« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月27日 (月)

「もしも建物が話せたら」(Cathedrals of Culture) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ六本木

Original

 ヴィム・ヴェンダース製作総指揮の6話からなるオムニバス。

ヴィム・ヴェンダースがベルリンフィルのコンサートハウスを。
ミハエル・グルーガーがペテルブルグのナショナルライブラリーを。
マイケル・マドセンがノルウェーのハルデン刑務所を。
ロバート・レッドフォードがサンディエゴのソーク研究所を。
マルグレート・オリンがオスロのオペラハウスを。
カリム・アイノズがパリのポンピドーセンターを。
それぞれ製作。

6話で計165分なんだけど、全然長さを感じないsign01
私にとってヴィム・ヴェンダースは感覚がシンクロしてると言うかバイオリズムが合っててとても気持ちがいいんだよね。

今回も最初のベルリンフィルですんなり世界に入っていけて、なおかつベルリンフィルのコンサートハウスがとても居心地のよさそうな空間なので(ベルリンフィルの演奏もついててお得w)あの空間でオーケストラの音が聴けたら
それは気持ちよくリラックスできるだろうな、と。

で、引き続きペテルブルグの図書館。
これまたここにはペレストロイカの嵐は少しも行ってないかのごとく、前世紀から住んでいそうなおばちゃん達に采配されている、怪しくも魅惑的な空間。
帝政ロシア時代(であろう)ビザンチン形式の尖塔の付いた建物。
その中にみっしりと詰め込まれた革の表紙に金の装丁の書物。活版印刷出現前の版木で刷った書物たち。
そして、たくさんの図書カードが入った引き出しの木製の年季が入ったキャビネット。
三層に重なる回廊に沿った書棚。
あの埃臭い図書館のにおいが感じられるたくさんの部屋。
ここに住み込みたい衝動が抑えられませんでしたよ。

ノルウェーの刑務所は…ここはリゾートホテルなんじゃないか?と思うことしばしば。
「自由を束縛すること」に対する認識の違いなんだろうけど、納得できないわ。刑期の短い囚人なんだろうけどね。

ソーク研究所。
建築的にとても面白い建物。デザインもそうだし、建ってる場所も。アングルが面白いカットがしばしば出てくるので、海辺に孤立してるようなイメージ。
レッドフォードだけ組み立て方がちょっと違って、建物そのものに語らせるというより記録フィルムや関係者に語らせるシーンを組み合わせて構成してる。

オスロのオペラハウス。
これまたデザインが面白い建物。屋根のスロープがそのままベランダのようになり、通路になり。
ここでもオペラハウスのなか、オペラ歌手やバレエダンサーがしばしば登場。現代モノらしきオペラのプログラムが気になった。面白そう。バレエも現代物らしく、動きが独特でちょっと私はだめだわ。

パリのポンピドーセンター。
芸術系の建物は中のリポートも興味深い。
ここは建ったときにいろいろ物議をかもした記憶が。その後ルーブル美術館のガラスのピラミッドとか出来たけど。
現代アートの拠点だったら、建物そのものもアートになるよねぇ。

ところで。
日本版のTrailerは下のニコニコ動画の。
ドイツ版がyoutubeにあったんだけど、私はこっちのほうが好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ザ・レイド GOKUDO」(The Raid 2: Berandal) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ日本橋

20140627theraidgokudo_m

 24日(金)に鑑賞。
ワタシ的に今年の東京国際1本目。インドネシア映画。
2012年に公開された「ザ・レイド」に続編…らしい。1作目観てないのにいきなり2作目。でも全然問題なし。
主演の潜入捜査官がイコ・ウワイス。本人のコメントによるとアクションメインというよりダンサーらしい。
街を牛耳ってるボスの息子・ウチョのアリフィン・プトラがどうもジム・キャリーに見えて仕方なかったよ。ドイツ生まれらしいので(公式サイトから)、ハーフかクウォーターなのかな。

監督がイギリス人でやくざ映画とか好きで、と話しててなんでインドネシア?とか思ったらプロデューサーが奥さんなのね。インドネシア人。

アクションはすごいです。
インドネシアってかアジア系武道の動きと功夫っぽい動き。それにセパタクローのジャンプのようなスポーツ系の動きも入ってて私的には新鮮。
クライマックスのボスの用心棒との一騎打ちはもろ功夫の戦いでしたけど見ごたえありましたよ。
ロードショー公開が11月からなんであんまり詳細は書けないけど。

やたらマスコミが入ってると思ったら、日本人キャストが全員来てた。遠藤憲一・松田龍平・北村一輝。
舞台挨拶でもインタビューとかこの3人ばかりに振ってたけど、実はあまり出番は無かった。
この3人じゃなきゃいけない、って感じは全く無かったな。北村一輝は英語とかちょこっとインドネシア語とか喋ってた(科白で)けどね。

俳優さんがインドネシア系と華人系といるんだけど、華人系は午馬みたいなおっさんとかいてなかなか面白かったわ。主演のイコさんは意外に小柄な人だったけど、さすがに動きがすごい。
ゲロゲロエグエグなアクションなのでちょっと耐性あるヒト向け、かな。

あ、Trailerに本編ではカットされたシーンがあります。「鎗火」を彷彿とさせる…と書くとどこか分かるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

「加藤和彦さんの「想い出」~1965年から2009年まで~」 原宿クエストホール

Kato

 きたやまおさむ「トーク&ミュージック」の番外編? 19日に開催されたトーク&ミュージックは加藤和彦を偲ぶ会。
 テーマがテーマだけにいろいろと考えさせられることも多いトークではありました。
きたやまさん本人も「内輪話もあるので」と言っていたし。だから小さいところで(加藤さんの好きなホールで)とも言っていたしね。
 観客層も前回に続いて団塊あたりが多い感じなので、なんだか"自分たちの人生の始末のつけ方"(終活とか言うらしいが)を考える集い、みたいな感じでしたよ、一部は。

 小室さんのライブも加藤さんの好きな曲とか彼の作曲についてとか、単なるライブではなくてレクチャーつき。
全然傾向の違う音楽だったから小室さんが加藤さんに嫉妬してるとか意外だった。クリエイターとしては分かるな。
 そして、きたやまさんの「精神科の主治医としての立場と友人としての立場の違い」重いテーマです。
そして"ただ生きているのとヒトとしての意思を持った生"との違いがいかに大きいか。

 加藤さんはおしゃれで最先端で常に前を向いてきらきらしてたイメージしかなかったけど、内面にはあんないろいろあったことに、やっぱり一人のヒトなんだな、と思いを新たに。
いろいろ行く先を考えさせられる時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

豊田警察署「自動車関連窃盗防止・一日警察署長キャンペーン」

1010toyota

 基本的にはイベントには行かない。数曲しか聴けないし待ち時間が長いし。
今のところ例外はタワレコの新譜発売イベントのみ。

 で、今回は異例中の異例。だって警察官の制服だよsign02
そりゃ行くっきゃないでしょsign01
と言うことで豊田までプチ遠征。
新幹線+在来線だと乗り換えやなんかで結構時間が掛かるし、名古屋から戻る形なので新東名周りで豊田ICに向かった。新東名相変わらずアベ早すぎw 結局3時間ちょっとで着いたよ。
名古屋は運転荒いとか言われたけど、豊田の人は優しかったよ。他県ナンバーがギリギリ車線変更で割り込みになっちゃってもすんなり入れてくれたし。ほど良くのどかな駅前商店街に到着。

 警察関連のイベントなので最初はお偉いさんの挨拶とかだよね、と思って覚悟してたけど、署長と防犯協会(?)の会長とかの挨拶でかなり掛かった。長すぎ。疲れた。だって立ち見だったんだもん。

 で、やっとその後スギテツ登場。
演奏は3曲だけ。

1. 剣のずいずいずっころばし
2. 美しき青きドナウ川のさざ波殺人事件
3. アルバトロス

 美しき青き~では念願sign02の警察官の制服でPCの擬音演奏&パトライト点灯。演奏前はどこにも無かったパトライトが衝立の上から出てきたときは笑ったわ。
 PCの音の違いと車種もいつもより丁寧に説明。車の形式言われても良くわからんしsweat01 ゼロクラウンとY31が限界だわ。

 P1000302

 その後はスギテツが標語を読み上げるとか防犯グッズを配る、とかで終了。
←はグッズを配ってる二人。最初は二人だったのに途中から杉浦さん一人でほとんど配ってたよねw
ちなみにタスキの後ろ側にはでかでかと名前が入ってた。選挙かっsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「十月花形歌舞伎 夜の部」 新橋演舞場

Shinbashi_201410ff

 先代の猿之助が纏めた「猿之助四十八撰」のうちの1本。夜の部は「獨道中五十三驛」全幕通し。
開演が4時半で終演が9時半sign01 幕間が3回あって1時間ちょっとあるとはいえ5時間の大作。

 幕開けが芝居茶屋前の場で澤瀉屋の猿之助、女将の春猿、南北の錦之助が揃ってご挨拶。
カピバラ殿こと猿之助が5時間の長丁場ですがとご挨拶。
春猿さんと錦之助は夜の出番はこれだけだったよ。

 弥次郎兵衛の猿弥さん、喜多八の弘太郎さんの弥次喜多コンビはスーパー歌舞伎「空ヲ刻ム者」と同じく狂言回し役。この二人面差しが似てる気がするのは私だけかなぁ。 今回も科白なんだかアドリブなんだか良くわからないノリ突っ込みな二人。
 重の井姫が笑也さん。なんとなく姫は春猿さん、きっぷのいい姐さんは笑也さんというイメージがあったので私的にはちょっと意外な配役だったけど笑也さん可愛かったheart04
 あと、私的には久しぶりな隼人くん。凛々しい若侍でした。

 カピちゃんの18役早替りは幕開けだけの澤瀉屋、メインの由留木馬之助のほか計18役。
役の半分近くは終幕の「浄瑠璃お半長吉 写書東驛路」と名づけられた1幕での早替り。
ここでは浄瑠璃に合わせて登場人物全員を早替りで演じる1幕で五十三次のほうも宿場の数をだいぶ稼いでましたわw 箱根の向こうから品川辺りまで(すでに記憶があやふやだけど)かかってたもんな。
神奈川宿の雷さまは誰が入ってるかわからないわwとか思ってたら、きちんと本人だと証明するために(?)舞台上の傘の内で早替り。宙乗りは化け猫。伊勢湾では海中シーンもあってサービス満点でしたわ。

 いつも写真取り忘れちゃうんだけど、今回の月替りの膳は松茸ご飯。今年の初松茸だったわ。
美味しゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

シンプルピアス

201410021318000

 このところ彫金そのものをさぼってたし、作ってもあっち絡みだったりこっち絡みだったりして内緒wなものが多かったので、この間の帯留に続いて久々のUP。
 と言うことでずっとルースのままだったオパール(もどき、ね。玉器市場で買ったものだし)をシンプルなピアスにしてみた。
 爪は蝋着じゃなくて切り出し。板を爪+石の形に切り抜いて(象形文字の動物みたいな感じ?)ポストを蝋着して爪を起こして留めただけ。6mm×4mmくらいのサイズなんでデイリーに使えるようにしてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »