« 秋生哥、生日快樂! | トップページ | 「宇宙人王さんとの遭遇」 WOWOW »

2013年9月 4日 (水)

「スト★クラ ~Street Classical Jam~ vol.2 東京公演」 渋谷O-EAST

St_cla

一昨年行われた「スト★クラ」のVol.2
去年はなかったので、ちょっと残念に思ってたんですが一年置いての2回目。

今回はスギテツ・SIBERIAN NEWSPAPER・NAOTO(前回はゲスト扱いでしたが、今回はレギュラー扱い)のほかに東京公演のみStyle-3!
そして10日ほど前に告知された"シブヤ・アマールカ・プロジェクト"とのコラボとかでMCが南波志帆というヒト。
これがまぁ、酷かったsign01 天然とか不思議ちゃんといえば聞こえはいいけど単なる莫迦。一応歌手らしいのですが(今回はMCのみ)、話の内容から音楽的知識がほとんどないとしか思えないsign03
わざとらしいアニメ声で、途中「アマールカ」というチェコのアニメを1本流したんですが、一人ですべてをあてる形式なので彼女が全部しゃべってるんですが、これがすべて棒読み。
これを15本(1本は数分…10分以内だと思う)まとめて観るのは無理だわ…。あ、彼女が言っていたんでよくわからないんですが、ユーロスペースで上映してるんだそうです、まとめて。

さて気を取り直して。
セットリストをわかる限り。

Vn 四重奏(Vn. 岡田鉄平・NAOTO・高嶋英輔・土屋雄作)
1. トロイメライ シューマン(…なぜかMCはシャーマンと発音。呪術師かよsign01と心の中で突っ込み)
2. 4つのヴァイオリンのための協奏曲 テレマン

Style-3!(今回はwithドラム)
1. SWAN (チャイコフスキー 「白鳥の湖」をモチーフ)
2. Samurai
3. 初花と木漏れ日
4. 自転車ライダ~
5. トレジャーハンター
6. 花雷

最初のチャイコフスキーアレンジ以外はオリジナル(らしい)
軽めのポップロックっぽい感じ。演奏しながらぴょんぴょん飛ぶわジャンプするわ。
コントラバスの長澤さん、いい味出してますわー。
Vnの高嶋さん、オープニングの四重奏ではむちゃむちゃ緊張した顔してましたけど、さすがに自分のユニットだとリラックスしてましたねー。

SIBERIAN NEWSPAPER
1. 柵から逃げ出し亡命する軍馬のはなし
2. PERPETUUM MOBILE
3. Crossing the Tundra
4. Hide And Seek
5. Kimi ga Hoshii

1.2.5はもしかしたら勘違いがあるかも。
今日の阿守さんはちょっと静かだったような気がする。MCにあてられたんだろうかsweat01
SIBERIAN NEWSPAPERとしては久しぶりなライブだそうで(つっちーと真鍋さんはサウンドシアターとかあったしね)演奏中にみんなが笑顔で、音楽が好きだってのが伝わってくる気持ちのいいライブでしたわ。

SUGITETSU
今夜はスギテツカルテットで演奏(Drs. 大島さん EB. 西村さん E Gt. 真鍋さん)Gtの種田さんがお休みで代わりにSIBERIAN NEWSPAPERの真鍋さん。杉浦さんから今夜一番働いてるとのお言葉ありw

1. ラデツキーマーチ(Popアレンジ)
2. ブルースユーモレスク
3. 子犬のワルツ(ラグタイムアレンジ 例によって犬の鳴き声付き。今夜はGt.とVn.で犬の喧嘩Vn.負けて逃げる、あり)
4. ネイビー・ボッサ(軍艦マーチボサノヴァアレンジ)
土屋さん参加。
5. バタフライ(ケルティック Vn. Vn. Gt.)
6. 横断歩道舞曲(ひばり)
ひばりはお約束のVn.の鳥の声、踏み切り、パトカー、救急車などあり。工事現場ライトでのDrs.とVn.演奏もあり。大島さんちゃんと工事現場ヘルメットも持参sign01完璧ですsign03

NAOTO(Drs. 大島さん EB. 西村さん E Gt. 真鍋さん)
Brand new days with 土屋雄作
Bach 147 (バッハ カンタータ147番アレンジ)
a beat spring (ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第5番ヘ長調Op.24「春」アレンジ)
Fantasista with 岡田鉄平

アンコール
NAOTOさんの曲らしいんですが曲名不明。
エンディングもヴァイオリン4挺揃って迫力満点でしたsign03

sign03
感動のエンディングのすぐ後にMC登場で空気読めない発言してぶち壊しsign03
つなぎのトーク中に鉄平ちゃんもNAOTOさんも相当怒ってて、我慢してるのがよくわかるくらいなのにここでもやらかして、NAOTOさん大苦笑。冷たい反応にもめげずに(まさか気が付いてないってことはあるまい)話通したってのはある意味すごいけどねwobbly

|

« 秋生哥、生日快樂! | トップページ | 「宇宙人王さんとの遭遇」 WOWOW »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/53137742

この記事へのトラックバック一覧です: 「スト★クラ ~Street Classical Jam~ vol.2 東京公演」 渋谷O-EAST:

« 秋生哥、生日快樂! | トップページ | 「宇宙人王さんとの遭遇」 WOWOW »