« 「野口哲哉展 ―野口哲哉の武者分類図鑑―」 練馬区立美術館 | トップページ | 「10周年記念ツアー Extra 〜スギテツと弦楽四重奏の調べ〜」 紀尾井町サロンホール »

2014年4月24日 (木)

「スギテツと楽しむ大井川鐵道「SLかわね路号」!お座敷列車でコンサート」 大井川鐵道

201404201156000

 恒例、スギテツ春の遠足。
今年は18・19・20日の3日間静岡・大井川鐵道でのSLイベント。私は最終日の20日に参加。
去年のお伊勢参りも雨模様だったんだけど、今年も怪しいお天気。
イベント最初は新金谷駅の転車場前でミニライブ。
杉浦さんがMCで言ってたんですが、初日は最初から無理なので屋内(SLや古い客車が展示してある建物内のイベント用スペース)でライブ、2日目はぎりぎりだったので屋外ではじめたら後半雨が降ってきた。なので最終日はあきらめて(?)屋内で。

---------以下セットリスト。---------

1. 舞曲「いい日旅立ち」
2. ちゃっきり節
3. ハトヤのカルメン幻想曲
4. 鉄道映画曲メドレー (鉄道員・ぽっぽ屋・ミッションインポシブル・インディジョーンズ)
5. ブルース・ユーモレスク
6. リベルタンゴ

今日の選曲は鉄道と静岡にちなんだものだそうで。
2曲目のちゃっきり節は合いの手がしゃべるヴァイオリンで。
4曲目の最初から2曲はわかるとして、ミッションインポシブルは列車上のアクションシーンがあるから、インディジョーンズはトロッコ、だそうですよ。
5曲目のユーモレスクは作曲者のドヴォルザークが有名な鉄っちゃんなんだそうです。
…知らんがなw

--------------------------------------------

その後、駅構内の見学。
SLの整備場とか普段一般立ち入り禁止の場所、らしい。ありがたみをまったく感じないわれわれスギテツファンw

11:52発のSLに乗車。
往きは普通の客車。と言っても昔の2席向かい合わせの座席。
窓際のテーブル(↑画像)には栓抜きが付いてるしw
ガイド付きでゆっくり進む列車。気分はすっかり昭和(初期?)

到着した千頭駅は道の駅と鄙びた飲食店が少し。
時間つぶしにはちょっと苦労しましたわw

帰りの列車はお座敷列車。
去年のかぎろひは普通の客車を改造したものなので、ちょっとライブが見難かったんですが、これはお座敷に座っているので、さえぎるものなしsign01
例によってちょっとしたトラブル続出で、冒頭杉浦さんが「昨日一昨日は次の日があるんで思いっ切り飲めなかったけど、今日は飲みますsign01」と宣言したのに、ほとんど飲む暇なしw

さすがにお茶所だけあって、ペットボトルなのにお茶が美味しい&お弁当も美味しいsign01
大井川鐵道の副業らしいんですが、普通のお弁当に入ってるようなものがほとんどなくて手作り感満載。
アマゴ(かな? 川魚)の甘露煮と川海老(?)の佃煮は絶品でしたわ。

ライブは我々が乗り込むときのBGM(タイスとかの営業曲w)に始まり、通常のライブ曲、ここだけのネタ(楽器逆の「テツスギ」再びや時事漫才(小道具は割烹着と顕微鏡とサングラス)など。

今年は自由時間に一緒にいなかったのであまりおしゃべりは出来なかったけど、今回も楽しい春の遠足でした。

最後に杉浦さんから「おうちに帰るまでが遠足です。」のお約束の言葉がありましたけど、今回も往きの東名でほんのわずかの差で事故渋滞に巻き込まれるところだったり、いろいろございましたわw
今回のツアーが完売なので(毎回30数席だったし)7月に再度2回行われるそうですが、お座敷ライブはちょっと入れ替わり、かな?

|

« 「野口哲哉展 ―野口哲哉の武者分類図鑑―」 練馬区立美術館 | トップページ | 「10周年記念ツアー Extra 〜スギテツと弦楽四重奏の調べ〜」 紀尾井町サロンホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/55916926

この記事へのトラックバック一覧です: 「スギテツと楽しむ大井川鐵道「SLかわね路号」!お座敷列車でコンサート」 大井川鐵道:

« 「野口哲哉展 ―野口哲哉の武者分類図鑑―」 練馬区立美術館 | トップページ | 「10周年記念ツアー Extra 〜スギテツと弦楽四重奏の調べ〜」 紀尾井町サロンホール »