« 「きたやまおさむアカデミックシアター 「あの素晴らしい愛について2014」」 渋谷公会堂 | トップページ | 有川浩「海の底」 読了。 »

2014年9月22日 (月)

「セデック・バレの真実」(餘生 賽德克·巴萊) 横浜中華街映画祭2014

1415209g3o9szaaoz2wnddjpgthumb

 去年に引き続きの参加になった横浜中華街映画祭。
去年は雙十節に行ってパレード見たりして楽しかったんで、出来たら今年も10日に行きたいなぁ。

 で、映画。
新宿k’sシネマであった「台湾巨匠傑作選」で日本初公開だったんだけど時間が合わずにいけなくていつ観られるかと思っていた「セデック・バレの真実」が掛かったので頑張って早起きしてw行ってきた。

 セデック・バレも長かったけど(そして長さを感じなかったけど)記録片も長かったー。150分越えsign01
でもこれも同じく長さを感じなかった(ってかお尻が痛くなって、そんなに長かったっけ?と思った)。

 霧社事件の主要人物の親族が次々出てくる。
事件の頃の新聞記事や(記事では霧社「事変」になってた)記録映像・写真などとともに語られる事件のその後。
部族語の合間に挟まる日本語の単語。部族語には無い単語はそのまま定着したんだろうな。若い世代は部族語がわからず國語で祖先の霊に語りかける。それを祖先に謝る父親。
仕方の無いこととはいえ、圧倒的に日本人が悪として語らせているのに胸が痛む。
劇中のおっちゃんの言葉に私も救われたよ。

そして観終わるとまたセデック・バレが観たくなる。

|

« 「きたやまおさむアカデミックシアター 「あの素晴らしい愛について2014」」 渋谷公会堂 | トップページ | 有川浩「海の底」 読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/57456326

この記事へのトラックバック一覧です: 「セデック・バレの真実」(餘生 賽德克·巴萊) 横浜中華街映画祭2014:

« 「きたやまおさむアカデミックシアター 「あの素晴らしい愛について2014」」 渋谷公会堂 | トップページ | 有川浩「海の底」 読了。 »