« 「影なきリベンジャー【極限探偵 C+】」 (C+偵探) シネマート六本木 | トップページ | 「のぞいてびっくり江戸絵画 -科学の眼、視覚の不思議」 サントリー美術館 »

2014年5月10日 (土)

「サイレント・ウォー」 (聽風者) シネマート六本木

11320_img_1

 そのまま同じスクリーンで続いて鑑賞。
てっきり上映終わってると思ってたのでラッキーだったわ。

こちらも予備知識なしで観たんだけど、原作があった所為か脚本が良かったのかなかなか見ごたえがありました。ってかこんな話だったのかsign01
 監督の莊文強は脚本書いてる人だよね? 共同監督が麥兆輝。
戦争絡みの事故で盲目になったので聴力が発達した何兵が梁朝偉。梁朝偉さんを見つけた諜報部員が周迅。同僚で妻になるのが范曉萱。諜報部ボスが王學兵。
広東語版上映だったんだけど、北京語スピーカーが多かった所為かみんな広東語は吹き替えなんだけど、なんだか梁朝偉さんの声も違うヒトのような。
あと、梁朝偉さんのボス・調律師を演じてるのが單立文だったんだけど、ヴィジュアルがすごく変わってるので最初分からなかったよ。よく似てるけど…って感じで。丸くなったのは役作り…じゃないよねぇ。
 國共内戦時代の話なので國民党側と共産党側が出てくるんだけど、國民党側には呉家麗姐とか方平とか張之亮が出てます。

 お話は共産党側の諜報組織が通信無線傍受してて、バンド変更を探るために耳のいいものを集めるが、天才的と言われていた調律師は実は助手の手腕であった。なのでその助手を暗号無線の解析をさせることに、と言うもの。
國民党と共産党だと國民党側を応援したくなってしまうので、クライマックスでは特攻する運転手のじいちゃんを応援してしまいましたよ。
台湾が作っていたら双方入れ替わった話になってたんだろうな。

|

« 「影なきリベンジャー【極限探偵 C+】」 (C+偵探) シネマート六本木 | トップページ | 「のぞいてびっくり江戸絵画 -科学の眼、視覚の不思議」 サントリー美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/56134482

この記事へのトラックバック一覧です: 「サイレント・ウォー」 (聽風者) シネマート六本木:

« 「影なきリベンジャー【極限探偵 C+】」 (C+偵探) シネマート六本木 | トップページ | 「のぞいてびっくり江戸絵画 -科学の眼、視覚の不思議」 サントリー美術館 »