« 「イップ・マン 最終章」(葉問 終極一戰) 新宿武蔵野館 | トップページ | 「夢の向こう側 –ROAD LESS TRAVELED-」(樂之路) 横浜中華街映画祭 »

2013年10月 4日 (金)

「日本舞踊とオーケストラ-新たなる伝統へ向けて-」 東京文化会館

Nihonbuyou

 歌舞伎関連の情報をたどって行って見つけたイベント。
最初に見つけたのは去年のほうで、こちらでは「野村萬斎のボレロ」というなんとも興味深げなタイトルがあったんですが、気が付くのが遅かったよ。
東京文化会館では一昨年に笑也さんの踊る「オリエンタル・クラシック」という演目を観たけれど、独自の企画がなかなか面白そうなので気をつけてチェックしておかなくては。と言いながらまた忘れるんだろうけど。

 さて、今回の演目。
4作中、2作(1と4)が去年の再演。

1. 「ペトルーシュカ」
  曲はストラヴィンスキーのペトルーシュカ。
  去年と同じなのかどうかはわかりませんが、ペトルーシュカが若旦那・ムーア人が奴・バレリーナが村娘花ちゃんって感じの衣装。美術が金子國義さんなので衣装もそうなのかしら? 人形遣いの方、お引きずりの黒い振袖でものすごい存在感。私の感覚では上演時間がちょっと長かったかも。

2. 「展覧会の絵(清姫)」
  曲はムソルグスキーの展覧会の絵。
  なのに道成寺。冒頭は能衣装の清姫。で、次は内掛け姿の清姫。入れ替わりで出てくるのは「展覧会の絵」の形式に合わせてるらしい。後半本性を現した清姫は片袖が白と銀のうろこ模様で真っ白の振袖に金の帯が綺麗。一人だけ赤に金のうろこ模様なのは本体だから?

3. プレリュード(沈める寺)
  曲はドビュッシー プレリュードに亜麻色の髪の乙女など。
  美術が千住博でプログラム表紙↑の絵を上手下手6枚のスクリーンに投影して森を作っている。
透けたスクリーン越しに舞う玉三郎が幻想的。旅人と精霊の話らしくストーリーは単純。

4. 「ボレロ」
  去年の再演ながら、これまた去年と同じかどうかは不明。
ボレロといえばベジャールのバレエが有名すぎてあのイメージが浮かんできてしまうけど、今回は40人の群舞。
しかも黒紋付に仙台平の素舞で幕が上がったときに正座で付している40人に圧巻された。ちょっと会場の空気が揺れて声が出るヒトもいたほど。
これは再演されるのも納得の出来。
贅沢を言えば、もうちょっと「一糸乱れぬ」そろい方が出来たら完璧だったな。

 会場には日舞関係者も多かったようで、そこここでご挨拶やら先生がどうとかという会話が。
紋の付いた訪問着で袋帯という正装の方も少なからず。
私ゃ夕方から雨が降りそうとか言われたので大島で行っちゃったよ。
あ、市川右近さんも近くにいらっしゃいましたわ。

|

« 「イップ・マン 最終章」(葉問 終極一戰) 新宿武蔵野館 | トップページ | 「夢の向こう側 –ROAD LESS TRAVELED-」(樂之路) 横浜中華街映画祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/53487895

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本舞踊とオーケストラ-新たなる伝統へ向けて-」 東京文化会館:

« 「イップ・マン 最終章」(葉問 終極一戰) 新宿武蔵野館 | トップページ | 「夢の向こう側 –ROAD LESS TRAVELED-」(樂之路) 横浜中華街映画祭 »