« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月22日 (日)

「~クラシックで遊ぶ名曲選~ スギテツ10周年記念ツアー 埼玉・川越公演」 東邦音楽大学グランツザール

Sugitetsu_academica

 アルバム発売記念ツアーの2回目のコンサート。で、私は初参加。
川越に行くのは何年ぶりだろう、とか思いながら関越高速川越ICを下りて川越街道へ。
思いっ切り道間違えましたよ。川越街道沿いだったら新河岸駅だよなー、南古谷って川越線だからもっと北だよな?とか思いながら習慣で旧街道に入ってた。だってバイパスが出来てるなんて知らなかったんだもんsweat01
教訓:昔知ってた場所ほど間違えやすい。心して調べるべし。
 
 で、コンサート。
東邦音大のコンサートホールはそれほど古くない感じ。
さすがに音大の施設だけあってほど良い大きさでした。
観客も関係者が多いのか記号舞曲とか受けがいい感じがしたわ。

以下セットリスト

1. 剣のずいずいずっころばし
2. アイネ・クライネ・あまちゃん
3. 犬のおまわりさんの運命
4. 現代のタイプライター
5. アルルのドラえもん
6. 擬音コーナー
7. 扁桃腺上のアリア

弦楽オーケストラ登場
8. 美しき青きドナウ河のさざなみ殺人事件
9. ハンガリー舞曲 第5番 変奏曲「日本舞曲 第5番」
弦楽オーケストラ退場
10. ハンガリー「記号」舞曲第5番
映像
11. いろんなところで第九を弾いてみた。

休憩15分
東邦第二高等学校スタイリッシュウインドオーケストラ(吹奏楽)登場
ディズニーメドレー
スギテツ登場
12. J.シュトラウスⅡ「観光列車」変奏曲「汽笛の軌跡」
13. 序曲「暴れん坊将軍」~ロッシーニに捧ぐ~
東邦第二高等学校スタイリッシュウインドオーケストラ(吹奏楽)退場

14. トムとジェリーのご挨拶
15. チャルダッシュ
アンコール

東邦第二高等学校スタイリッシュウインドオーケストラ(吹奏楽)登場
16. ヴェートーヴェン交響曲第九番 「喜びの歌」
スギテツのみ
17. モーツァルトの子守唄

アイネ・クライネ・あまちゃんは最近始めたマッシュアップですが、あまちゃん知らないのでメロディを聴くと頭の中で「お魚くわえたドラ猫~」が浮かんでしまうsweat01
ぴったり合うんですよ、これが。

「いろんなところで第九を弾いてみた」は新しい映像が入った新ヴァージョンになってました。
てっぺい号がメルセデスから今のレクサスに変わってたり、杉浦スタジオが旧自宅から新自宅に変わってたり。
飛鳥Ⅱの時だと思われる船上映像や東京タワー+完成したスカイツリー(以前のは建設途中だった)など。
最後の学校のシーンは新アルバムのジャケット撮影の秩父の学校ですね。

杉浦さんいわく、(それぞれのコンサートでオケの編成が違ったりするので)コンサートごとに曲目や構成ちょっとづつ違っているそうです。 …それは複数観てねってことなのかsign02
そして、そのたくらみにまんまと乗りそうなワタクシ 公演日程や空き時間を調べてたりしてsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

南條竹則「泥鰌地獄と龍虎鳳」 読了。

 久しぶりの南條氏の随筆集。
肩に「中華料理秘話」とあるけど、泥鰌話は日本料理だし。
氏の双璧である(と私が勝手に思っている)江戸情緒を残したかつての東京と中華の料理話。
雑誌などに掲載したものを加筆改稿したものと書き下ろしのもの。

例によって、あまり食べない珍しい食材なども登場するんだけど(泥鰌もその中に入るかも)美味しそうなので困ります。

そろそろ氏の小説が読みたくなってきたな。
異形コレクションに書いていたような短編をまとめて、書下ろしも加えて出版されないかしら。
期待してるんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日・ASEAN友好協力40周年記念公演 Drums & Voices」 オーチャードホール

Flyer

 ASEANからベトナム・カンボジア・ビルマ・タイ・ラオス・ブルネイ各国と日本で構成された打楽器のセッション。
楽器詳細などはこちらの公式サイトに詳しい。

D&V2013 DRUMS&VOICES

 BUNKAMRAサイトをチェックしてて偶然見つけたんですが、気がついたのはすでにチケット発売開始後。
でもやたらいい席が取れてしまった。
個人的にはダン・バウが初めて生音で聴けたのがすごく嬉しかった。
厳密に言えば打楽器じゃないけどね。

 メインの太鼓は各国ともほとんどが片側だけに皮が張られたタイプ。タンバリン型といえばわかりやすいか。
ビルマのサイン・ワインと言う太鼓は円形に組まれた柵の内側に大きさの違う太鼓が下げられた形なんだけど、手元が見えないので音を聴いたときはシロフォン型の楽器だと思っていたら太鼓だったので驚いた。演奏中にも小まめにチューニングしていたので乾燥で音が変わりやすいんだろう。日本の今頃は乾燥してるし(昨日はたまたま雨だったけど)、舞台でライトを浴びると乾燥するしね。

 ブルネイの楽器はアラビア辺りと共通しているものが多いような気がした。ムスリム国家の所為なのかな。
ちなみに衣装のバティック模様が全部金泥でプリントされてたよ、さすがお金持ち国家だわ。

タイのラナート・エクという木琴は聴きなれたものだけど、これを金属製にするとバリのガムランに使われているのとよく似ているような。
ビルマのチー・ワインとマウン・サインと言う楽器のゴングもガムランに使われているものと同じような気がする。配置が違うけどね。
この辺は楽器の伝播を研究している人のレポートとか読みたいな。

 日本の太鼓は締太鼓と和太鼓。
演奏家が小柄な所為か遠心力を使ったりして大変そう。
女性がだめと言うわけでなく、ある程度体重がないとこの手の楽器は大変だな、と思ったわ。

彼女は小紋に袴で演奏していたんですが、各国の民族衣装も面白かったわ。
カンボジアの民族衣装はマフラーが必須なようなんだけど、暑い国でなぜ?とか思ったし。
ラオスのはパンツスタイルじゃなくて巻スカートみたいに巻いてから足の間を通して留めるんだったよなぁ、とか。
ヴェトナムのおっちゃんの衣装はまるっきり中華風(すとんとしたアオザイ風)だよな、とか。

で、セッションのときは空気が南国になってバリとかマレーシアとか行った場所を思い出したり、ヴェトナムのおっちゃんの歌はお経みたいだったな(私は台湾の廟を思い浮かべ、娘は獅子舞(功夫のね)を思い浮かべたそうな)、とか。

たった1回じゃもったいないし、楽器の説明とか詳細も知りたかったし。
ぜひワークショップとか、楽器の説明や伝播経路・細部の変化なんかを書いた図録が欲しかったsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

「47ronin」 TOHOシネマズ海老名

47ronin

 大コケと噂のハリウッド製ファンタジー時代劇w
早く行かないと打ち切られちゃうかも知れないのでレディスデーに行ってきた。
…早く行ってよかったよbomb

飛び交ってる「もののけ姫実写版」の噂は本当だったし、忠臣蔵なんかじゃないし(どっちかって言うと「ロード・オブ・ザ・リング」)。
一時期多かった日本人役はコリアンやチャイニーズばかり、ってのはなくて日本人役は日本人なんだけどね。
だけど日本じゃないの風景も服装も剣技も。
もうね、ハリウッドは確信犯(誤用のほうの意味ね)で日本と中国を混同してるよね。
あれだけキャストにもスタッフにも日本人がいるんだから、日本にする気なら出来るもの。
なんかキアヌがかき回してる気もしてきたわ。
思えば「リトル・ブッダ」のころから東洋好きというか憧れというか、そんな雰囲気が出てたもんね。
「マトリックス」でも袁和平が動作導演だったし。

 日本人キャストは良かったですよ、ってかみんなキチンと自分のポジショントークならぬポジションアクトをしてるし。求められたものはその分きちんと演ってます、って感じで。
柴咲コウという女優さんは良く知らないんですが、与えられたパートはこなしてる感じだし。
浅野忠信も真田広之も菊地凜子もそう。彼らはハリウッド映画には何度も出てるから慣れてるのかなw
ケイリー=ヒロユキ・タガワは個人的にはちょっと毛色の変わった役だったな、って思ったけど。私のイメージではもっと強面な役担当なの。
 で、意外にも良かったのが赤西仁。
ちょっとググったら、独立のことや結婚のことで干されてるんですって?
きちんと芝居やっていけばいいところまでいけそうな感じなんだけどな。

にしても。
ハリウッドは日本の原作物や映画・アニメのリメイクをするともれなくぐだぐだにしてくれますねぇw
あの「ドラゴン・ボール」のように家でみんなそろって突っ込みいれまくりながら観るのが正解ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

「Casanova Strings live in Ebisu」 art cafe Friends Ebisu 12/02

Casanova_strings

 2日に開催されたライブ。
カサノバはタイミングが合わなくて今回が初ライブ。
Vcの村中さんは、以前Qi Michelanに土屋さんとゲスト出演したことがあるので聴いたことがあるけど、Vnの吉田さんとVaの中田さんは初めて。

 演奏されたのはオリジナルとロック系・クラシック。
曲名がよくわからなかったのでセットリストはなし。
途中休憩20分ほどをはさんでいたものの2時間以上sign01のライブでした。

うろ覚えで
オリジナルが
I like(love?) Music
イルマーレ
など。
オリジナルは土屋さんの曲と村中さんの曲と吉田さんの曲があったんですが、割と傾向がわかりやすい選曲だった気がする。
土屋さんはSIBERIAN NEWSPAPERにも通じるちょっとエスニックテイストって感じで、村中さんはスイートでらぶらぶってheart04感じ。で。吉田さんはシンコペーション好き?って感じ。←言葉で書くとなんだかわからなくなるなsweat01

カサノバの公式サイトにデモ音源があるんですが、ここで聴けるのはほとんど演奏されてました。
フルで録音してるみたいだから、そのうちCD発売されるのかな、期待してます。
公式サイトはこちら。
ディスコグラフィーページに飛ぶ

オリジナル以外では
Led ZeppelonのKashmir
とか。

カルテットだけでリズム楽器もないんだけど、厚みがあって柔らかな音に全身が包まれるような感覚は生音の所為かしら。
これでソファー設置だったら、ワイン片手にそのままずっと居たい雰囲気だったわ。
ちなみに、開場が開演の一時間半前でライブ前にゆっくり食事が出来ましたわ。美味しかった~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

「夏休みの宿題」(A Time in Quchi・暑假作業) TOKYO FILMeX

Images

 チャン・ツォーチ(張作驥)の新作。
まだ台湾では公開されてないようです。
今回のFILMeXでは2本しか観てないのに両方とも子供映画で両方とも親が離婚危機。
シンガではメイドに任せてるけど、台湾では祖父に預けてる。

 主演の楊亮俞くんは台湾金馬奬に最佳新演員でノミネートされていたんでこれがデビューになるんでしょうか。
いきなりの主役デビューsign01
私が見た回はレイトショーだったんでQ&Aもなかったんですが、ほかの回ではゲストで登場した模様。ナマで観たかったなぁ
利発そうですっきりしたイケメンで将来有望ですよね。
台湾の俳優さんは全然覚えられないんだけど、爺ちゃんもいい味出してたし、村のメンバーもよかったよねぇ。
ただ根本的なところで、理解が足りないので(台北が夏休みなのになぜ田舎は学校があるのか?とか、なぜ家族があんなに他人行儀なのか?とか)消化不良なところがある感じ。

 台北からそれほど離れていないらしいのに、しかも観光地らしいのにあんなに隔離されたような昔ながらの生活が可能なのか?とかもちょっと疑問。

台湾は台北でさえ時間の流れが穏やかで居心地がいいのに、田舎があんな感じだったら何もせずにぼーっとすごしたいなぁ。
爺ちゃんと婆ちゃんのエピソードとか、しみじみいいなぁと思えるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ILO ILO」(ILO ILO・爸媽不在家) TOKYO FILMeX

201311262059000

 個人的なイメージだけど、FILMeXといえば杜琪峯。
今年は(も?)監督作もプロデュース作もなし。それだけではないけれど、今年のFILMeXは2本だけ。
で、そのたった2本観た中の1本が観客賞。
観客賞受賞作鑑賞率は抜群に高いな。FILMexに行く平均的な観客だってことかな。

 監督の陳哲藝はこれが監督デビュー。
個人的にはAnthony Chenというと陳友なんだけどw
FILMeXの前週に行われた台湾金馬奬で最佳劇情片・最佳新導演・最佳女配角・最佳原著劇本の4部門を受賞。
FILMeXでも当初1回のみ上映予定だったのが、急遽次の日の朝一番に追加上映が決まったほどの人気だった模様。

 で、映画の中身。
シンガポール映画はイメージが「歌えパパイヤ」なんですけど、なんと媽媽役の女優さんはパパイヤの片割れだそうなsign03
びっくりですよ、さすが女優さんだわ。
子役、というか子供は監督の話によるとシンガの小学校で8000人の中から2000に絞り、その中から400人(だったかな?)を選抜してワークショップを開き最終的に決めた素人だそうな。

 シンガと香港っていろんなところが似てると思うんだけど、両親が働いてて家事や子供はメイド任せなところもそのひとつだよね。
メイドはフィリピン人だってところも。
劇中ではアジア経済危機直後の97年ころが舞台になってるので、現在のシンガとはちょっと違ってるみたい。
だから、ちょっと前のシンガの一般家庭の日常が垣間見える映画。
終了後のQ&Aでシンガのメディアらしい人から「私はなぜなのかわからないけど、淡々と日常を描いているだけの映画がなぜこんなに受けるのか?」と聞かれて監督も「なぜなのかわからない」と答えていたのがおかしかったw
中の人から見たら当たり前のことでも、外から見ると面白いことはたくさんあるよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »