« 「メナムの残照」(Khu Gam) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ日本橋 | トップページ | 「香港ミニチュア展」 池袋サンシャインシティ 噴水広場 »

2014年11月 4日 (火)

「ミッドナイト・アフター」(那夜凌晨,我坐上了旺角開往大埔的紅VAN) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ日本橋

The_midnight_after_early_movie_pos

 今回のTIFF6本目にして初の広東語映画。
純粋香港映画は結局これ1本。ま、アジア系は特集がタイだったってのもあるだろうけど、許鞍華がほとんど大陸映画だったしね。

 で、陳果ってこんな作風だったっけ?と思っちゃったよ。原点回帰、なのかな。
むちゃくちゃでパワーがあって放り出しっぱなしなのに面白い。
もうね、前編だよねこれ?解決篇が出るんだよねその後?って感じ。
ネタに使われてる"俺たちの旅はこれからだ!"そのままw

 タイトルは英語題「The Midnight After」そのままで、ストーリーは中文題そのまま。
深夜旺角から大埔に行く紅VANの乗客17人が経験した異変…。
もうね、伏線いろいろ全部投げっぱなしsign01
それはそれは濃ゆいメンバーがいろいろ話すわけですよ。
紅VAN司機の林雪は運転しながら電話で喋り捲るし(ありがちだけど)、客の任達華さま(ビジュアルがすごいことになってますsweat01)はチンピラ感丸出しだし、黄叉南は相変わらずチャラいキャラだし、徐天佑は眼鏡がちょっとカッコいいキャラ(だけど話す北朝鮮客のネタは爆笑)だし。あ、「shine」って表記久しぶりに見た気がする、この二人まだコンビだったんだー。
白粉でぶっ飛んでる李璨琛とか宇宙的に(?)ぶっ飛んでる惠英紅姐さんとか。
文詠珊とか、周國賢は日本人役(発音がきれいなんでネイティブかと思ったわ)とか。

いかにもな旺角の夜から始まってSFになりミステリーになり。
小ネタもいっぱいあるけど、伏線は全く回収されず。なぜあんなところにいきなりあんなのが出てくるんだっーとか。書いてて意味がわからんなw

一時期の香港映画のパワーを感じてしまったのは今回唯一の香港らしい香港映画だから、なのかなぁ。

|

« 「メナムの残照」(Khu Gam) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ日本橋 | トップページ | 「香港ミニチュア展」 池袋サンシャインシティ 噴水広場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/57882164

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミッドナイト・アフター」(那夜凌晨,我坐上了旺角開往大埔的紅VAN) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ日本橋:

« 「メナムの残照」(Khu Gam) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ日本橋 | トップページ | 「香港ミニチュア展」 池袋サンシャインシティ 噴水広場 »