« 坂木司リクエスト!「和菓子のアンソロジー」 読了。 | トップページ | Cine Malaysia「影のない世界」 オーディトリウム渋谷 »

2013年5月15日 (水)

畠中恵「つくもがみ、遊ぼうよ」 読了。

若旦那シリーズのスピンアウト作品(?)「つくもがみ貸します」の続編。
前作では直接やり取りせずに、出雲屋の2人はこっそり聞き耳をたてて付喪神の話を聞いていたけれど、今回は出雲屋の子供達が直接付喪神と話をする形式に。
若旦那シリーズでも大人と付喪神はあまり交流がないので、基本的に子供と交流するものなのかしら。
ま、妖怪とか妖精とかはほとんど子供と絡んでるからお約束なのかも。

若旦那のようなお大尽ではなく、街中のちょっと余裕のある店の子供達の生活が垣間見れてほのぼのします。ここに出てくる付喪神もあまり剣呑なのは居ないし。若旦那のようなあやかしが居ないのも長閑な理由のひとつでしょうね。

この間のアンソロジーで初めて畠中恵の現代物を読んだんですが、やっぱり畠中恵は時代物が安心できるわ。

|

« 坂木司リクエスト!「和菓子のアンソロジー」 読了。 | トップページ | Cine Malaysia「影のない世界」 オーディトリウム渋谷 »

コメント

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

投稿: 藍色 | 2014年5月13日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/51632585

この記事へのトラックバック一覧です: 畠中恵「つくもがみ、遊ぼうよ」 読了。:

« 坂木司リクエスト!「和菓子のアンソロジー」 読了。 | トップページ | Cine Malaysia「影のない世界」 オーディトリウム渋谷 »