« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

「空ヲ刻ム者 -若き仏師の物語 -」 新橋演舞場

Pl_en140305

 カピちゃんこと猿之助が先代猿之助のスーパー歌舞伎を引き継ぎスーパー歌舞伎Ⅱとして演じ、加えて小劇場出身の佐々木蔵之介が歌舞伎デビューする。

 予定調和のハッピーエンドのお話で、お約束どおりのいろいろありの良くできた舞台だと思う。
同行者はひねりが足りないとか甘いとかベタなお笑いとか言ってたけど、最近の傑作続出のアニメと比べちゃいけませんわ。

 観客層はけっこう若いお嬢さんがいて佐々木効果なのかしら。
歌舞伎初体験なのか、立ち回りの戸板崩しにきゃぁきゃぁ喜んでいたのが微笑ましかったですわ。

 で、その佐々木蔵之介。
新作ということで全体の台詞回しが現代劇っぽかったので、その辺は違和感なし。
衣装もスーパー歌舞伎独特の中華テイストが入った独特のものだし。
ただ見得は切れないのでその辺ちょっと間が持たない感じ。見得の台詞回しもどっちつかず。
来月は大阪の松竹座なので、終わりころにはもっと変わってると思うけど。
白塗りは結構さまになっていて、立ち姿が意外に(失礼)綺麗だたわ。

 狂言回しの浅野和之と福士誠治が転換中の幕前でやり取りするんだけど(時間の経過や状況はここで説明)、オババ役の浅野和之が観客を煽ったりして舞台に慣れてるヒトだなぁという感じ。

 ほかの役者さんでは笑也さんが儲け役。男装の女性を演じる女形というややこしいことになってるんだけど、ちゃんと男装の女性に見える。猿之助と蔵之介(こう書くと歌舞伎役者みたいだわ)の間に立って諭す役だし、立ち回りもあるし。
 春猿さんも相変わらずお美しく。今までふんわりした可愛い女が多かった気がするんだけど、今回は気が強い悪女。なかなかの迫力でした。
 猿弥さんは中村座の亀蔵さんのポジションで、今回は笑也さんの盗賊の手下を楽しそうに演じてた印象。
幕前のオババとの掛け合いはどこまでアドリブなのかわからないくらい良く出来てたわ。

 猿之助はもう堂々たる座長。
脇役で好きなことをしてる方が(十二夜の腰元とか)、好き勝手遊べて面白そうだったけど、真ん中でも堂々たるものですね。

201403271058000

 画像は当日の組み合わせ。
春らしい色にしてみた。
紬の訪問着は黄緑が春らしいのと描いてあるのが猫柳か連翹っぽいので春にいいかなと。
帯もベージュ基調の春っぽい色合いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

「星を賣る店」 世田谷文学館

Sp00090_top


 27日に鑑賞。
クラフトエヴィング商會の本に載っている数々の品が実際に展示されていると聴いて、行こうと思ってはいたんだけど2月は時間が出来たころには記録的大雪で結局こんなぎりぎりになってしまった。

 ディスプレイがとても素敵であんな風にボックスを積み上げてみたいsign01と思ったんだけど、我が家であんなふうに出来るスペースはほとんどないことに気づきがっかりsweat01

 展示品は著作と同じく、ありそうでいてきっとないもの、なんだろうなと思われる品の数々。
クラウド・コレクションの瓶と雲母の本が見られたのが私的には一番のポイント。
あのなんともいえない古びた感じや、かすれ具合や、微妙な色調がこの目で見られて嬉しい。

 図録も数々の著書と同じ体裁の装丁。
書庫の図録の場所じゃなくてクラフトエヴィング商會著書に並べて違和感がないわ。

 展示の最後に著作と装丁をした本が並んでたんだけど、ジャンルも著者も違う本が並んでいるのに統一感があるんだよね。装丁って大事なんだなぁ。表紙買いってのもあるくらいだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

倉阪鬼一郎「きつね日和」 読了。

【送料無料】きつね日和 [ 倉阪鬼一郎 ]

【送料無料】きつね日和 [ 倉阪鬼一郎 ]
価格:609円(税5%込、送料込)

深川やぶ浪シリーズ。
この間読んだ「のどか屋」シリーズに続いて、こっちも人情話。
ちょっとファンタジー入ってる感じ。

特に1話目のきつね日和と2話目の思い出桜はファンタジー成分高め。
怖い話ではなく哀しいお話だけど。

パターン的にのどか屋とやぶ浪がごっちゃになりそうだけど、人情話としてシリーズなる感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「浅野祥 津軽三味線 新時代」 習志野文化ホール

 アルバム「クラシック侍」で共演して以降、ライブのゲストに呼んだり呼ばれたりの浅野祥くん。
前日の311チャリティに続き、祥くんのコンサートに初参加してきました。

 場所は津田沼駅前。習志野文化ホール。
初津田沼です。京葉道路花輪ICから10分少々。
おりしも春の嵐でものすごい雨と風。
郊外のほどほどの田舎の駅前ですが、壊れたビニール傘がやたら散乱してたのにはびっくり。
捨てるならきちんとゴミ箱に入れようよ。

スギテツはゲストだけど出番が多いと聞いていたんですが、たしかに。

1部。
祥くん登場で解説とともに数曲。
ここは津軽三味線1挺で。

後半スギテツ登場。
1. 剣のずいずいずっころばし
2. 美しき青きドナウ川のさざ波殺人事件
3. 扁桃腺上のアリア
4. 序曲 暴れん坊将軍
祥くん登場。
5. 日本舞曲 第5番

お馴染みの自己紹介を兼ねた代表曲を並べた流れですが、むちゃくちゃ受けてる。
後ろのオバ様方のグループでひとりが「この人たち面白いのよー」とか言ってましたが、ほとんどがスギテツ初体験ですもんねぇ。
なんかねいろいろ考えちゃいましたわ。

ここで1部終了。

休憩後
第2部。
バンド編成(ドラム・中沢剛、ベース・嶌田憲二、ピアノ・杉浦哲郎、ヴァイオリン・岡田鉄平)でポップス系。
シング・シング・シング、ラディツキー・マーチなど。
スペインを弾かなかったのが残念。

アンコール
スギテツ
チャルダッシュ

浅野祥
津軽じょんがら節

近くのおっちゃんがチャルダッシュ聴いて、ちゃんと弾けるみたいなこと言ってましたが、弾けなきゃ遊びは出来ないんだよ。

…って言うか、さすがに平均年齢高めな所為か周りで演奏の合間にしゃべってる率が高かったなぁw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スギテツ Presents チャリティ音楽実験室 for 東北 2014」 六本木C★LAPS

Main_show

 毎年恒例311チャリティコンサート。今年は12日に開催されました。
今回は会場が六本木。スギテツで六本木って珍しいなと思ったら本人たちも言ってたw

まずはホスト役のスギテツ。

1. 剣のずいずいずっころばし
2. 美しき青きドナウ川のさざ波殺人事件
3. 序曲 暴れん坊将軍
と自己紹介メニューで。

続いて登場は クリテツ
初ナマ テルミンに興味津々。
以下クリテツ+スギテツ でトリオ演奏。
4. 白鳥 (サン・サーンス・動物の謝肉祭)
5. Amazing Grace
6. Over The Rainbow

テルミンの仕組みや解説付き。
もちろんスギテツゲストには欠かせないパトカーの音真似もsign01

寒空はだか
鉄関連のイベントだったかでスギテツとご一緒したらしいので、鉄っちゃんらしいのですが、今回はその片鱗もなし。
全身からかもし出される雰囲気も、芸風も昭和。
年齢不肖なヴィジュアルで「浅草ですから」みたいなことをおっしゃる。(うろ覚え)。
ぽわんとしたぬるま湯のような空気が気持ちいい。でも全然鉄っぽさを感じなかったのは非鉄イベントだったからでしょうか。
+スギテツのコラボは「カヤバコーヒーの歌」

3ガガヘッズ
全身タイツのネタはもう完成されたパフォーマンスだと思う。
海外公演も何ヶ所か経験ありと言ってましたが、確かにこれは言葉は要らない。

+スギテツ 「コイルの恋」プレスリーの好きにならずにいられない(Can't Help Falling In Love)。
新作らしい。スギテツが演奏するBGMに乗って直径15CMくらいの大コイルと直径7・8CMくらいの小コイル(両方とも長さは30CMくらい)が繰り広げる恋愛模様。BGMとも相まってなかなかロマンティックでした。ちょっと感動heart04

牧野まゆみ(?)名前うろ覚え
東北の歌手ということで飛び入り参加。

「卒業写真」とオリジナルをスギテツ伴奏で歌う。
卒業写真は私的には歌ってほしくなかったな。

浅野祥
+スギテツで日本舞曲第5番

+中沢剛(ドラム)
浅野祥くんのツアーメンバーとセッション。
打ち合わせなしのその場の即興だそうでせすが、フリージャズの世界ですね。

梅垣義明
梅ちゃん、いつも通り大迫力w
ちょっと息切れっぽかったのは、本人も言ってたけどドレスがきつくなって苦しかった所為かしら?bomb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

「Where Do We Come From? What Are We? Where Are We Going? LAST TOUR 2014」 duo MUSIC EXCHANGE

SIBERIAN NEWSPAPERのラストツアー。
活動休止のお知らせを見たときは、あぁやっぱりな、と思ったのが最初でしたよ。
このところバラバラな活動が多かった気がしたし。 と言うかつっちー&真鍋さんコンビのライブを見る機会が多かったと言うべきかな。

今回のライブはなんかいろいろすごかったとしか言いようがないわ。
ま、阿守さんがいきなり「解散じゃなくて休止ですから。もしかしたら明日にでも再開するかも知れないし。」と爆弾発言するしw SIBERIAN NEWSPAPERファンにとっては驚くことではない、かも知れないけどね。

今回下手側席2列目だったんですが、平尾さんがシンバルたたくと前髪がふわっとするんですよ。
衝撃波なのか風なのかはたまた内効を鍛えていてその波動なのか。音が物理的に形になって届いたわけですね。
このライブを3日連続でしてて体力持つのかしら、と心配しちゃったわ。平尾さん見た目が華奢だから。
もちろんほかのメンバーもすごかったですわ。
つっちーもガンガン弾いてるし。
なんかね、この空気を共有できるのが嬉しかったですよ。
SIBERIAN NEWSPAPERのメンバーってハイになっていってものすごくいい笑顔で演奏してたり、いい意味で挑発しあいながらセッションしてくところがまたいい感じで。

ライブ会場限定発売のCD【Where do we come From?】も無事getいたしました。
いかにもSIBERIAN NEWSPAPERな曲でしたわ。

と言うわけで、セットリストは記録しておりませんw
出来なかったよw
古い曲も新しい曲もいろいろあって、あっという間に終わっちゃた時間でした。


4月15日 A:M 3:38追記。
SIBERIAN NEWSPAPERのオフィシャルBlogにセットリストが出てたので転載。
あっという間だと思ってたのに24曲sign03

3/10(月)渋谷duo MUSIC EXCANGE
01. THE MINT
02. EVER FROZEN
03. HYSTERIA SIBERIANA
04. CELTIC FIFTH
05. PERPETUUM MOBILE
06. CROSSING THE TUNDRA
07. SPRING NO.1
08. GOODSPEED
09. MARRY ME BURY ME (manabe solo)
10. 手をとって (gunji solo)
11. COMICAL SALUTE
12. 世界の果てに連れ去られ
13. MY EVIL
14. 緑の手袋をした私のフィアンセ
15. SLOVENIAN MORNING
16. WHALERIDER
17. HIDE AND SEEK
18. GOOD BURNING O’SILK
19. BUTTERFLY
20. RECOVERING
21. VETRO
22. 君が欲しい
(enc)
23. ボクの村は戦場だった
24. 柵から逃げ出し亡命する軍馬の話し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」 サントリー美術館

Exhibition_visualm_3

 久しぶりのサントリー美術館。
変わらないのは終わる間際になってあわてていくこと。


サントリー美術館該当ページへ飛ぶ

伊万里と言えば豪華絢爛な金彩色絵なイメージだけど輸出初期は染付け。
明と清の交代時期の混乱で景徳鎮の焼き物が輸出できなくなっての代替品だったそうなので、絵柄も中華風で。
これを見てたら中華と大和の違いはわからないわな。

 で、その後どんどん日本独自の魔改造が進んでいくわけで。
染付け→色絵→金彩と時代ごとに展示が進んでいくので進化が良くわかる。
なかでも笑っちゃうほど凄かったのが3本足つきのコーヒーポット。
最初は板状の土を型抜きした感じのシンプルな足だったのに、猫足→人形が支える形→精緻な人形が支えるに変化。
最後のなんかポットの足じゃなくてそれだけでちゃんとした人形だからsign01

 当初は景徳鎮を模写して始まった伊万里だけど、そのうち景徳鎮が伊万里を模写したりして、行ったりきたりしえるのが面白かったわ。
マイセンとか今でも東洋風な絵付けがあるけど、当時オランダのデルフト窯で焼かれた伊万里風の絵付けが着物風の衣装の人物なんだけど顔が完全に西洋人。笑った。

東インド会社絡みの輸出品は漆製品のときにも思ったけど、お金に糸目をつけないからとにかくすごい。
今回も大きな壺で染付けの上に蒔絵で模様をつけたものが圧巻sign03
朱漆が5mmくらいの厚さで盛り上がってる。蒔絵の金もまだ残ってるし。

 図録は詳細な説明もあって面白いんだけど、実物を見るのはやっぱり違うよね。
小まめにチェックして忘れないようにしなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »