« 「逃出生天」 機内上映 | トップページ | 「岡田鉄平・土屋雄作・真鍋貴之・杉浦哲郎 SPECIAL QUARTET 名古屋公演」 名古屋クラブクアトロ »

2014年5月27日 (火)

「EQUUS 馬」 香港演藝學院賽馬會演藝劇院

65d7ffeegw1eg0y88yb1sj20a30hegnv
 秋生哥が甄詠蓓と設立した「神戲劇場」の第1回公演。
甄詠蓓といえば公私共に詹瑞文のパートナーだったんだけど。ま、演劇界ではよくあること…かな。
去年(2013年)設立されて、ワークショップとかしてたんだけど、今回はそのメンバーは出てない模様。

 「EQUUS」と言えば、何年か前にハリー・ポッターの中の人が演じてたけど、今回の上演にあたり香港マスコミが引用して騒いでいたのは当然ながら(?)ハリーの全裸シーン。
キャストが決まる前から、ほんとに脱ぐのか?とか。そんなのばっかり。
実はワタクシ、今から40年近く前の劇団四季の「エクウス」を観てる。市村正親が名を成すきっかけになった舞台を。ストーリなんて全く覚えてないけど、馬の造型が物凄く印象に残ってる。市村正親の全裸よりもsweat01

 で、今回の舞台。
その注目(?)のアランを演じるのは張敬軒。秋生哥は精神科医のダイサート。
ジルと看護婦の2役で方皓玟。たしかこの人のMVに秋生哥が出たことがあるので、事務所が一緒かなんかなのかな。
アランの両親(陳永泉・伍潔菌)や判事(張雅麗)は舞台のヒトのようです。

 軒仔、ベビーフェイスの所為か意外にも違和感はあまりなし。
方皓玟は秋生哥が出たMVしか観たことがないので、イメージを持つほど知らなかったんだけど、この人も頑張ってました。さすがにアランとのデートシーンは全裸とはいかず下着はつけてましたけど。
 軒仔も全裸にならなかった(なれなかった?)のは仕方ないとはいえ、あの下着はどうにかならんものかね。ごまかすためなのか肌色(もういかにも肌色って感じの色)のメリヤスみたいな。
 馬が英国版・ブロードウェイ版に習って上半身裸なので(最近のを知らないんだけど日本版ではシャツを着ていたような)、馬たちの筋肉に比べてて軒仔の華奢なことsign01

 舞台装置も、特徴として具体的なものは何もないはずなんだけど、この舞台では診療机の上にいろいろ置いてあった。すべて抽象的でイメージしなきゃいけないってのは、きついのかしらね。

 今回は20日と21日の2回観たんだけど、やっぱり今回も反応が違って面白かったわ。
20日のほうには彭順・李心潔夫妻や泰迪羅賓が観に来てた。

|

« 「逃出生天」 機内上映 | トップページ | 「岡田鉄平・土屋雄作・真鍋貴之・杉浦哲郎 SPECIAL QUARTET 名古屋公演」 名古屋クラブクアトロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/56323080

この記事へのトラックバック一覧です: 「EQUUS 馬」 香港演藝學院賽馬會演藝劇院:

« 「逃出生天」 機内上映 | トップページ | 「岡田鉄平・土屋雄作・真鍋貴之・杉浦哲郎 SPECIAL QUARTET 名古屋公演」 名古屋クラブクアトロ »