« Sound Theatre 「A BASE METAL」 AiiA Theater Tokyo | トップページ | 柄足袋コレクション増殖中。 »

2014年2月 3日 (月)

「星空の下で」 江ノ島アジア映画祭2014

201402021433000

 TIFFがTLしてたのを偶然見つけて行って来た。
江ノ島で映画際してるなんて知らなかったよ。ってか名前は映画祭だけど上映作品1本だけだしsweat01
でも、過去の上映を見てみたらイベントも面白そうなのしてた。もっとアンテナ鍛えておかなきゃ駄目だなぁ。

 寒いし雨模様だったので、いくら休日の湘南と言えどもそれほど混んでないだろうと思ったら甘かった。
さすがに江ノ島内の駐車場に入る気はなかったけど、チェックしといた駐車場も私が入れてすぐに満車、県営駐車場や江ノ島島内の駐車場はずらっと入場待ちの列。恐るべし江ノ島水族館sign03
観光協会には「歓迎光臨 春節訪客」の横断幕があった。そこかしこから北京語も聞こえてくる。今回の春節時期の大陸観光客はほぼ元のペースに戻ったとニュースで言ってたけど、確かにそんな感じ。

 会場のかながわ女性センターは初めて。こんな場所にこんな施設があるなんてぜんぜん知らなかったわ。で、今年閉鎖されるらしい。見るからに赤字垂れ流してそうだしな。

 早めに行って、ガムランやバリ舞踊を見たかったんだけど、道が混んでてぎりぎりに到着。
そしたらまだイベントが終わってなかった。しかもホール入り口を舞台代わりにしてるし(床がちょっと高くなってる)。
なんというか手作り感満載のイベント。ロビーの売店も長机並べた学園祭ノリ。

 それでも、それほど遅れずに入場して上映開始。BD上映でした。字幕だけ後載せしたのかな。
映画はドキュメンタリーでなんの前知識もなしに観たら3部作の3本目。冒頭1作目と2作目をほんのちょっとだけ挿入してたけど人間関係はほとんどわからず。それほど複雑じゃなかったから、それほど困ることはなかったけど。
インドネシアってバリを除いてイスラム国家だと思ってたから、クリスチャンのおばあちゃんが意外だった。ムスリムじゃないと受けられない奨学金って宗教団体の主催するものなんだろうけど、それにしては係員が役人みたいな感じだし。国家宗教だったっけ?←自分で調べればいいんだけど。

 なんだか観てて作為が感じられると言うかドキュメンタリーじゃなくてドラマみたいだった。カメラアングルに凝ってるからとか、それだけじゃなくて。監督がオランダ人だから旧宗主国の上から目線?なのかな。外から眺めてる感じ。

 駅でもない線路の上で列車止めて乗ろうとするのはまったく驚かなかったけど、個人的に一番受けたのはおばあちゃん家のランプだな。

Tarp_zvaigzdziu2resize

←これねw

 

|

« Sound Theatre 「A BASE METAL」 AiiA Theater Tokyo | トップページ | 柄足袋コレクション増殖中。 »

コメント

ご来場くださって、ありがとうございました(^^)/おばあちゃん家のランプ!目の付け所がシャープだなあと思いました!(^^)!

投稿: 江ノ島アジア映画祭実行委員会 | 2014年2月 4日 (火) 19時47分

実行委員会さま。
こんな辺境までご訪問くださいましてありがとうございます。
あのランプ、なかなか皮肉が利いてましたよね。

投稿: 周太太(網主) | 2014年2月 5日 (水) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/54846777

この記事へのトラックバック一覧です: 「星空の下で」 江ノ島アジア映画祭2014:

« Sound Theatre 「A BASE METAL」 AiiA Theater Tokyo | トップページ | 柄足袋コレクション増殖中。 »