« 「加藤和彦さんの「想い出」~1965年から2009年まで~」 原宿クエストホール | トップページ | 「もしも建物が話せたら」(Cathedrals of Culture) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ六本木 »

2014年10月27日 (月)

「ザ・レイド GOKUDO」(The Raid 2: Berandal) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ日本橋

20140627theraidgokudo_m

 24日(金)に鑑賞。
ワタシ的に今年の東京国際1本目。インドネシア映画。
2012年に公開された「ザ・レイド」に続編…らしい。1作目観てないのにいきなり2作目。でも全然問題なし。
主演の潜入捜査官がイコ・ウワイス。本人のコメントによるとアクションメインというよりダンサーらしい。
街を牛耳ってるボスの息子・ウチョのアリフィン・プトラがどうもジム・キャリーに見えて仕方なかったよ。ドイツ生まれらしいので(公式サイトから)、ハーフかクウォーターなのかな。

監督がイギリス人でやくざ映画とか好きで、と話しててなんでインドネシア?とか思ったらプロデューサーが奥さんなのね。インドネシア人。

アクションはすごいです。
インドネシアってかアジア系武道の動きと功夫っぽい動き。それにセパタクローのジャンプのようなスポーツ系の動きも入ってて私的には新鮮。
クライマックスのボスの用心棒との一騎打ちはもろ功夫の戦いでしたけど見ごたえありましたよ。
ロードショー公開が11月からなんであんまり詳細は書けないけど。

やたらマスコミが入ってると思ったら、日本人キャストが全員来てた。遠藤憲一・松田龍平・北村一輝。
舞台挨拶でもインタビューとかこの3人ばかりに振ってたけど、実はあまり出番は無かった。
この3人じゃなきゃいけない、って感じは全く無かったな。北村一輝は英語とかちょこっとインドネシア語とか喋ってた(科白で)けどね。

俳優さんがインドネシア系と華人系といるんだけど、華人系は午馬みたいなおっさんとかいてなかなか面白かったわ。主演のイコさんは意外に小柄な人だったけど、さすがに動きがすごい。
ゲロゲロエグエグなアクションなのでちょっと耐性あるヒト向け、かな。

あ、Trailerに本編ではカットされたシーンがあります。「鎗火」を彷彿とさせる…と書くとどこか分かるかな。

|

« 「加藤和彦さんの「想い出」~1965年から2009年まで~」 原宿クエストホール | トップページ | 「もしも建物が話せたら」(Cathedrals of Culture) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ六本木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/57796936

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・レイド GOKUDO」(The Raid 2: Berandal) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ日本橋:

« 「加藤和彦さんの「想い出」~1965年から2009年まで~」 原宿クエストホール | トップページ | 「もしも建物が話せたら」(Cathedrals of Culture) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ六本木 »