« 「岡田鉄平・土屋雄作・真鍋貴之・杉浦哲郎 SPECIAL QUARTET 東京公演」 渋谷 duo music exchange | トップページ | で、なに? »

2014年6月27日 (金)

「Sounds in YUSAKU TSUCHIYA」 art cafe Friends 06/24

Yusaku_tsuchiya

 つっちーのソロライブ。
前回は3年前だったそうなので、つっちーを初めて聴いたころかな。
sound theatreまえのつっちーがどんなだったかちょっと聴いてみたかったかも。

本人曰く、今回はsound theatreの曲を楽器編成を変えてアレンジしなおして演奏したり、好きな曲やSIBERIAN NEWSPAPERであまり演奏されない曲をしたり、だそうです。

今回はトリオ編成でPf 広田圭美・Eb 酒井太・Vn 土屋雄作
1曲ごとに曲の背景やアレンジの話などしてくれてゆっくりペース。
なので7:30過ぎに始まったライブが途中休憩を挟んだとはいえ、終わったのは10:00過ぎw

会場のart cafe Friendsは去年の暮れにCasanova Stringsのライブで行ったお店。店名はともかくw ゆったりとした配置の店内でワインなど飲みながら食べるのにちょうどいい雰囲気のところ。
開場と開演の間が1時間半あるので、ゆっくり食べられました。

そうそう。
今回は5弦ヴァイオリンじゃなくて終始普通の4弦ヴァイオリンでの演奏でした。

----------------以下セットリスト----------
1. April Season From Adria
  アドリア海の4月。SIBERIAN NEWSPAPERのために書いた曲だそうですが、あまり演奏してくれなかったので、とのこと。 アドリア海の説明で「紅の豚」の舞台、と。…ボスコが目に浮かぶ。

2. Rythme de Magicien --A BASE METAL
  先週のスギリアンでも弾いた王子様ルックの曲。エレベが入るとまた雰囲気が変わります。

3. 琴線 --隠し剣 鬼の爪
  SIBERIAN NEWSPAPERが劇団キャラメルボックスの音楽を担当したときの曲。藤澤周平原作の時代劇。
  サビがかっこいいです!

4. ルナのテーマ  --THANATOS
   先月再演されたsound theatreのTHANTOSの曲。元々ピアノとヴァイオリンの曲なのでほぼオリジナル、と思われ。

5. Soul to Tango  --THE ONE
   Sword to Tango
  去年の3月に上演されたTHE ONEからの曲。桜の話をいろいろと。そういえば、終演後グローブ座の周辺の桜も咲いていたなぁ。

6. Change the World  --Eric Clapton
  好きな曲で弾きたくなったので、とのこと。個人的にはこの曲は未だに學友と杏子姐のNHKコンサートでインプットされてるw

7. Schrödinger's Dream  --hypnagogia
  sound theatreで3回(09・11・13年)上演されたヒプナゴギアの曲。3回とも観ていないので劇中の音楽は全く分からない。

---休憩15分

8. Allemande from Partita No.2 for solo violin in D minor, BWV 1004.   --Johann Sebastian Bach
  後半冒頭は一人で登場。珍しく純クラシック。 最近弾きたくなって練習してるんです、とのこと。シャコンヌじゃないところが拘り?(単なる推測ですけどw)

9. Black Crow  --A BASE METAL
  あんまり内容喋っちゃいけないんだよね、でも話さないと分からないし、と言いながらシュチュエーションを説明w 元はアコーディオンだったんので雰囲気がちょっと違う。

☆質問コーナー
  今回の目玉企画? 入場時に配られた用紙につっちーに聞きたいことを書いて箱に入れてください。無作為抽出でお答えします、と言うコーナー。
 なんかこの日のつっちーはよく喋ってた。ストレス解消法?何かあったら教えてください。スポーツは出来ないし。キャッチボールとかして肩痛めたら演奏できないし、とか。クラシックの人でメタルとかハードロックとか好きな人多いよね?、とか。

10. Take5
  好きな変拍子の曲とのことでまずは5拍子の曲。ピアノとベースの二人が一番緊張するところ、とか言ってましたw 確かに緊張感のある真剣勝負な雰囲気だった。

11. Ground Loop
  オリジナルの変拍子の曲。2曲続いて緊張感のあるセッションでした。

12. Heartbreaker  --Led Zeppelin
   ツェッペリン来ましたっ!

13. 飛帝円舞  --MARS RED
   これ聴かないと帰れないよね、との言葉で始まった飛帝円舞。作曲してるときはすべてヴァイオリンで演奏してるので、いわば原型と言ってました。ヴォーカル部分がヴァイオリンに変わったのは全く違和感がなかったけど、津軽三味線がないとちょっと物足りない感じ。エレキギターかエレベでガンガン三味線パートを弾いて欲しかったかも。

アンコール
14. 月の五稜郭  --THE ONE
   今朝雨が降っててすごくがっかっりした。 だってこの曲を弾いて、外に出て見上げたら月があった、って言うのをしたかったから。でもそんな気持ちで聴いてください、とコメント。
間奏で後ろを向いてたのが印象的だった。ちょっとうるうるな眼をしてたから。
 終演後、外に出たら月は見えなかったけど雲が切れて星は見えてたよ。

'14 06/28 タイトル間違い訂正しました。

|

« 「岡田鉄平・土屋雄作・真鍋貴之・杉浦哲郎 SPECIAL QUARTET 東京公演」 渋谷 duo music exchange | トップページ | で、なに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/56620394

この記事へのトラックバック一覧です: 「Sounds in YUSAKU TSUCHIYA」 art cafe Friends 06/24:

« 「岡田鉄平・土屋雄作・真鍋貴之・杉浦哲郎 SPECIAL QUARTET 東京公演」 渋谷 duo music exchange | トップページ | で、なに? »