« 「10周年記念ツアー Extra 〜スギテツと弦楽四重奏の調べ〜」 紀尾井町サロンホール | トップページ | 「あの頃僕らはペニーレインで」 日本橋三井ホール »

2014年5月 4日 (日)

倉阪鬼一郎「八王子七色面妖館密室不可能殺人」 読了。

 毎年恒例になったバカミス。
このシリーズを読んでいるときは段組とか最初の文字とか角とか、ストーリー以外のことに関心が行くわけですが、今回は全く発見できず。
最終章の謎解き篇で(毎回ですが)、そこまでするかっsign02と感心するやら呆れるやら。もちろんほめ言葉です。

 倉阪鬼一郎氏の作品は実在の場所がわりと詳細に書かれているので、今回も京王八王子の駅近くなのね、ってことはあの辺なのかしら?とか内容には関係ないことを考えながら読んでいたりして。

 そして、バカミスでありながら(だからこそ?)最後の哀しいほどの純愛。
いろんな意味で読後感のいいミステリーです。
ま、個人的には今作はバカミスではないと思うけどね。もちろんバカミスに分類されていてもいい傾向の作品ではあるけど。

|

« 「10周年記念ツアー Extra 〜スギテツと弦楽四重奏の調べ〜」 紀尾井町サロンホール | トップページ | 「あの頃僕らはペニーレインで」 日本橋三井ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/56061920

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎「八王子七色面妖館密室不可能殺人」 読了。:

« 「10周年記念ツアー Extra 〜スギテツと弦楽四重奏の調べ〜」 紀尾井町サロンホール | トップページ | 「あの頃僕らはペニーレインで」 日本橋三井ホール »