« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月26日 (金)

倉阪鬼一郎「黒い楕円」 読了。

【送料無料】黒い楕円 [ 倉阪鬼一郎 ]

【送料無料】黒い楕円 [ 倉阪鬼一郎 ]
価格:660円(税込、送料込)

 「美術調律者・影」シリーズ2作目。
去年の出版直後に買っては居たんだけど、なかなか読めずに3作目が出たのでこちらを先に読まねば、と読み始めてちょっと時間が掛かって読了。
 読むのに時間が掛かったのは、毎年恒例行事で物理的に時間が取れなかったのもあるし、精神的に消耗するので読めなかったのもあるし。
某作家が暴力的なシーンや心理的にきついシーンは書いているほうも体力を消耗すると書いていたのだけど、私としてはスプラッタを読むのも体力を消耗するわ。
特にまだシリーズ半ばなので終わりにカタルシスが少ないからね、なおさら。

 1作目で描かれていた音楽プロデューサーの位置にいるのは今回は空間デザイナー。
黒形上赤四郎の崇拝者としていろいろ仕掛ける役どころですね。

 倉阪鬼一郎氏のサイトで日記を読むと何作か並行して書き進めていくタイプらしいのですが、精神的にきついものを書いた後に時代物(こちらはほのぼの系だし)を書いてバランスを取っているんでしょうかね。
私も次に読むのは心理的にずっしり来ないタイプのものにしようかと思いますわ。
続けて3作目を読むと、ちょっと精神的にきつくなりそうだしsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

栗本薫/天狼プロダクション「グイン・サーガ・ワールド7」 読了。

「パロの暗黒」 五代ゆう
「サイロンの挽歌」 宵野ゆめ
グイン・サーガ正編2作。
グインの世界のお話、と言うスタンスでもうすっかり(私としては)違和感なく読めております。
唯一違うのは、栗本グインはもう少し枝葉が多かったかな、と思うところくらい。
この点は多すぎると言う声もあったので、すっきり読めるという点では問題ないのかな。ま、私はもう少し広げてくれても良いかな、と思うんですが。
あとグインが今までよりちょっとだけ積極的な性格になってるような気がする。

「魔王子の召喚」 牧野修
トリビュート作品。
牧野さんは第1期の「リアード武侠傳奇・伝」でグインだけどグインじゃない独特の世界を見せてくれましたが、今回のこの作品も賛否両論だろうなぁ、と思わせる独特の世界観。
私は好きですね、この世界観。ヒロイック・ファンタジーの世界からずっとSF寄りの世界になってるけど、これはこれでありだよな。

「いちばん不幸で、そしていちばん幸福な少女」 今岡清
今回一番ずしっときたのがこれ。
摂食障害についてはもう既にいろいろ語られているんですが、心理面を改めて読むといろいろ思い出されます。梓さまと会食をしたときのことですが、あのフレンチのお皿の真ん中に可愛らしく盛られたアミューズやアントルメを彼女は「おなかいっぱいで食べきれないから。」と残すのです。で、「私余り食べないから。」と仰る。少女期の体験を読むと、自分の力では抗いきれない精神的軋轢の怖さ・辛さが伝わってきます。
いい意味で鈍感な、普通の感性であれば、あまり影響を受けずに済んだのかも知れませんが、繊細な感受性の強い個性がこのような体験をしたことで摂食障害になったと考えるとこれもある種の不幸な出来事だったんですね。

「スペードの女王」
伊集院大介シリーズ。

このプロジェクトの第1期連載の作品はそれぞれがグイン・サーガ外伝として出版されました。
今回の連載と伊集院大介シリーズもそれぞれ出版されるでしょう。
纏めて読みたいので、単行本になるまで待てばいいんですが、でもやっぱり次回も買っちゃうんだろうな。
そして、勿論伊集院大介シリーズは単行本も買うんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

「スギテツ with Friends SPECIAL TOUR vol.2 東京公演」 渋谷7th floor

201304052040001

 去年初めて組んだSIBERIAN NEWSPAPERのVn.土屋さんことつっちーとGt.真鍋さんとのカルテットが今年も開催されましたsign01
 スギテツ with Friendsと言う名称も暫定的だったのできちんと名前付けなきゃね、との話もあったのですが、これまたネタで言っていた「スギリアン テッペッパー」をつっちーがお気に入りで、今回はそのまま「スギリアン テッペッパー」になりそうな感じw

 今回のツアーは今夜が東京、明日が名古屋、明後日が大阪の3ヶ所。note
ネタバレだけど、真鍋さんがもの凄いイメチェンしたとか鉄平ちゃん&つっちーの掛け合いが相変わらずすごかったとか。明日も明後日もいろいろ起きることでしょう、きっとw

1. Invention JS Bach
2. Concerto d-moll for two violins and strings, BWV 1043 J.S.Bach
メドレーで。
3. Butterfly Irish
4. The Ashoken Farewell Irish
アイリッシュ音楽から2曲。
5. Serbian Rumba
6. 赤いスカーフの行方 Vn. 土屋雄作・Gt. 真鍋貴之
7. クオリア Pf. 杉浦哲郎・Gt. 真鍋貴之
SIBERIAN NEWSPAPERの曲から2曲。
8. かぎろひ
9. (まいごのまいごの子猫ちゃんの親が捜せなくてリストラされてしまった)犬のおまわりさんの運命 カルテットヴァージョン
あのおまわりさんがツインで登場sign02
↑画像の左がいつもの鉄平ちゃんのおまわりさん、左がつっちー使用のダルメシアン。右にちょっとだけ見えるのが真鍋さん使用の虎。但し真鍋さんは弦を弾くほうの右手につけてましたsign01あれsign02
10. 序曲「暴れん坊将軍」(暴れん坊ウィリアム・テル) カルテットヴァージョン
ここで擬音コーナー。つっちーいじられまくりw
11. アルバトロス カルテットヴァージョン
12. Crossing the Tundra SIBERIAN NEWSPAPER
13. Nutrocker Emerson, Lake & Palmer
ELPがチャイコフスキーのくるみ割り人形(The Nutcracker)をロックヴァージョンにアレンジした曲。
それぞれのソロでつっちーロックシンガーモドキの膝滑りからのえびぞり、鉄平ちゃんブリッジありw
もちろん杉浦さんのソロも真鍋さんのソロもカッコよしsign03

アンコール
14. だったん人の踊り

今回はVn.2人の指使いや表情が良く見える席だったので、めまぐるしく変わるつっちーの表情やふんわり優しい鉄平ちゃんの表情や指が良く見えてもう幸せheart04
とりあえず、怒涛の鉄平週間はこれで終り。
後は月末だな←をい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

坂木司「和菓子のアン」 読了。

【送料無料】和菓子のアン [ 坂木司 ]

【送料無料】和菓子のアン [ 坂木司 ]
価格:700円(税込、送料込)

 出先で時間が余った→本屋に入る→時間の潰せる適度に軽い本を探す→書架で名前を聞いた本がある→買ってスタバで時間つぶし。の流れで読んだ本。
なので大変申し訳ないけど作者のことも知らず。表紙もさっと見た程度なので、イマここで書くまで作者を「坂木」ではなくて「坂本」だと思ってたくらいsweat01

 と大変申し訳ない状況で読み始めて、その上「和菓子のアン」って随分と安直な命名、なんて思いながら読んでいたわけですが。
和菓子トリビアがちりばめられ、ミステリーと言っても人は死なず傷つかず、キャラがすごい人ばかりだけど強引な感じはない。と時間つぶしに細切れに読むには最適な重さの本でしたわ。あ、もちろん褒め言葉ね。

 ただワタクシ田舎舌なもんですから、極限まで晒してアクを全て抜いて造った口に入れるとすーっと溶けてしまうような上品な餡子はちょっと物足りないんですわ。
エピソードの一つ一つはいいんですけどね、「韓流ドラマのような」とか数年先には意味がわからなくなるような形容詞を使うのもちょっとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

「Qi Michelan 音楽を間近に楽しむサロン・コンサート ~音楽のおもちゃ箱~」 渋谷l' atelier by ABC

 そして3回目は19:00から。
こちらは通常の大人向け(?) コスプレ?との噂どおり、白衣に聴診器のてっぺい先生ヴァージョンで登場。みゆきさんはナース服、詩織さんはセーラー服(しかも調達先はハンズのパーティグッズ?な感じのコスプレ用)。

1. 夕顔のブルース
2. Zipangu
3. 上弦の月
4. 朗読「おつきさまこんばんわ」 映像紙芝居 朗読田中詩織・Pf.「月の光」 佐藤みゆき
5. 遥かなる緑の地へ  アイルランドの映像付き
6. ねこのねこ  ねこの映像付き
7. 象さんの珠乗り  サーカスの映像付き
8. NY 32番街 ウィルソン探偵事務所  NYのイメージ映像付き
9. 煙
10. カレー食べたい
11. 晩秋  Pf. 佐藤みゆき Va. 田中詩織 ピアニカ 岡田鉄平
ピアニカの音色がアコーディオンっぽいのでタンゴのこの曲に合わせてピアニカを選択したそうです。確かに意外にも合ってました。
以上第1部は朗読を除き全てQi Michelanオリジナル曲。

10分休憩。

第2部は詩織さんナース服にお着替え(但しこれもハンズ調達?って感じの)・みゆきさんは+カーディガンにメガネで婦長コスだそうですw

12. ぽっぴぽー 初音ミク
13. 千本桜 初音ミク
14. さやかのテーマ 魔法少女まどか☆マギカ
15. 手遊び歌:でんでらりゅーば
   昼の部の手遊び歌を再度。
16. アプリで遊ぼう ラデツキー行進曲
   iPhoneの鍵盤アプリ&打楽器で全員参加。
17. 擬音コーナー 毎度おなじみw
18. オブリビオン  ピアソラ Pf. 佐藤みゆき Va. 田中詩織 ピアニカ 岡田鉄平
19. ワインで乾杯 Qi Michelan

アンコール
20. ハンガリー舞曲 第6番 ニ長調  ブラームス
  いつもの第5番ではなくて、余り聞く機会のない第6番。本来は昨日の松涛サロンで弾く予定だったのが忘れたのでw本日のサンコールに。

本日はご機嫌も麗しく、昨日のようにテンション低目と言うこともなく、リラックスして大変いい雰囲気のコンサートでございました。…コスプレの所為、ではないと思うけどw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Qi Michelan 音楽を間近に楽しむサロン・コンサート ~親子で楽しむコンサート~」 渋谷l' atelier by ABC

 と言うわけで、鉄平ちゃん上京中の固め打ち状態のコンサート。
本日はなんと3回公演。一度目は1:00P:Mなのでパスw
こちらは2度目の3:00P:Mのコンサート。子供対象なので時間は1時間ね。

対象が「親子」なのでみゆきさんの関係と思しきお子さん連れ多し。しかもほとんどが1歳半~2歳前後くらいのお子さん。
音に合わせて身体を動かしたり、厭きてうろついたりw
ま、それでもOKのコンサートなので、それはそれで面白かった、と言うことで。
なにしろ演奏中のVn.やVa.の近くで見上げたりって状況はまず体験できないであろうから。思わず噴出した鉄平ちゃんも可愛かったしheart04

1. アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト短調K.525 第1楽章より  モーツァルト
 1楽章のさらに短縮ヴァージョン。
2. 楽器紹介。Vn.とVa. Pf.の特徴紹介など。
3. チャルダッシュ  モンティ  Vn. Pf.
4. 手遊び歌 でんでらりゅーば
5. 3分間海外旅行(アイルランド民謡:アイリッシュメドレー) 映像付き
6. 擬音コーナー クイズ形式でパトカー・救急車・踏み切り・コンビニ・ファクシミリなど
7. ねこのねこ  Qi Michelan 映像付き
8. 象さんの珠乗り  Qi Michelan 映像付き
9. 童謡メドレー 春の小川・めだかの学校・さくらさくら  一緒に歌いましょうのコーナー
10. 手遊び歌 いとまきのうた
11. ラデツキー行進曲  ヨハン・シュトラウス 手拍子と楽器で参加
12. さんぽ  久石讓

なごやかと言うかみんなリラックスしたコンサートでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

「Qi Michelan 音楽を間近に楽しむサロン・コンサート ~名曲コンサート~」 松涛サロン

 今回はPf.佐藤みゆき・Vn.岡田鉄平・Va.田中詩織のトリオ編成。
聴いたことのある有名なモチーフをその楽章だけ演奏する「美味しいとこ取り」コンサート。
昨日名古屋でイベント2ステージ終了後東京に向かった鉄平ちゃんは、午前中これと明日のリハ。そして夜本番とお疲れモード。(しかも終演後すぐにいなくなったと思ったら金曜日からのツアーのリハだそうだ。ますますお疲れ様です。)

1. アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調 K.525 第1楽章 モーツァルト Pf. Vn. Va.
2. ヴァイオリン・ソナタ 第5番ヘ長調 Op.24「春」 第1楽章 ヴェートーヴェン Pf. Vn. Va.
3. 「動物の謝肉祭」より 白鳥 サン=サーンス Pf. Va.
4. 前奏曲 嬰ハ短調Op.32「鐘」 ラフマニノフ Pf.
5. 「ベルガマスク組曲」より 月の光 ドビュッシー Pf. Vn.
6. ヴォカリーズ ラフマニノフ Pf. Vn. Va.
7. ヴァイオリン・ソナタ 第9番 イ長調Op.47 「クロイツェル」第1楽章 ヴェートーヴェン Pf. Vn.

休憩10分

8. 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より 間奏曲 マスカーニ Pf. Vn. Va.
9. 愛の悲しみ クライスラー Pf. Vn.
10. 愛の喜び クライスラー Pf. Vn.
11. ツィゴイネルワイゼン サラサーテ Pf. Vn.
12. アルビノーニのアダージョ ト短調 ジャゾット Pf. Vn. Va.
13. 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043 J.S.バッハ
14. パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43 第18変奏 ラフマニノフ Pf. Vn. Va.

アンコール
15. ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス Pf. Vn. Va.

どれもみな、聞き覚えのあるモチーフばかり。
Mcでも「2時間ドラマに流れてそうでしょ?」とかw
「月の光」のPf.Vn.ヴァージョンは一昨年(だったっけ?)のお月見コンサートで聴いて以来。
この曲って意外に弦楽器が似合うのよね。note
「白鳥」はチェロでなくビオラで。これもなかなかいい感じです。
ドッペルコンチェルトはオリジナルのリズムで。このところ鉄平&つっちーのjazzアレンジを聴きなれていたので新鮮。しかもヴァイオリン&ヴィオラだし。
「ツィゴイネルワイゼン」はアレンジバリバリ入ってました。むちゃむちゃ装飾音ましましheart04

鉄平ちゃん上京時に固めてコンサートを開催するQi Michelan 明日はなんと3ステージですsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

「MISS YOU MUCHE LESLIE 継續寵愛十年演唱會」 ライブビューイング TOHOシネマズ六本木ヒルズ

554499_10200800557446584_188638589_

元々は中華系のBlogだったはずなんだけど、このところ鉄平関連に時間を取られてw 本家は久しぶり。

香港で張國榮の命日前後に毎年行われている記念演唱會。なんと今年はライブビューイングで生中継が綺麗な画質で見られるsign01
と言うことで私は六本木ヒルズのスクリーンへ行きました。
都内では渋谷と新宿でも上映されてたみたい。横浜や川崎に行くより六本木か渋谷のほうが早いからね、私の場合。

張國榮の曲は古いものはともかく、曲は知ってても曲名がわからないのがあるし、と諦めていたら早速Run Downが出てました。素晴らしいsign01

文字化けしないようにjpgであげてくれていたので、そのまま流用させていただきます。
ありがとうございます。
ポップアップするとオリジナルの大きさになります。

625413_10152259293476988_1357252957

久しぶりにモニター越しとはいえ香港の演唱會を観たのですが、やっぱり楽しいわぁ。
ま、今回はいろいろ泣かせるところもあったんだけどね、テーマがテーマだけに。
そして例によって香港のイベントらしくいろいろ突っ込みどころも満載。
噂で盛り上げるだけ盛り上げた梁朝偉さんは出演はしたものの歌わなかった、とか。
張敬軒は女装すると可愛い、化粧栄えのする顔立ちだよな、にしてもあれだけメイクしてコスプレして1曲かいっ、とか。
草[虫孟]はどこでなにをしてもやっぱり草[虫孟]だよなぁ、ってかバッタ弟やたら脱ぎすぎっ、とか。
張智霖は嫁の出世作の曲を、それも2曲も歌って、とか。
黄耀明、久しぶりに観たら一体どうしちゃったのsign02、とか。
太極、みんなおっさんになったなぁ、でも巧いわ、とか。
古巨基相変わらずかわいいなぁ、でもそのヘアスタイルはっ、とか。
止めが學友のスタイルsweat01
このところ仕事してないから、もの凄く声の調子は良くてすごい伸びもあるのにそのファッション。頼むsign01スタイリスト(まともなのね)つけてくれぇ、とか。

にしても、10年って早いよねぇ。
コメントの中で大御所のおばちゃんが「みんなの心の中に張國榮はずっといる。だけど、人は先に進まなくちゃいけない。想いはは胸に、一歩踏み出して。張國榮も見守ってる。」(意訳)と言っていたのが心に残りましたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »