« 倉阪鬼一郎「味の船」 読了。 | トップページ | 「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」 サントリー美術館 »

2014年2月23日 (日)

白石佳代子「百物語 第31夜」 グリーンホール相模大野・多目的ホール

201402221752000

 第九十六話 林芙美子 晩菊
杉村春子を偲んで。
長火鉢の前に端然と座る主人公。
ストーリーに合わせて伊達巻を締めながら登場し、半幅帯を締める。
白地に紺の小紋。半襟は黄緑。半幅帯は黒地に黄緑の太い一本線。八掛が浅黄。
「浮草」とか「流れる」と同じころに撮った映画の役柄のイメージなんだろうな。
目に浮かぶようでした。

 第九十七夜 北條秀司 狐狸狐狸ばなし
山田五十鈴を偲んで。
先代の勘三郎と山田五十鈴のために書き下ろされた新作。
当代の勘三郎と扇雀の配役で観たのは何年前だったかな。亀蔵さんの丑娘が忘れられないw

語りと言うより完全に一人芝居状態で、手ぬぐい屋の伊之助はベージュと黒の縞の長着、女房のおきわは緋色の小振袖の襦袢、丑娘のおそめは饅頭菊の振袖、下働きの又市はモスグリーンの半天、坊主の重善は茶の袈裟、と場面によって衣装替え。片袖脱ぎして右と左で演じわけ。
2時間近くのお芝居を1時間にまとめたので、ちょっとせわしない感じ。
お話を知らない人にはちょっと辛かったかも。
ちなみに音楽はなぜかガムラン。
それが妙にしっくり来てたわ。

次回でいよいよ九十八・九十九話を上演し完結だそうで、最後のご挨拶で感無量といった感じでした。
世田谷パブリックシアターで3日間の予定だそうですよ。
初回のパブリックシアターに行くか、ちょっと待ってここに行くか悩むところではあります。

|

« 倉阪鬼一郎「味の船」 読了。 | トップページ | 「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」 サントリー美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/55101535

この記事へのトラックバック一覧です: 白石佳代子「百物語 第31夜」 グリーンホール相模大野・多目的ホール:

« 倉阪鬼一郎「味の船」 読了。 | トップページ | 「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」 サントリー美術館 »