« 「炎立つ」 シアターコクーン | トップページ | 「指輪 神々の時代から現代まで ― 時を超える輝き」 国立西洋美術館 »

2014年8月29日 (金)

翡翠の玉を帯留加工してみた。

20140828_2

 なんかこのカテゴリーむちゃ久しぶり。年単位で書いてなかった気がする。
このところ彫金そのものがさぼり気味だったのに、作ってるものが内輪のものだったりしたので完成してもupしない(出来ない)ものだったからな。

 なので帯留が仕上がったのも久しぶり。
翡翠にカービングしたのが手に入ったので帯留にしようと思っていたんだけど、なんと細紐も入らないサイズだったので加工してみた。
で、ちょっと時間があったのでただアームを付けただけじゃ面白くないよな、と魔が射してしまってsweat01のがそもそもの始まりで。
横の支えを板からたたき出して曲げてみた。ひねってあるデザインって好きなんだよね。いろいろねじってるけど今回のは幅がある板をねじったのでむちゃくちゃ大変だった、いろいろと。
しかも出来上がったら、そんなの要らないので作ったものの半分近くを切り落としてしまう羽目に。それでも長すぎだよね。明らかにひねり部分が要らないもんsweat01

 次回は2mmか3mmの丸線辺りでもっと楽に作る予定←まだやるつもりなのかsign02
いっそ一周ひねりだけのリングでも作ろうかな。でも久しぶりにパヴェもしたいんだよね、ってかしないと忘れるからsweat01

|

« 「炎立つ」 シアターコクーン | トップページ | 「指輪 神々の時代から現代まで ― 時を超える輝き」 国立西洋美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/57223613

この記事へのトラックバック一覧です: 翡翠の玉を帯留加工してみた。:

« 「炎立つ」 シアターコクーン | トップページ | 「指輪 神々の時代から現代まで ― 時を超える輝き」 国立西洋美術館 »