« 「Oh! Violin!!」 代官山 晴れたら空に豆まいて | トップページ | 「SOUND THEATRE LIVE"eclipse"」 築地・汐留BLUE MOOD »

2014年11月26日 (水)

倉阪鬼一郎「波上館の犯罪」 読了。

 この時期になると出版される恒例のバカミス。バカミス…とリンク先には書いてあったりするけど、これがバカミスかどうかは意見の分かれるところかも知れない。私個人のバカミスの定義だとちょっとバカミスからは逸脱してる。これもちょっと意味が違うけどパズル小説…のほうがしっくりくるかも。
 ま、この場合のバカミスもパズルも内容がおバカだったりパズルを扱ったり文章がパズルになってる(ある意味ではなってるけど)というわけではなく。

 内容的にはとても観念的な犯罪…といっていいのかな。
浮世離れした人たちの浮世離れした行為。
昔の映画とか2時間ドラマとか(最近は見ないのでどんな雰囲気かわからないけど)みたいな、感覚。
ドラマの中だけの上流社会。

ところで、氏はこれでこのシリーズは終了にするらしい。
確かにこの方向に進んでいくと早晩行き詰るよね。
この辺で幕引きはちょうどいいところではないかと思いますわ。

|

« 「Oh! Violin!!」 代官山 晴れたら空に豆まいて | トップページ | 「SOUND THEATRE LIVE"eclipse"」 築地・汐留BLUE MOOD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/58093783

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎「波上館の犯罪」 読了。:

« 「Oh! Violin!!」 代官山 晴れたら空に豆まいて | トップページ | 「SOUND THEATRE LIVE"eclipse"」 築地・汐留BLUE MOOD »