« Cine Malaysia「影のない世界」 オーディトリウム渋谷 | トップページ | 山田正紀「復活するはわれにあり」 読了。 »

2013年5月31日 (金)

「李小龍 マイブラザー」 試写会 スペースFS汐留

3e801c63a34557010290a7607c7fa0b3

 前日からいろいろあって、試写会は行けなくなる法則が出来つつあるのかと心配したけど、なんとか昼までに片付いて無事参加。

 「李小龍」は2010年の秋に香港で公開されてる映画なので、ちょっと旧聞に属する感じ。
一時期香港公開と同時か次の年くらいには公開されたりするようになって来てたんだけど、ずるずると間隔が開くようになってる。ま、昨日の試写会も(一応)功夫映画のカテゴリーなんだろうに、おばちゃんが目立ってたもんな、私を含めw 「一代宗師」のジャパンプレミアでとにさん来日の影に隠れてしまったのは…関係あるのかね。

で、「李小龍」。
実弟のロバート氏原作・製作。視点が「弟の目から見た李小龍」である所為か、とにかくカッコよくてヒーローな李小龍であります。パパ役の梁家輝さんもママ役の鍾麗緹もいい人。
李小龍役の李治廷はエンドロールの英語表記が「Aarif Rahman」なのでどこの血が入った人なのかと思ったらマレーシアの血筋らしい。劇中に出てくるキングジョージ5世学校は彼の母校でもあるのね。

 ま、その辺の製作者が意図した点はともかく(?)、個人的に気になったのは李家のインテリア。
レトロな(ってその頃は”今”だけど)模様ガラスの入った凝ったはめ込みのドアや間仕切りなど。いいなーあんなのが欲しい!

そして映画的にはちょこっとだけ出てくる映画人のエピソード&演じる人が凄い!
小龍のおばあちゃんは李香琴だし、曹達華は張兆輝だし、その妻は余安安だし、その娘で小龍が失恋する相手が謝婷婷だし。ちなみに謝婷婷には「謝賢に声掛けられる」(意訳)みたいな内輪ネタな科白ありw
張達明は登場したときにどきっとしてしまった。余りに元気そうで。考えたら病気前なので当たり前だったんだけどね。普段から充分細いと思ってたけど、病後のあの姿を見た後では充分ふっくらして見えたよ。

これまたお久しぶりな萬梓良とか、やたら出てくる鄭丹瑞とか、黄一山とか。
動作導演でもある錢嘉樂ちゃんが石堅とか。
奐仁さんはこれが映画初出演だったのかな、たしか。これで電影金像奬最佳新演員獲ってたから。
にしても奐仁さん、この歳でティーンズ役とは恐ろしいw 全然違和感ないしw
今回のフライヤーやウェブで、かれの表記がハンジン・タンになってるんだけどなぜなんだろう? 陳奐仁なのに。

今回は原作・製作のロバート・リー(李振輝)氏と熱烈ブルース・リーファンのしょこたんが登壇。
遠目だとちょっと狄龍を膨らませたようなダンディな方でしたわ。
試写状に「イベントあり」って書いてあるとどんな寒いイベントが行われるのかいつも心配なんですけど、今回はまぁまともだったかな。後半は見なかったことにしておきます。

|

« Cine Malaysia「影のない世界」 オーディトリウム渋谷 | トップページ | 山田正紀「復活するはわれにあり」 読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/51850524

この記事へのトラックバック一覧です: 「李小龍 マイブラザー」 試写会 スペースFS汐留:

« Cine Malaysia「影のない世界」 オーディトリウム渋谷 | トップページ | 山田正紀「復活するはわれにあり」 読了。 »