« 特別展「医は仁術」 国立科学博物館 | トップページ | 「岡田鉄平・土屋雄作・真鍋貴之・杉浦哲郎 SPECIAL QUARTET 東京公演」 渋谷 duo music exchange »

2014年6月14日 (土)

「三人吉三」 シアターコクーン

Cocoon_201406ff_m

 毎回コクーン歌舞伎では、あっと言わせる演出がされているけど今回も驚く仕掛けがいろいろ。
ポスター・フライヤー・パンフレットの表紙に共通して使われているこの写真を見てもそれは分かるよね。

今回は笹野高史さんのほかに真那胡敬二さん、大森博史さん、笈田ヨシさんと現代劇の役者さんが多数参加。
特に一幕目はだいぶ科白や演出を変えてるので、ちょっと現代劇っぽい。
コクーン歌舞伎は音楽も全篇黒御簾なしなのでなおさら。

 そして毎回桟敷席を取って足の痺れに次回こそ椅子席を取るぞっと心に誓うんだけど、今回も桟敷。今回は椅子席が取れなかったのsweat01
でもお陰で桟敷席も使いまくるコクーン歌舞伎の恩恵を受け、目の前を七之助ちゃんが横切り、ひざの辺りにお引きずりの裾が通っていくのを経験。至近距離の七之助ちゃんは非の打ち所のない美しさでしたわ。

 今回は新悟ちゃんが十三郎で勘三郎さんの部屋子の鶴松っちゃんがおとせ。
新悟ちゃんは絶対立役のほうがいいと思ってたけど、今回観てますますそう思ったわ。
鶴松っちゃんはいい感じの背丈で儚げな可愛いおとせ。

 亀蔵さんは串田演出で現代劇にも出た所為か、現代劇っぽいパートにも違和感なくなった。
相変わらず要所要所でいい味出してます。

 松也くん、勘九郎ちゃんや七之助ちゃんがかもし出してる凄みがまだ出せない。
でも、まだまだ伸びるしこれからが楽しみだわ。

終幕の火の見櫓の場が今回一新されてて、降りしきる雪と鮮やかな振袖が印象的。
この辺あまり詳しくは書けないけど、3人ともそれはそれは凄かった。

|

« 特別展「医は仁術」 国立科学博物館 | トップページ | 「岡田鉄平・土屋雄作・真鍋貴之・杉浦哲郎 SPECIAL QUARTET 東京公演」 渋谷 duo music exchange »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/56494842

この記事へのトラックバック一覧です: 「三人吉三」 シアターコクーン:

« 特別展「医は仁術」 国立科学博物館 | トップページ | 「岡田鉄平・土屋雄作・真鍋貴之・杉浦哲郎 SPECIAL QUARTET 東京公演」 渋谷 duo music exchange »