« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

馳星周「美ら海、血の海」 読了。

【送料無料】美ら海、血の海 [ 馳星周 ]

【送料無料】美ら海、血の海 [ 馳星周 ]
価格:683円(税込、送料込)

バンちゃんこと馳星周の新刊。
「不夜城」以来、彼の作品は。新刊が出ると買ってはいるのだけどなかなか読めていない。
というのも、こっちの体力が無いと読めないから(そんな気がしてるだけかも知れないけど)。
なので、私の彼の作品に対する認識は黒社會もしくはその周辺にいる人物の物語、で停まっている。

今回の舞台は沖縄。
以前、ベースの周りにいるチンピラの話を読んだ記憶があるような気がするけどあれは短編だったな。
今回は沖縄戦がメイン。
ま、相変わらず読後感は良くないです。
ただデビュー当時の救いようのない突き放されたような読後感とはちょっと違ってる気がするのは、こちらの感覚なのか作者のスタンスが変わってきたせいなのか、はまだ掴めてないけど。

全くの余談ですが、某BBSで周星馳の話題が出たときに「周星馳って馳星周となにか関係があるの?」って書かれてたのを見たときには時の流れをシミジミと感じてしまったものでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

田中啓文「鍋奉行犯科帳」 読了。

【送料無料】鍋奉行犯科帳 [ 田中啓文 ]

【送料無料】鍋奉行犯科帳 [ 田中啓文 ]
価格:714円(税込、送料込)

田中啓文の新作。
大阪を舞台にした同心と奉行の話。
捕物帳といえば舞台は江戸がお約束のような感じですが、そこは田中啓文氏なので大阪。
商人の町といわれた大阪にも当然ながら武士はいて、同心・村越勇太郎と町奉行の話。
田中氏の虚実取り混ぜた見事な筆でお奉行・大邊久右衛門ももしかしたらこんな人いたかも、と思えるほど。

にしても。
Twitterとか見てると、この本を読み終わると和菓子が食べたくなる、とみなさん仰っているのですが、読み終わって良くわかった。たしかに食べたくなる!
解説の有栖川有栖氏が文中でまず題名を思いついたんでしょ?と田中氏に聞いているけど、確かにまずこの題名だよなぁ。途中で鍋の話も出てくるし。
舞台は江戸で捕物帳ではあるけど、雰囲気は噺家・竜二の梅寿シリーズのようなミステリーだけど笑える話ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

「最高の人生をあなたと」 WOWOW

原題「Late Bloomers」 製作・フランス/ベルギー/イギリス 製作年2011
HDDに録画したままだったのをやっと観た。

「蜘蛛女のキス」(Kiss of the Spider Woman)でW主演のラウル・ジュリアと共に私のheart01を虜にしたウィリアム・ハートさまが孫もいて老いに抵抗するおっさんの役をするなんてsign01月日の流れはなんと残酷なことか、といろんな想いに囚われながら観てました。 イマ調べたら蜘蛛女は85年sign01の映画だったし、ラウル・ジュリア氏は既に彼岸の(天国の、か)住人ではあるんですが。
それを言えばイザベラ・ロッセリーニも(以下略

3人の子供が巣立ち、孫も生まれ、夫はそれなりに成功している。
ある朝、前日の記憶がないことに不安を覚え自分の老いを自覚していく妻…
自分が老いの時期に入ろうとしているのに、母は未だかくしゃくとしている。

劇中の「生理的年齢」と「自分が基準としている年齢」のギャップ。
あれは多かれ少なかれほぼ全員が持っているものだと思う。
私は20代以降は2年を1年換算くらいで年齢が増えているような気がする←ふと自分を省みて思った。
つまり20代と30代は20代の意識、40代と50代は30代の意識(で過ごすだろうと思われる)。
この換算方法で行くとどんどんギャップが大きくなって60代になって初めて40代の意識になる(だろう)と漠然と思ってるわけだ。実際はどこかで修正が入るのかも知れないけどね。それはそのときになってみないとわからないけど。

劇中でも描かれているけど、男性ってのは生物学的なオスの役目が果たせないと人間としても終わりと思ってるのかねぇ。
このパターンでごくごく当たり前のように描かれているんだけど。人間って社会的な動物だったんじゃなかったけsign02 当然のように生物行動学的原理を描いてて、それを創ってるほうも観てる方も疑問に思わないのかねぇ。

エンディングは日本人だとありえないよなぁ、と思いながら観てたけど、欧米的思考では理想的ハッピーエンドなんだろうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »