« 「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」(寒戰) シネマート新宿 | トップページ | 「ILO ILO」(ILO ILO・爸媽不在家) TOKYO FILMeX »

2013年11月25日 (月)

田中啓文「シャーロック・ホームズたちの冒険」 読了。

連作集なのかと思ってたら、そうではなくてミステリー系の短編(中篇?)集。
ゆるやかに同じようなテイストの作品群。
東京創元社のサイトで署名入りをget。

「『スマトラの大ねずみ』事件」
ホームズのパスティーシュ。
これのみホームズとワトソンが登場する。
ホームズものの1篇のように書かれているがトリックが田中さんらしい(と言うか田中啓文しかこんなことは思いつかないわsign01←もちろん褒め言葉です。)

「忠臣蔵の密室」
ディクススン・カーに捧げるアンソロジーのために書いたそうだ。
田中さんと忠臣蔵と言えば「チュウは忠臣蔵のチュウ」や「元禄百妖箱」があったなぁ、と思っていたらこちらが先なんだそうだ。
作中の「閉じたる(略」とエピローグに爆笑。

「名探偵ヒトラー」
虚実取り混ぜて、歴史上の人物のある面を描いたものを読むと言うのはフィクションならではの楽しみ。
ありそうなエピソードで、けれど田中さんならではのネタ仕込みもあり。

「八雲がきた理由」
八雲の著作の内容などを散りばめながら、八雲がなぜ日本に来たのかの理由を描く。
ちょっとオカルトめいて(著作「怪談」はオカルトめいたものもあるし)、ほんとうにありそうな。
この中篇もエピローグで大爆笑。

「mとd」
ルパン対ホームズの1篇にありそうな話。
ルパンとルブランの件はありそうな気がしてきたわ。
ま、トリックってか肝心のタネが田中さんならでは、なので。
ホームズ風ミステリーに田中さんのネタが登場した辺りがシュールw

|

« 「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」(寒戰) シネマート新宿 | トップページ | 「ILO ILO」(ILO ILO・爸媽不在家) TOKYO FILMeX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/54043726

この記事へのトラックバック一覧です: 田中啓文「シャーロック・ホームズたちの冒険」 読了。:

« 「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」(寒戰) シネマート新宿 | トップページ | 「ILO ILO」(ILO ILO・爸媽不在家) TOKYO FILMeX »