姫」第1幕から 「ああ、そはかの人か~花から花へ~」 ソプラノ 坂口裕子
5. エルガー 愛のあいさつ ピアノ 仲道郁代 ヴァイオリン 松本蘭
6. グリーグ 叙情小曲集 第1集から アリエッタ ピアノ 仲道郁代
7. グリーグ 叙情小曲集 第5集から 夜想曲(ノクターン) ピアノ 仲道郁代
8. シューマン 「こどもの情景」作品15から トロイメライ ピアノ 仲道育代
9. ドボルザーク ユモレスク 作品101 第7 ヴァイオリン 松本蘭 ピアノ 仲道育代
10. クラシックで遊ぼう! 新春聴き初め・笑い初め ピアノ・ヴァイオリン スギテツ
   剣のずいずいずっころばし
   サン・サーンス 白鳥より 鶯・ネコ・馬
   擬音コーナー
   仏よ、人の望みの喜びよ 名古屋フィル 弦楽パート加入。
   日本舞曲第5番 名古屋フィル 弦楽パート加入。
11. ドボルザーク 交響曲 第9番 ホ短調 作品95「新世界から」第4楽章

休憩

12. 山田耕作 からたちの花 ソプラノ 坂口裕子
13. ガーシュイン ラプソディ・イン・ブルー バンドネオン 三浦一馬
14. ピアソラ リベルタンゴ バンドネオン 三浦一馬 ヴァイオリン 松本蘭
15. サラサーテ チゴイナーワイゼン ヴァイオリン 松本蘭
16. モーツァルト セレナード第13番 ト長調「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」から 指揮:円光寺雅彦 名古屋フィルハーモニー交響楽団
17. 映画「アナと雪の女王」から「ありのままで」 指揮:円光寺雅彦 名古屋フィルハーモニー交響楽団 ソプラノ 坂口裕子
18. 新井満 「千の風になって」 指揮:円光寺雅彦 名古屋フィルハーモニー交響楽団 テノール 秋川雅史
19. ヨハン・シュトラウスⅠ ラデツキー行進曲 作品228 指揮:円光寺雅彦 名古屋フィルハーモニー交響楽団

アンコール
ヨハン・シュトラウスⅡ 春の声 指揮:円光寺雅彦 名古屋フィルハーモニー交響楽団


NHKは独特の言葉遣いをすることがあるけど、今回もツァラストラは「かく語りき」で覚えてたのを現代語訳sign02してるし、「チゴイネル」ワイゼンも英語読みsign02にしてるし。
ま、大筋には関係ないけどね。

そして今回も帰りには生花がお土産に。
JAが協賛に入ってるからかな。去年のカーネーションも綺麗だったけど、今年の薔薇はそれはそれは美しく。
花屋さんでは産地指定は出来なさそうだから、直売所で買わなきゃ買えないのかな。でも車じゃないと無理そうなところばかりだわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牧野修「呪禁官百怪ト夜行ス」 読了。

 ばたばたしてたら年が明けてお休みは終わってるし。
その上、この本は8月の「お江戸deハナシをノベル!!」のときに買って牧野さんにサインを入れていただいたもの。今までほっといていったい毎日何してるんだかsweat01

 The Cthulhu Mythos Filesのシリーズ。
クトゥルフで対抗する組織が世界中の呪術寄せ集めで、あれがあってあれもあって…とラノベの王道ともいえる。
牧野さんのお名前は(田中啓文さん絡みで)良く拝見はするものの、申し訳ないけどまだ作風がつかめるほど読んでないんだよね。一番印象に残ってるのがグインシリーズだったりするくらいで。

 で、そのくらいの認識での感想。
舞台は近未来の日本ではあるものの雰囲気的にはゴシックロマンっぽいし、意図的に密教やらヘブライ語の呪文やらを総動員して設定を組み立てたり物語世界の構築が巧い方なのかな、と。

あとがきによると前作があるみたいだし、シリーズものになる感じなので次回作も期待。
ちょっとお話しただけだけど、世界観が出来上がってる中で書くのはお得意なようなので、シリーズ化もいけるかも。ってかここまで作りこんで2・3作じゃもったいないわ。

それと読んでて画が浮かんでくるので映画化もいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »