« いきなり 春 | トップページ | 倉阪鬼一郎「若さま包丁人情駒」 読了。 »

2013年3月11日 (月)

「OTTAVA foresta スギテツ公開放送」 YOTSUBAKO CLASIX studio

13_03_10_ottava_foresta

昨年の夏に続いて2回目の出演。
司会者が替わったので振り出しに戻る、って感じ?

最初は昭和音楽大学プロデュース演奏会「男のサックス」。
え~っとsweat01 まだ在学中だそうで。
良くも悪くも「学祭ノリ」 演奏はともかく内輪受けはきつかったわ。

後半はスギテツ。

1. 汽笛の軌跡
2. アイネクライネ秋葉原
3. アルルのドラえもん
4. 擬音コーナー
5. 暴れん坊ウィリアムテル
6. 扁桃腺上のアリア
7. 序曲いい日旅立ち
8. 鉄道擬音コーナー
9. リベルタンゴ    

アンコール(放送終了後)
1. モーツァルトの子守唄

今回PAがいろいろ問題で。
まず冒頭の「汽笛の軌跡」
演奏者のモニタースピーカーが聴こえない。
演奏中に杉浦さんが指示するも駄目。
その後もピアノとヴァイオリンのバランスが悪い。
スタジオで初めて聴いた人は鉄平ちゃんのヴァイオリンがあまりいい楽器じゃないように聴こえたかも。
ニコ動の「フランドールS」で披露してたスタッカートの技法とかいろいろ挿んでやたらテクニカルな演奏してるのに。

今回もこちらのサイトからアクセスすると今週いっぱいは放送が聴けます。
http://blog.ottava.jp/ottava_foresta/
イマ書きながらチェックしてますが、放送はバランスが取れてるようでそれほどひどく聴こえてなかったようで、ちょっと安心。

13/03/12 追記。
ポッドキャストを全部チェックしました。
冒頭の「汽笛の軌跡」から2曲目の直前まで全てカットされていましたね。
あれじゃ「アイネ・クライネ・秋葉原」の説明がなくてわかりにくいわ。
あと途中の日本一の物まねヴァイオリストのダイソーとかしまむらもカットw

|

« いきなり 春 | トップページ | 倉阪鬼一郎「若さま包丁人情駒」 読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/50697553

この記事へのトラックバック一覧です: 「OTTAVA foresta スギテツ公開放送」 YOTSUBAKO CLASIX studio:

« いきなり 春 | トップページ | 倉阪鬼一郎「若さま包丁人情駒」 読了。 »