« 「星を賣る店」 世田谷文学館 | トップページ | 「~クラシックで遊ぶ名曲選~ スギテツ10周年記念ツアー 名古屋公演」 名古屋市芸術創造センター ホール »

2014年3月30日 (日)

「空ヲ刻ム者 -若き仏師の物語 -」 新橋演舞場

Pl_en140305

 カピちゃんこと猿之助が先代猿之助のスーパー歌舞伎を引き継ぎスーパー歌舞伎Ⅱとして演じ、加えて小劇場出身の佐々木蔵之介が歌舞伎デビューする。

 予定調和のハッピーエンドのお話で、お約束どおりのいろいろありの良くできた舞台だと思う。
同行者はひねりが足りないとか甘いとかベタなお笑いとか言ってたけど、最近の傑作続出のアニメと比べちゃいけませんわ。

 観客層はけっこう若いお嬢さんがいて佐々木効果なのかしら。
歌舞伎初体験なのか、立ち回りの戸板崩しにきゃぁきゃぁ喜んでいたのが微笑ましかったですわ。

 で、その佐々木蔵之介。
新作ということで全体の台詞回しが現代劇っぽかったので、その辺は違和感なし。
衣装もスーパー歌舞伎独特の中華テイストが入った独特のものだし。
ただ見得は切れないのでその辺ちょっと間が持たない感じ。見得の台詞回しもどっちつかず。
来月は大阪の松竹座なので、終わりころにはもっと変わってると思うけど。
白塗りは結構さまになっていて、立ち姿が意外に(失礼)綺麗だたわ。

 狂言回しの浅野和之と福士誠治が転換中の幕前でやり取りするんだけど(時間の経過や状況はここで説明)、オババ役の浅野和之が観客を煽ったりして舞台に慣れてるヒトだなぁという感じ。

 ほかの役者さんでは笑也さんが儲け役。男装の女性を演じる女形というややこしいことになってるんだけど、ちゃんと男装の女性に見える。猿之助と蔵之介(こう書くと歌舞伎役者みたいだわ)の間に立って諭す役だし、立ち回りもあるし。
 春猿さんも相変わらずお美しく。今までふんわりした可愛い女が多かった気がするんだけど、今回は気が強い悪女。なかなかの迫力でした。
 猿弥さんは中村座の亀蔵さんのポジションで、今回は笑也さんの盗賊の手下を楽しそうに演じてた印象。
幕前のオババとの掛け合いはどこまでアドリブなのかわからないくらい良く出来てたわ。

 猿之助はもう堂々たる座長。
脇役で好きなことをしてる方が(十二夜の腰元とか)、好き勝手遊べて面白そうだったけど、真ん中でも堂々たるものですね。

201403271058000

 画像は当日の組み合わせ。
春らしい色にしてみた。
紬の訪問着は黄緑が春らしいのと描いてあるのが猫柳か連翹っぽいので春にいいかなと。
帯もベージュ基調の春っぽい色合いで。

|

« 「星を賣る店」 世田谷文学館 | トップページ | 「~クラシックで遊ぶ名曲選~ スギテツ10周年記念ツアー 名古屋公演」 名古屋市芸術創造センター ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/55570555

この記事へのトラックバック一覧です: 「空ヲ刻ム者 -若き仏師の物語 -」 新橋演舞場:

« 「星を賣る店」 世田谷文学館 | トップページ | 「~クラシックで遊ぶ名曲選~ スギテツ10周年記念ツアー 名古屋公演」 名古屋市芸術創造センター ホール »